人気ブログランキング |
累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
 ※いつも見に来て下さってアリガト キーワード拒否設定しております 悪しからず 
<   2008年 08月 ( 203 )   > この月の画像一覧
米当局、ホウレンソウ・レタスの放射線殺菌を許可
  生野菜を原因とする食中毒への対策が叫ばれる米国で、食品医薬品局(FDA)がこのほど、放射線を使ったホウレンソウ、レタスの殺菌を許可したと言う。業界団体は、対象をさらにほかの食品にも拡大するよう要請している。

米国ではすでに、牛ひき肉をはじめとする肉類や、香辛料を放射線で殺菌することが認められている。06年にホウレンソウの大腸菌で3人が死亡したことなどを受け、食品、日用品メーカーの業界団体GMAが、葉物野菜などへの照射を許可するようFDAに働きかけていた。

GMAの科学責任者、ロバート・ブラケット氏は今回の決定について、「生鮮食品の安全性向上へ向けた大きな前進」と話している。当面は、免疫力が低下した病人など、特定のグループ向けに実用化される見通しだという。、

FDAによれば、放射線照射によって、ホウレンソウなどの安全性や舌触り、栄養価を損ねることなく、大腸菌、サルモネラ菌などをほぼ死滅させることができる。FDAの食品添加物部門トップ、ローラ・タランティノ氏は、「生産者らが国民の健康を守るうえで、新たな手段が追加された」と説明したうえで、「照射された食品に放射能などが残る恐れはない」と強調した。

ただ、食品の安全性などを訴える消費者団体、公益科学センター(CSPI)のキャロライン・スミス・ディワール氏は、「放射線ですべての危険が排除されるわけではない」と指摘する。

同氏によれば、食中毒の主原因とされるノロウイルスなど、ウイルスへの効果は期待できない。また、放射線を照射しても菌が全滅するわけではなく、生産者はたい肥の扱いやかんがい用水の衛生管理などに引き続き十分注意する必要がある。「消費者も、生野菜は食べる前に必ず洗浄するよう心がけてほしい」と、同氏は呼び掛けている。

日本では現在、ジャガイモの発芽を防ぐ用途を除き、食品への放射線照射は認められていない。
by sportsiroiro | 2008-08-30 21:10 | ニュース
トロ・ロッソのモンツァテスト最終日
  28日(木)の午後にステアリングを握ったボーデは、モンツァテスト最終日となる29日(金)に再び作業を担当し、イタリアGPに向けたレース準備に取り掛かった。

この日はタイヤ評価プログラム、ブレーキ評価、モンツァ専用空力パーツの開発、全体的なセットアップ作業といった項目をテスト。赤旗が5度も振られた1日だったが、さらにメカニカルトラブルがボーデのマシンを襲い、午後の走行時間をいくらか奪っている。

フランス人ドライバーのボーデは77周を走行し、7番手タイムをマークした。

チーフテストエンジニアのジャンヴィト・アミコは「全体的に3日間のテストはうまくいき、かなりいい結果も得られた。われわれの注目点はパフォーマンスや結果よりも、信頼性と安定性だ。これからの数レースに向け、われわれはいい状態にある」と満足げに語っている。
by sportsiroiro | 2008-08-30 21:00 | F1
モンツァテスト最終日
  全10チームが伊・モンツァに集って行ってのテストは29日(金)に最終日を迎えた。来週末に控えるベルギーGPとその次のイタリアGPに向け、各チームはテストプログラムを実施。最終日は10人のドライバーが走行したが、トップから8番手のドライバーまでのタイム差は1秒以内という僅差の争いだったと言う。

初日のマッサ、2日目のハイドフェルドに続き、最終日にトップタイムをたたき出したのはハミルトンだった。ノーズ上のウイングなどを外した超高速サーキット仕様のマクラーレン・メルセデスMP4-23を駆り、1分22秒967というタイムをたたき出したものの、テスト2日目にハイドフェルドがマークした最速タイムを更新することはできなかった。

