人気ブログランキング |
累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
 ※いつも見に来て下さってアリガト キーワード拒否設定しております 悪しからず 
タグ:トヨタ ( 9 ) タグの人気記事
トゥルーリにロータス加入のうわさ
  トヨタのトゥルーリは来年からF1に参戦するロータスF1に移籍することを想像できると認めたと言う。ジョン・ハウエットの発言から考えると、今年でトヨタを離脱する可能性が濃厚なトゥルーリはすでにロータスとの関係が取りざたされている。

トゥルーリは経験豊富なマイク・ガスコインがロータスに携わっている事実が同チームを実行可能な選択肢にするともコメント。

『f1mania.net』に対し、ジョーダン、ルノー、トヨタに言及したトゥルーリは「マイク(ガスコイン)とは3つの異なるチームで一緒に働いたことがある」と話し、こう続けた。

「彼がリードする役目にあるのなら、新チームに行くことに何ら問題はない」


トゥルーリの後は誰になるんだ?
グロックは残るのかな?

それとも撤退?

継続なら、急遽参戦する事になった可夢偉さんとかいう人が座るのかな?
by sportsiroiro | 2009-10-12 23:05 | F1
フェラーリ、トヨタに続いてバーレーンテスト参加が濃厚
  トヨタに続いてフェラーリも、09年シーズンに向けた準備をバーレーンで実施することを考えている模様。

トヨタは今週、12月に6日間のテストをバーレーンGPの舞台であるバーレーン・インターナショナル・サーキットで実施することを明らかにした。

一方、地元紙『Gulf Daily News(ガルフ・デイリー・ニュース)』によれば、フェラーリも砂漠の真ん中に位置するサヒールでテスト作業を行うことを選択したようだ。

同紙が報じたところによると、フェラーリが2月に6日間の予定で行うバーレーンテストに、トヨタも参加することになるという。

同サーキットの代表であるマーティン・ウィテカー氏は「12月にはたくさんのテストが実施されるでしょう。すでにトヨタはその事実を認めていますが、他の多くのチームからも興味を示されています」とコメントし、以下のように続けている。

「他チームがバーレーンでテストを行うかどうかは、彼らの開発プログラムの進行状況によることでしょう」

「トヨタとフェラーリは来年2月にも再びわれわれのサーキットに戻ってきてくれることになりそうです」
by sportsiroiro | 2008-11-10 21:55 | F1
トヨタ、09年はKERS搭載せずにスタート
  トヨタが09年はKERS(運動エネルギー回収システム)を搭載せずにスタートするだろうという報道が流れ、同チームの社長ジョン・ハウエットがそれを認めたと言う。

FOTAの会議で新テクノロジーKERS導入を2010年まで遅らせる提案が否決され、マクラーレンの代表ロン・デニスが来年のメルボルンでは“1チーム”がKERSなしでレースする計画だとメディアに示唆していた。

それに対してハウエットはインテルラゴスで、「第1戦でパフォーマンスが有利になるような安全で信頼性のあるKERSを搭載することはほぼありそうにない」と認めている。

「数戦後もそうだとは言っていないが、いくつか大きな問題がある」

また極秘の会議で明かされたトヨタの計画を、デニスが報道陣に漏らしたことをよく思っていないようだ。

「人々がそれについて言及したことを不快に思う」とハエウット。「あれはれっきとした完全に極秘の会議だった」
by sportsiroiro | 2008-11-04 22:52 | F1
トヨタ、ル・マン参戦とF1撤退を検討?
  トヨタがF1での将来を熟考しているかもしれない明確な兆候が見られている。02年にF1参戦を果たした日本の大手自動車メーカーであるトヨタはF1単一エンジン化の提案におそらく最も激高したメーカーと言えるだろう。

その可能性は弱まったものの、TMG社長を務めるジョン・ハウエットは先ごろ、今回の動きがF1撤退の“理由になる”と認めていた。

そして今回、独の『Auto Motor Und Sport(アウトモートア・ウント・シュポルト)』誌が、トヨタがル・マンスタイルのプロトタイプのスポーツカーレースへの復帰を検討していると報じたのだ。
例えば今年のル・マン24時間耐久レースにはトヨタのユニフォームを着てはいなかったものの、12名以上のトヨタのエンジニアが姿を見せており、カメラ片手に現在参戦するマシンのサイズを測っていたという。

