人気ブログランキング |
累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
 ※いつも見に来て下さってアリガト キーワード拒否設定しております 悪しからず 
タグ:エイドリアン・スーティル ( 19 ) タグの人気記事
フォース・インディア、レースドライバー発表!
  2012年のドライバーラインアップを発表。来年、レースシートに座るのはポール・ディ・レスタとニコ・ヒュルケンベルグの2人との事。


・・・

うわさ通りになった感じ
スーティる今季も頑張ってたのにね~

ウィリアムズと交渉してると言うのもあるみたいだし、そちらに行くのな?
来季も見たいんだけどね

ライコネンの復帰もあるし楽しみ
タイヤに慣れるのどうなのかな~
by sportsiroiro | 2011-12-17 12:07 | F1
スーティル、セパンの"興味深い挑戦"にやる気
  フォース・インディアのスーティルは、オーストラリアGPの失望を振り払い、今週末のマレーシアGPに気持ちを向けていると語った。バーレーンでは1周目にスピンを喫し、12位でフィニッシュしたスーティル。メルボルンもわずか9周でリタイアに終わった。次のセパンこそはと彼は意気込みを見せる。

「ここはいつもいいイベントになる。確かに体力的に厳しいけど、いろんな種類のコーナーがあって、オーバーテイクポイントもある。僕は好きな場所だ。去年を見て分かるように、天気が面白いチャレンジをもたらす。今年は今までのように雨を祈らなくてもいい。どんなコンディションでも対応できるからね」

「次のレースこそはポイントが欲しいんだ。2戦連続で取れるポイントを逃してしまったから、今度こそ仕事をやり遂げたい。異なるコースでもクルマはコンペティティブだし、ビッグ4との差もそれほど大きくない。現段階ではとても励みになる」

オーストラリアで7位に入賞したチームメイトのリウッツィは、チームの優先課題がビッグ4に追いつくことだと語った。「簡単なことじゃないさ。彼らは大きなチームで、どんどん開発してくるからね。でも、僕らも本部のシルバーストーンで頑張っているし、順調だ」

スーティルは、マレーシアでドライバーが直面する問題と、それに対する自身の準備を説明した。「暑さと湿気で、ものすごくタフなイベントだ。レース中に体重が4kg減ることもあるから、フィットネスと集中力がすべての鍵になる」

「オーストラリアGPの夜に、僕はすぐマレーシア入りして体を慣らした。3日間、ランカウイでトレーニングして、ランニング、スイミング、シーカヤックなど、いろんなことに挑戦したよ。こうしたコンディションの中で体を動かす訓練さ。すごく気分はいいし、リラックスしていて、チームにもクルマにも自信がある。早く走りたくてウズウズするよ」

リウッツィもこう付け加える。「今度のコースは、もう少し僕らのマシン向きだと思うから、いいポジションに入れると思う」彼は豊富を次のように語った。「僕は予選でのパフォーマンスを向上させて、今回こそQ3に進みたい。それから、もちろんポイントを取り続けることが狙いだ


レインマン

頑張ってほしいです
by sportsiroiro | 2010-03-31 21:07 | F1
スーティル、来季の“ワークスチーム”移籍を視野に
  フォース・インディア残留がひとつの選択肢ではあるものの、エイドリアン・スーティルはワークスチーム移籍という次なるステップを視野に入れていると言う。

当時はスパイカーと名乗り、現在はフォース・インディアとして活動するチームでF1デビューを果たしたスーティルは、以来ずっと共に歩んできたチームを将来的に競争力のあるチームに移籍するための足掛かりとして考えていると言う。

しかしながら、フォース・インディアはスパやモンツァで行われた最近のレースで目覚ましい進化を遂げ、ジャンカルロ・フィジケラのフェラーリ移籍という驚くべき事態にもつながった。

チームの首脳陣は来シーズンもスーティルとビタントニオ・リウッツィの現行ラインアップ続投を示唆。

しかし、ドイツの『DPA通信』に2010年の計画を聞かれたスーティルは「まずはフォース・インディアと話すつもり」と答えている。

「僕の中期的な目標はワークスチームに移籍して、次のステップを踏むことだ」

それでも、将来的に自身がフォース・インディアのエースドライバーとなる可能性も予想できることから、スーティルはこのままフォース・インディアにとどまる利点についても認めている。