2番手につけたのはライコネン。ハミルトンからは0.404秒という大きな差がついている。

関係者を驚かせたのは、3番手タイムをたたき出したフォース・インディアのフィジケラだ。同じフェラーリエンジンを積むライコネンから0.2秒遅れのタイムをたたき出し、4番手の中嶋一貴より0.002秒速かった。

ルノーエンジンを積むレッドブルのクルサードが5番手につけ、本家ルノーのR28を駆ったフェルナンド・アロンソを抑えた。7番手にはトロ・ロッソ・フェラーリSTR3をドライブしたボーデ。8番手はグロックだ。

クビサはわずかにコースオフするシーンなどがあったために、マシン修復に時間をとられる場面があった。また電装系のトラブルにも見舞われ、最終日は9番手だった。10番手はバトンで、トップからは1.354秒差となっている。

最終日は5回も赤旗中断となった。それでもクルサードは120周を走破している。

今回のモンツァテスト3日間では、2日目のトップタイムをマークしたハイドフェルドが1分22秒621をたたき出して最速だった。2番目は2日目に1分22秒879を刻んだロズベルグで、3番目に最終日のトップタイムをたたき出したハミルトン(1分22秒967)となっている。

モンツァテストはこれにて終了となり、各チームはいったんそれぞれのファクトリーへと帰還する。そして1週間後にはベルギーGPが開催されるスパ・フランコルシャンで、再び顔をそろえることになる。

モンツァ - 29/08/2008

1. ハミルトン - マクラーレン・メルセデスMP4-23 - 1:22.967(+0.000) - 97周
2. ライコネン - フェラーリF2008 - 1:23.371(+0.404) - 79周
3. フィジケラ - フォース・インディア・フェラーリVJM01 - 1:23.632(+0.665) - 114周
4. 中嶋一貴 - ウィリアムズ・トヨタFW30 - 1:23.634(+0.667) - 99周
5. クルサード - レッドブル・ルノーRB4 - 1:23.737(+0.770) - 120周
6. アロンソ - ルノーR28 - 1:23.820(+0.853) - 80周
7. ボーデ - トロ・ロッソ・フェラーリSTR3 - 1:23.865(+0.898) - 77周
8. グロック - トヨタTF108 - 1:23.897(+0.930) - 79周
9. クビサ - BMWザウバーF1.08 - 1:24.089(+1.122) - 57周
10. バトン - Honda RA108 - 1:24.321(+1.354) - 96周


3番手にフィジケラの名前が、凄いよね~

嬉しいね、これは。
by sportsiroiro | 2008-08-30 20:48 | F1
昨日の事だけどね・・・
  昨日の事、車に乗ってる時の事


信号が赤になり停止。


後ろには自○隊の車両が・・・


伏せる所間違ってるか 笑


車両には2名条乗車


助手席の人が何ならゴソゴソしだしていたの


で、何やりだしたと想う?


ニャント、多分だけど


PSPをやりだしてたね、さすがに何やってたかはわかんなかったけど


でもいいの?


移動中はいいのかな・・・


いいのか?


いや、良くない


う~んどうだ


やっぱダメでしょ


う~んやっぱダメでしょね~

どう?
by sportsiroiro | 2008-08-30 00:44 | 日日
モンツァテスト2日目
  全F1チームが参加しているモンツァテストは28日(木)に2日目を迎え、各ドライバーたちは来るベルギーGPとイタリアGPに向けた準備作業を継続した。

昨日のタイムシートはトップ3がわずか0.033秒の間にひしめきあうタイトなものだったが、2日目はそこまで接近はしていない。それでもトップタイムは0.8秒ほど更新されている。

2日目にトップタイムをたたき出したのは、BMWザウバーのハイドフェルドだった。全長6km近い超高速サーキットで、1分22秒621というタイムを刻んでいる。このタイムは初日にマッサがマークしたタイムから0.8秒速い。