加えて、8月にデトロイトで開催されたアメリカン・ル・マン・シリーズのレースではトヨタ関係者が同シリーズ主催者団体であるACOの代表者と会っていたとの事。

「われわれはル・マンに復帰したいと考えています」と語ったのはトヨタのチーム代表である山科忠氏。

「最終的な判断は予算的なものになります」と明かす山科氏は次のように締めくくっている。

「現在の経済状況下ではF1とル・マンに並行して参戦する可能性は低いでしょう」


あのチームも、このチームもと撤退をと言うニュースが・・・
by sportsiroiro | 2008-10-28 22:33 | F1
トヨタ トゥルーリ、グロックのコンビ続投へ
  トヨタは09年も現行ドライバーラインアップで挑むようだ。

スイスの『Blick(ブリック)』紙は33歳のトゥルーリと今年からトヨタに加入した26歳のグロック共に、11月に行われる今季最終戦ブラジルGP以降もチームにとどまると報じている。

ブリック紙によると04年後半からトヨタのレースドライバーを務めているトゥルーリはすでに来季の契約を交わしており、さらにトヨタはグロックとも契約上のオプションを行使するという。

チームマネジャーを務めるリチャード・クレーガンは「チーム内がこれほどいい雰囲気だったことは今までにない」と語り、「最終的に両ドライバーは同じ方向に進んでいる」と続けた。

一方、ドイツのスポーツ誌『Sport Bild(シュポルト・ビルド)』は2007年GP2チャンピオンのグロックが2010年までにワールドチャンピオンの称号を手にすることを目標にしていると報道。

グロックは目下、トゥルーリがトヨタのペースセッターである事に不満はないと語っている。

「僕には2つの選択肢しかない。それを嘆くか、挑戦と戦いを受け入れるか、だ」
by sportsiroiro | 2008-07-03 22:52 | F1
来季、トヨタでF1デビュー!?
 ウィリアムズのテストドライバーの中嶋一貴だが、ここに来て来季ウィリアムズてだはなくトヨタからF1デビューするのではと報じられているらしいですよん。

これはドイツの『スポーツ・ビルド』誌が報じたもので、それによると、今年で契約が切れるラルフの後任として中嶋一貴を抜擢すると言うもの。

トヨタ首脳は今年『GP2シリーズ』で堅実な成績を収めている中嶋にハミルトン/マクラーレン再来の期待を掛けていると同誌は報じている。

とりわけ中嶋であれば日本のファンにアピールができ、また現在F1でも有数の高額ドライバーであるラルフに代える事により大幅なコスト削減も見込まれる事になる。

同誌はさらにまた、今や中嶋の来季シートのライバルはラルフではなくティモ・グロック(25歳:ドイツ)であるとも伝えている。

グロックは今季GP2のポイント・リーダーで、また先頃BMWザウバーのテストドライバーに起用されたばかり。

また04年にジョーダン・チームから4戦だけ出場した経験を持つ。

はたして、来季からトヨタでレースに出るのかな??
by sportsiroiro | 2007-09-03 18:07 | F1
手放すのはまだ早いのでは
 ドイツの『Bild(ビルド)』紙がトヨタのラルフは07年いっぱいでトヨタを離脱するだろう。07シーズン途中でチームを離れる可能性もあると報道を行った。

同紙は、トヨタの首脳陣が来る北米ラウンド2連戦の後に31歳のラルフの今後についての決定を下すつもりのようだと報じているとの事。

「別のドライバーがラルフに代わってフランスGPに出場する可能性も考えられる」同紙は語る。

ラルフがTMG社長であるジョン・ハウエットの力強い後ろ盾を得ている事は周知の事実だ。
しかし、日本のトヨタ本社は、トヨタと同じ力強いエンジンを搭載しつつ、トヨタよりもはるかに少ない予算でチームを運営しているウィリアムズが、現在コンストラクターズランキングでトヨタよりも2ポイント多く獲得し、より良い成績を出している事に驚きを隠せないようだ。

一方、トヨタのスポークスウーマンであるフェルナンダ・ビラスは同紙の記事に対し否定的な立場をとっている。ラルフとトヨタの話し合いは“進行中”だというのだ。

また、ラルフのマネジャー、ハンス・マールは、「ラルフはシーズンいっぱいまで契約があるよ。トヨタが契約どおりの行動をとってくれることを望んでいる」と語っている。


確かにラルフの成績は良い成績だとは思わない、けど成績不振はラルフだけの問題ではないと思う、トゥルーリの成績からも分かるけど、トヨタのマシンはまだ良い状態ではないと思う。