「ジャンカルロ(フィジケラ)の移籍後、確実に僕の指導的役割が増している」
by sportsiroiro | 2009-09-25 22:19 | F1
フィジケラ レースシート確保に楽観的
  フォース・インディアチームは、09年シーズンのレースドライバーを正式発表していない。

チームオーナーのヴィジャイ・マルヤは現レースドライバーのフィジケラとスーティルの残留を公言したが、マクラーレンとの提携によりドライバー候補にデ・ラ・ロサやポール・ディ・レスタらの名前があがっている。

しかし、フィジケラは来シーズンのシート確保に楽観的に考えている。

「僕は心配していないし、問題が起きるとは思わないよ」と、フィジケラはガゼッタ・デロ・スポルトに語った。「もう一年契約が残っているし、ヴィジャイ・マルヤは09年のドライバーは僕とスーティルだって発表したしね」


マクラーレンと提携してもやっぱフィジケラ、スーティルがいいなと想うね。
by sportsiroiro | 2008-11-22 17:28 | F1
スーティルのマネジャー、来季シートは安泰
  スーティルの来季レースシートが危ういとのうわさをスーティルのマネジャーが一蹴していると言う。先ごろ、フォース・インディアとマクラーレン・メルセデスのタイアップが発表された事を受け、レースドライバーの起用に際して新たな提携先が影響をおよぼす可能性がささやかれていた。
その中でスーティルあるいはフィジケラのどちらかのシートが、マクラーレン・メルセデスの支援を受けるDTMドライバーのポール・ディ・レスタかマクラーレンテストドライバーのデ・ラ・ロサの手にわたるのではないかとの憶測が浮上。

マネジャーを務めるマンフレッド・ツィンメルマンは『motorsport-total.com』に「エイドリアン(スーティル)の居場所が安泰でないと考える理由がない」とコメントしている。

また、ツィンメルマンはスーティルの契約が09年も有効というだけでなく、チームのボスであるビジェイ・マルヤが何度も「100%」大丈夫だと繰り返したと説明した。

加えて、スーティルは先週金曜日に09年型マシンのシート合わせのため、シルバーストーンのファクトリーを訪れているのだ。

さらに3日間にわたって実施されるバルセロナテストのうち2日間の作業をスーティルが担当することが明らかになっている。


安泰って言われててもね・・・

分かんないからめちゃ不安だよね~
by sportsiroiro | 2008-11-17 23:07 | F1
フォース・インディアのブラジルGP プレビュー
  フォース・インディアのF1デビュー・シーズンが、今週末のブラジルGPで終わりを迎えようとしている。
挑戦の年ではあったものの、それでもチームはいくつかの見せ場を作った。名誉あるモナコGPでは、4位入賞目前というところまで迫り、パドックに衝撃をもたらした。イタリアGPでは、この2年間で初めての予選Q2進出を果たし、新しいシームレス・シフト・ギアボックスを導入すると、先月のシンガポールGPでは最高で2番手を走行。しかしながら、ポイント獲得への道のりは遠く、サンパウロのインテルラゴス・サーキットで行われるブラジルGPは、チームが08年に残されたゴールを達成するためのラストチャンスとなる。

ビジェイ・マルヤ(チェアマン兼マネジングディレクター)

「フォース・インディアのデビュー・シーズンがブラジルで幕を下ろそうとしている。私はチームに必要とするリソースをすべて与え、大きな進化を期待した。統計が示すようにわれわれは改善しており、中団チームにいっそう近づいている。だが、われわれの進歩はシーズン半ばから横ばい状態となった。他のチームと比較すると、彼らほどの進化を遂げていないが、チームのために述べると、ハンガリー終了後、私は意図的に時間とリソースを2009年に向ける決定を下した」