2番手につけたのはウィリアムズのロズベルグ。3番手にはマクラーレンのコバライネンが続いた。


4番手にはトロ・ロッソのベッテル。この日のトロ・ロッソは午前にベッテルを起用した。5番手にはフェラーリのマッサがつけ、6番手にルノーのアロンソだ。

フォース・インディアのスーティルがレッドブルのウェバーを抑えて7番手。8番手だったウェバーはこの日の最多周回数となる101周を走破している。

9番手には母国グランプリに向け生産的な1日を過ごしたトヨタのトゥルーリ。10番手にはトロ・ロッソのマシンを午後に駆ったボーデだった。

トップタイムから2秒差の11番手に、Honda Racing F1のバリチェロがつけた。さらにチームメイトのジェンソン・バトンは12番手だ。

各チームは29日(金)もテスト作業を続行し、ベルギーGPとイタリアGPに向けた準備を締めくくる。

モンツァ2日目

1. ハイドフェルド - BMWザウバーF1.08 - 1:22.621(+0.000) - 89周
2. ロズベルグ - ウィリアムズ・トヨタFW30 - 1:22.879(+0.258) - 100周
3. コバライネン - マクラーレン・メルセデスMP4-23 - 1:23.341(+0.720) - 92周
4. ベッテル - トロ・ロッソ・フェラーリSTR3 - 1:23.424(+0.803) - 47周
5. マッサ - フェラーリF2008 - 1:23.445(+0.824) - 86周
6. アロンソ - ルノーR28 - 1:23.606(+0.985) - 95周
7. スーティル - フォース・インディア・フェラーリVJM01 - 1:23.823(+1.202) - 92周
8. ウェバー - レッドブル・ルノーRB4 - 1:23.936(+1.315) - 101周
9. トゥルーリ - トヨタTF108 - 1:24.158(+1.537) - 77周
10. ボーデ - トロ・ロッソ・フェラーリSTR3 - 1:24.311(+1.690) - 44周
11. バリチェロ - Honda RA108 - 1:24.695(+2.074) - 51周
12. バトン - Honda RA108 - 1:25.049(+2.428) - 42周
by sportsiroiro | 2008-08-30 00:42 | F1
米軍が否定 空爆で「アフガン民間人90人死亡」の説も
  アフガンに展開する米軍主導の多国籍軍が先週、同国西部ヘラート州で行った空爆で、民間人90人以上が死亡したとするアフガン当局の主張に対し、米軍は現地調査の結果、「根拠がない」との結論を下した。調査の状況に詳しい米国防当局高官が語った。

空爆は21日、ヘラート州シンダンド地区で実施され、多国籍軍はイスラム強硬派勢力タリバーンのメンバー25人と民間人5人が死亡したと発表していた。しかし、アフガン当局は24日までの調査で、多数の子どもを含む90人以上の民間人が死亡したことが判明したと主張。カルザイ大統領は同日、この地域のアフガン部隊の司令官ら2人を解任するとともに、多国籍軍がアフガン軍との間で戦略を調整せずに空爆を行ったと非難した。

米軍による調査は28日までにほぼ完了し、当初の発表と同じ結論が出たという。米軍関係者によれば、多国籍軍は地上でタリバンと交戦していたアフガン軍部隊などからの要請で出動した。標的となった現地からは多数の武器や米ドルの現金が見つかったという。
by sportsiroiro | 2008-08-30 00:35 | ニュース
フォース・インディアのモンツァテスト初日
  フォース・インディアのテスト&リザーブドライバーを務めるリウッツィが、伊にあるモンツァ・サーキットで始まった3日間のテスト初日を担当。

全長5.793kmの超高速&低ダウンフォースサーキットは、F1カレンダーに載るほかのどのサーキットとも似ていない。そのため、チームは初日を使ってセットアップ作業と空力作業に集中。数週間後に控えるイタリアGPに向けて作業を行った。

リウッツィは99周を走破し、1分24秒239というベストタイムをマーク。これは8番手タイムとなっている。テスト2日目はレギュラードライバーのスーティルがステアリングを握り、最終日にはフィジケラがドライブを担当する予定だと言う。