だからと言ってF1の世界は甘くないと思う。マシンが悪いからといってマシンのせいにしているんじゃなくて何とかするのがドライバーだからね。

でも、トヨタもF1に参戦してまだ7年目位だよね、まだ発展の余地はあると思う。

上を目指したいのは分かるけど、今は我慢の時だと思うしラルフを手放すのは、
早いのではとやんは思います。
by sportsiroiro | 2007-05-31 17:41 | F1
来季の契約は大丈夫?
 トヨタのラルフは今シーズン限りでトヨタを去り、F1からも追われるのではと言う憶測に、本人とマネジャーのハンス・マールが反撃した。

 開幕からヤルノ・トゥルーリのペースについて行く事ができないラルフだが、周囲からは、F1で6勝を挙げ高額のギャラを受け取っている彼に、来季のオプションはほとんどないと受け止められている。

 ラルフは次のように語った。「批判は甘んじて受け止めるが、見当はずれな話には興味ないね。ぼくをイライラさせようとしても無駄さ」

マールは、こう続ける。「レースに来もしない自称F1エキスパートが、はた目から状況を分析したところで、そんなものは彼らの立場を危うくするだけさ」

マールによると、それら批判からは、いずれ始まる新契約の交渉を混乱させようとする一部の動きが見てとれるという。

「トヨタとはだいぶ前に、シーズン中盤になったら契約延長の話し合いを持つということで同意に至っている。その予定に変わりはない」というマール。

ラルフは、少なくともTF107が問題の一原因と述べている。これから彼は批判にどう応えるのだろうか。「マシンに競争力があれば、サーキット上で答えを出してみせるよ」


今年で契約が切れる、しかもラルフは成績があまり良くないとなると、こう言う憶測も出てくるのも無理ない。
来季も大丈夫でしょ、多分。
by sportsiroiro | 2007-04-24 12:36 | F1
トヨタ、レッドブル、豪GPまでに再びテスト
 冬季グループテストは1日(木)にバーレーンで終了したが、トヨタとレッドブルは2007年シーズン開幕戦オーストラリアGPに向けてマシンを輸送する前に、再びテストを計画していると公表した。

冬季プログラムの多くは終了したものの、トヨタはテスト後に発表した声明で来週、スペインのヘレス・サーキットで作業を行うと明かしている。

一方、レッドブルのチーム代表、クリスチャン・ホーナーは来週、フランスGPの開催地であるマニクールで2日間のテストを予定していると認めたが、RB3を最後の最後までアップデートするために計画されたテストだという憶測は一蹴した。

来週は、ヨーロッパの他の場所でも“シェイクダウン”テストが実施されることになっている。
トロ・ロッソが2台目のSTR2をムジェロで、スパイカーは3台目のF8-VIIをシルバーストーンで、そしてフェラーリはフィオラノで、シェイクダウンを行う予定だ。

次回の主要テストはマレーシアGPに先だって、3月27日(火)から29日(木)までセパンで実施されるらしいですよ。
by sportsiroiro | 2007-03-03 00:30 | F1



競馬・ネコ・F1・寺社仏閣巡り・ミリタリードラマ料理等 みのりの動画です      ミーちゃんの動画です
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
カーラブルーニ バッグ
from こんな時代です
信頼されないよ
from Anything Story
ケイアイガーベラ
from 30秒!ニュースで知る今の日本
フォゲッタブル 天皇賞
from ストロベリークォーツ
ブラウン首相
from 30秒で早読みニュース
インテル
from 35秒で1日のニュースを知る。
トリノの聖骸布 画像
from すぐ知りたい!今日気になるニ..
トリノの聖骸布 画像
from ミニスカ宇宙海賊
万哲 桜花賞
from ナチュラルグリーン
かきつばた記念 |複勝買い方
from 馬券予想新聞
ジュリー
from ディズニー 携帯
ジュリーwithザワイル..
from インフルエンザに注意
カーリング 世界ランキング
from すっきりお目覚め
医療機関・健康保険組合へ..
from お買得情報連絡便り
名古屋競馬
from みさきの出来事
不毛地帯
from おぎの日記
不毛地帯
from まりえの出来事
不毛地帯 再放送
from ナチュラルグリーン
ルワンダ虐殺
from 中国 お金
ルワンダ虐殺
from セカンドライフ 儲ける
記事ランキング
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析