「多くのメディアに報道されているように、われわれは来シーズンのパッケージについて考えているところであり、もう間もなく何らかの発表ができることを期待している。私はチームが、エンジン、ドライブトレイン、KERSにおいて最善のソリューションを得て、幸先良いスタートを切り、今シーズンここまで取れなかったポイントを確実に取れるようにしたいと考えている。その段階にたどり着く前に、まずはブラジルで力強いパフォーマンスが見たい。われわれはまだ終わっていない。あと1レース、ポイントを取るチャンスが残っている。われわれは現実的だが、ここであきらめるわけにはいかない」

コリン・コレス(チーム代表)

「結果という観点でシーズンを振り返れば、期待外れのシーズンだった。この最終戦ブラジルでは良い形で1年を終わらせたい。1年前と比べれば、かなり力をつけたと思う。昨年の今頃は、フォース・インディアによって買収されたばかりであり、インフラや予算、テクニカルストラクチャーを構築するのに時間がかかった。来年はもう少し大きく前進したい。しかし、今はまだ仕事が残されている」

マイク・ガスコイン(CTO/最高技術責任者)

「チーム全体がブラジルを楽しみにしている。今シーズン、チームはよく働き、われわれは昨年よりかなり良いポジションにいる。だが、絶対的な結果に関しては1度もポイントを獲得できず、心残りとなっている。ブラジルが終わった時、シーズンを良い形で締めくくることができていればうれしい。インテルラゴスは1年の最後として素晴らしい場所だ。コース自体は古いタイプのサーキットで、最もよく知られているのはコース全体に広がるバンプだ。毎年、再舗装が施されているが、一向に改善する様子が見られないのは不思議だね!」

「また、非常に長いカーブしたストレートも特徴的で、1コーナーではパッシングのチャンスがある。残りは低速パートが多く、インフィールドではスピードとダウンフォースの駆け引きとなる。昨年、ブラジルはわれわれが強さを見せられたコースの一つだった。ハイ・ダウンフォースのセッティングで、ハード・タイヤを使う中国では苦しんだが、インテルラゴスはダウンフォースが低めで、タイヤも柔らかいレンジのものを使用するため、マシンの競争力が増すようだ。最近のレースでは何度かギアボックスにトラブルがあったが、今シーズンは中盤にこうした問題を解決するためのテストをあまり行わなかったことが原因だろう。しかしながら、今は問題を乗り越えたと考えており、ブラジルでの信頼性には問題ない」

ジャンカルロ・フィジケラ

「ブラジルは、2003年にジョーダンで初勝利を挙げてから、いつも好きな場所だ。その当時のスタッフがまだフォース・インディアには残っているけど、チームはあれから大きく変わった。でも、精神は今も変わらず、人々は高いモチベーションで、最善の結果を残そうと意気込んでいる。それが優勝でも、たった1ポイントの獲得でも変わらずね」

「僕自身もモチベーションは十分だ。走るのが大好きだし、力の限りプッシュして、いい結果を出したい。確かに、これほどベストを尽くしているのに、19位や20位というのは悔しいけど、それが現状なんだ。現実を受け入れ、できることをやらなきゃいけない。ブラジルでは、厳しいのは分かっている。でも、前に食らいついていって、できる限りコンペティティブなレースをするだけさ」

エイドリアン・スーティル

「僕は半分南アメリカの血が入っているから、ブラジルは特別なイベントだし、すごく楽しみだ。体力的に厳しいコースだけど、とても楽しい。気温が高く、湿気が多いこともあるんだけど、一番タフなのはバンプなんだ。レース中、コースを走っていると、そこら中のバンプを体に感じるんだ! それと反時計回りだから、普段は使わない首の筋肉を使うことになる」

「ブラジルでの目標は一つ。レースをフィニッシュすることだけ。もう3戦も未完走が続いているから、どうしてもそれが必要だ。ここまでの完走率には不満が残る。今年はメカニカル・トラブルが起きたり、アクシデントに遭ったりして、チェッカーを受けられないことが多すぎた。理由が何であれ、とにかく十分ではなかった。ジャンカルロと僕でコンペティティブなフィニッシュを飾ることができたら、厳しいシーズンを過ごしてきたみんなにとって、ポジティブな終わり方になるだろう」


今季最後のGP、ポイントはどうでしょうか?最後まで2人とも走りきって欲しいね
by sportsiroiro | 2008-10-30 22:46 | F1
フォース・インディアの中国GP 予選
  フォース・インディア・フェラーリの中国GP予選は、スーティルが19番手、フィジケラが20番手という結果に。

超現代的な上海インターナショナル・サーキットで、2人はイーブンな予選パフォーマンスを見せ、両者のタイム差はわずか1,000分の9秒だった。

午前中のプラクティスから比べると、2人ともペースの改善が見られたものの、午後になるとグリップレベルが大幅に低下。予選最初の20分間で快適なバランスを見いだせずに終わった。18番手のタイムからはコンマ7秒の遅れをとっている。

スーティル

「予選では、バランスが大きく変わってしまった。通常なら、もっとグリップがあるはずなんだけど、今日はそのレベルが落ちていて、ブレーキング時にオーバーステアがひどく、リアはロックするし、トラクションがまったくかからなかった。完璧なラップにするのはすごく難しかったよ。僕は3ラップを走り、どれもOKだったんだけど、クルマがドライブしにくかったので、本当ならもう少しタイムを出せたんじゃないかという気がしてしまう。でも、レースペースはもう少しマシになるはずだから、スターティングポジションよりは上に行けるだろう」

フィジケラ

「きょうもバランスに苦しんだし、最後のラップでタイムを上げられなかったので、あまり満足できる一日じゃなかった。セクター2がひどいオーバーステアで、コンマ4秒は失ったね。ターン8でもさらにタイムロスしてしまって、2回目のラップを上回ることができなかった。もう少しいい位置からスタートしたかったけど、レースコンディションでなら、他の人たちについて行けるから、あすはいい戦略を練らなければいけない」

マイク・ガスコイン(CTO/最高技術責任者)

「きのうの様子から、難しい予選セッションになることは覚悟していた。タイヤを機能させるのに苦しみ、予選では2人ともグリップ不足に悩まされた。おおむね予想通りの結果ということだ。タイヤを長く使うレースペースでは、いつも良くなることが分かっているので、あすはもう少しコンペティティブな一日になるといいね」
by sportsiroiro | 2008-10-18 20:50 | F1
フォース・インディアの中国GP 初日
  08年シーズン最後から2戦目にあたる中国GP初日を迎えたフォース・インディアは2回にわたる90分間のセッションに臨んだ。

エイドリアン・スーティルとジャンカルロ・フィジケラの両レースドライバーは合わせて100周以上を走り込み、タイヤプログラムやセットアップ評価など通常の金曜プログラムに取り組んだ。また、午後にはロングランも完了している。

両ドライバーは土曜日に行われるフリー走行と予選に向けて、午前から午後にかけてそれぞれ自己ベストタイムを更新すると共にデータを収集した。

フィジケラは午後のセッションで17番手、スーティルは0.1秒遅れの18番手で初日を終えている。

ジャンカルロ・フィジケラ

「今朝はバランスがそれほど良くなくて、グリップとタイヤに苦しんだ。午後のセッションはセットアップの面で前進することができたから、もっと落ち着いていられるようになったし、少し改善できたと思う。それでも明日の作業でまだ改善する余地は残っている」

エイドリアン・スーティル

「今日はいたって普通の金曜日だったし、必要な作業に取り組むことができた。グリップとタイヤをうまく使いこなすことについてはまだちょっと苦戦しているけど、1日を通して改善できたし、明日もまだフリー走行があるからね。スパや富士のような低めのダウンフォース設定のサーキットだと僕らは競争力があるみたいだから、コーナーがあって高めのダウンフォースレベルのこのサーキットは僕らのマシンにそれほど合っていない。それでも僕らはできるだけ良くなるようプッシュするつもりだ」

マイク・ガスコイン(CTO/最高技術責任者)

「どちらのマシンにも目立ったメカニカルトラブルもなく、いたって普通の初日だった。グリップ不足とタイヤの熱入れには苦労しているが、全体的にはプログラムを完了できたし、週末に向けていい感じになっていると思う」
by sportsiroiro | 2008-10-17 22:15 | F1
ベルギーGP フォース・インディアの決勝
  ベルギーGP決勝はまたも歴史的な一戦となり、降雨、晴れ間、スピン、事故など、最後の最後まで目が離せないレースだった。

フォース・インディアのドライバー陣はチャレンジングなコンディションの中でもうまく対応し、スーティルが13位、フィジケラが17位でフィニッシュしている。

スーティルは素晴らしいスタートを切ってスターティンググリッドからポジションを2つ上げたが、7周目にスピンを喫して後方まで順位を落とした。止められないスーティルはラップごとにタイムを改善し、17周目の1回目のピットストップ時は17番手につける。

それ以降、終盤に雨が降るまで、スーティルは12周で16秒を稼ぐなど、Honda Racing F1のバトンとのバトルが続いた。最後は13位を手にするためドライタイヤのままチェッカーを目指すことを決断。

一方、フィジケラのレースはオープニングラップで前方の中嶋一貴(ウィリアムズ)がスピンを喫した影響で障害が生じた。行き場をなくしたフィジケラは中嶋のマシンに衝突、フロントウイングを失ってノーズ交換のため緊急ピットインを強いられたのだ。

コースに復帰したものの、ラップリーダーのすぐ前という位置。すぐさま青旗が振られている。懸命に集団とのギャップを縮めるためプッシュしたフィジケラは、ウエットコンディションのアドバンテージをフルに生かした。真っ先にウエットタイヤに履き替えたドライバーの1人だったフィジケラはファイナルラップで1周分の遅れを取り戻し、最終的に1周遅れの17位でフィニッシュした。

スーティル

「僕らにとっては強力なレースだったし、いいパフォーマンスだったと思う。コース上でたくさんのバトルを展開できたし、オーバーテイクもいっぱいできたからね。僕はバトンに追いついて彼の真後ろにつけたんだけど、終盤、雨が降ってきた。残りはわずかだったし、ウエットコンディションでドライタイヤを履いていても僕らはかなり速かったから、ドライタイヤを履き続けることにしたんだ。それで彼をパスできたし、他にも何人か追い越せた。今回のレースにはかなり満足している」

フィジケラ

「ナカジマ(中嶋)がスピンして僕の目の前を横切ったことで、フロントウイングが壊れた上にマシンもかなりダメージを負ったのは残念だった。ピットに戻る間、フロントウイングがない状態で、しかもタイヤがパンクしていたから、多くのタイムを失ってしまったんだ。残念なことに、ピットレーンを出たら、ラップリーダーのすぐ前で、少なくとも40回は青旗を振られたさ! レース終盤にかけて、僕は天気を見た上でレインタイヤ(ウエットタイヤ)を履きたいと言ったんだ。正しい選択だったけど、残りは2周か3周しかなかったからね。もしもっと早くにそういうコンディションになっていればとは思うけど、スタートを考えるとこの結果はそれほど悪くないと思う」

マイク・ガスコイン(CTO/最高技術責任者)

「とてもエキサイティングなレースだったし、2台がそろって完走したことは良かった。残念ながら、ジャンカルロ(フィジケラ)のレースはスタートでナカジマがスピンを喫し、ジャンカルロが彼にぶつかってしまったことで影響を受けた。彼との接触を避ける術がジャンカルロにはなかったが、そこから1周分の遅れを取り戻して1周遅れでフィニッシュしてくれたし、いい仕事をしたと思う。エイドリアン(スーティル)は2ストップ戦略を採り、低めのダウンフォースで走ったことでスタート後に順位を上げられたものの、スピンを喫してポジションを落とした。そこからの彼は見事なレースを展開してくれたし、とりわけ終盤に関しては素晴らしかったと思う」

ビジェイ・マルヤ(チェアマン&マネージングディレクター)

「異常な結末だったが、2台そろってチェッカーフラッグを受けられたことはうれしく思う。両ドライバー共に見事なドライビングを披露してくれたし、チャレンジングなコンディションの中でも無傷でフィニッシュしてくれた。今回もわれわれにとってポジティブな週末だったと思うし、Hondaとバトルもできたので、この勢いを継続していかなければならない。それに、残りのレースでチャンスを得た際にはポイントを手にできるようにしたいと思っている」


フィジケラは、中嶋と接触しちゃったのね、これは仕方ないよね。

どうしても、たら、ればと言うのがあるんだけどね~

でも今回はホントよかったね
by sportsiroiro | 2008-09-08 23:28 | F1
ベルギーGP フォース・インディアの予選
  フォース・インディアは明日のベルギーGP決勝で、スーティルが18番手、フィジケラが20番手からスタートすることになった。

またも接戦のセッションでは、チームが予選Q2に進出するまでわずか0.1秒足りず、2人のドライバーは側近のライバルたちから数100分の1秒しか離されていなかった。

スーティル

「今日は、Hondaの2台に0.07秒差しかなく、16番手にも非常に近かったため、とても接近した予選だった。このようなペースになると予想していたし、パフォーマンスにもかなり満足がいく。Hondaが一番近いライバルになるだろうと分かってはいたが、実際にそうだったね。ここのストレートで速いクルマを持っているので、オーバーテイクもできると思うし、明日はいいレースになるだろう」

フィジケラ

「予選では少しグリップレベルに苦労していたが、バランスは悪くなかった。最後の走りで少し渋滞に引っかかってしまったのと、リアタイヤのグレイニングという問題も抱えていたんだ。だから3ヶ所でリアを失ってしまい、少なくとも0.3秒から0.4秒はロスしていたよ。16番手のポジションを獲れる可能性はあったと思うんだけれど、明日はポジションをアップできるチャンスがあるだろう」

マイク・ガズコイン(CTO/最高技術責任者)

「今日は非常に接近したセッションで、2人のドライバーは良い仕事をしたと思うよ。0.1秒速ければあとポジションをいくつかアップできたことは残念だ。しかし、全体的にはウィリアムズやHondaとのギャップも縮められたことを見せられたのだから、チームはいい努力をしているよ。明日は彼らをコース上で打ち負かせるようにしなければならない」

ビジェイ・マルヤ(チェアマン&マネージングディレクター)

「バレンシアでつかんだ勢いを今日も維持できていたと思う。ここでもワークスチームのクルマに非常に近く、このコースでできる限りのパフォーマンスを見せたと感じている。スパはオーバーテイクができる古いサーキットだということは誰もが知っているのだから、私たちのチームにいるハングリー精神のあるドライバーたちは長いことスタートのポジションに妨げられることはないはずだ。予想できない天候に加えて、素晴らしいレースを手中にできるはずだと思っている!」


予選では18番手、20番手と言う結果だったけど

決勝は分からないよ、雨も降ってくるかもわからないし
by sportsiroiro | 2008-09-07 14:20 | F1



競馬・ネコ・F1・寺社仏閣巡り・ミリタリードラマ料理等 みのりの動画です      ミーちゃんの動画です
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
カーラブルーニ バッグ
from こんな時代です
信頼されないよ
from Anything Story
ケイアイガーベラ
from 30秒!ニュースで知る今の日本
フォゲッタブル 天皇賞
from ストロベリークォーツ
ブラウン首相
from 30秒で早読みニュース
インテル
from 35秒で1日のニュースを知る。
トリノの聖骸布 画像
from すぐ知りたい!今日気になるニ..
トリノの聖骸布 画像
from ミニスカ宇宙海賊
万哲 桜花賞
from ナチュラルグリーン
かきつばた記念 |複勝買い方
from 馬券予想新聞
ジュリー
from ディズニー 携帯
ジュリーwithザワイル..
from インフルエンザに注意
カーリング 世界ランキング
from すっきりお目覚め
医療機関・健康保険組合へ..
from お買得情報連絡便り
名古屋競馬
from みさきの出来事
不毛地帯
from おぎの日記
不毛地帯
from まりえの出来事
不毛地帯 再放送
from ナチュラルグリーン
ルワンダ虐殺
from 中国 お金
ルワンダ虐殺
from セカンドライフ 儲ける
記事ランキング
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析