リウッツィ

「今日、僕らは残り2日間のテストのためにいいセットアップを見つける作業に集中した。今日の進み具合には満足できると思う。今朝のグリップレベルはかなり低く、装着していたタイヤでの走行は難しかった。特にここ最近は実車を駆ってのテストは久しぶりだしね。今日はいい成果を残し、約100周をトラブルに見舞われることなく走破した。ライバルたちからはタイムの面で大きく離されることもなかったよ」

ドミニク・ハーロウ(チーフレース&テストエンジニア)

「モンツァに合わせた空力特性は、ほかのどんなサーキットとも大幅に異なったものとなっている。今日のプログラムは異なったウイングレベルを評価するものであり、特にイタリアGPを見据えたものだった。さらにエンジンマッピング、ブレーキテスト、タイヤ評価も実施した。グリップレベルは低く、そのコンディション下ではタイヤはかなり硬かった。それでもどのチームも同じだし、残りの2日間でパフォーマンスを調整する。全体的に見ていい1日だったし、収集できた情報にも満足している。テスト開始日としてはいいスタートだ」
by sportsiroiro | 2008-08-29 00:15 | F1
トロ・ロッソのモンツァテスト初日
  2台揃ってトップ10に入り、ポイント獲得を達成したヨーロッパGPから3日。

スクーデリア・トロ・ロッソはサーキット上での作業を開始した。舞台となったのは伊・モンツァで、来月14日(日)にイタリアGPの舞台となる高速サーキットだ。

この日に低ダウンフォースパッケージが組まれたSTR3で超高速サーキットを駆けたのはセバスチャン・ベッテル。さらにイタリアGPだけに焦点を絞ったわけではない新しいフロントサスペンションや空力コンポーネントも試していると言う。

1日を通じて1種類のブリヂストン・ポテンザしか使わなかったベッテルは、トラブルに見舞われることなく初日の走行を終えた。レース距離の半分ほどの長さのロングランも含め、予定よりも多くの周回を走破したベッテルは。セッション終盤に自己ベストタイムをたたき出した。

ベッテルは4番手タイムをマークし、トップタイムを刻んだマッサからはわずか0.2秒落ちだった。

テスト2日目は午前中にベッテルが走行し、午後はボーデが作業を引き継ぐことになる。
by sportsiroiro | 2008-08-29 00:12 | F1
モンツァテスト初日
  バレンシア市街地サーキットで初開催となったヨーロッパGPが終わってからまだ3日ほどしか経過していないが、各F1チームはサーキット上での作業を開始した。27日(水)は伊・モンツァで3日間のテストとなり、全10チームが参加。

ブレーキに厳しいバレンシア市街地サーキットでは、どのチームもそれなりに軽めのウイングをつけて走行していた。しかしモンツァは全サーキットの中で最もレスダウンフォース仕様で臨むコースなのだ。各チームは来週末のベルギーGPとその後のイタリアGPに向けた作業をスタートした。

テスト初日に全長5.793kmのモンツァ・サーキットで1分23秒428というトップタイムをたたき出したのは、ヨーロッパGPの初代ウイナーとなったマッサ。

昨年のイタリアGPでポールポジションを獲ったアロンソ(当時マクラーレン)の1分21秒997というタイムと比較すると1.5秒遅れているため、初日の各チームはまだすべてのドラッグを取り除いたセッティングを煮詰められていないとみられる。

しかしバレンシア市街地でのレースと同様、今回のテストも各車のタイムはとても接近したものとなった。モータースポーツにおいて各マシンのラップタイムが接近しているというのはいいことだという意見もあるが、逆に追い越しなどを見るチャンスが少なくなると主張する人々もいる。とにかく、初日のトップ3のタイム差はわずか0.033秒というから驚きだ。

トップタイムを刻んだマッサに続いたのはコバライネンで、マッサからはわずか0.011秒の遅れとなった。3番手にはロズベルグ。コバライネンからは0.022秒差だ。

レースでも好調を維持しているベッテルが今回のテストでも輝きを見せ、トップから0.3秒差以内の4番手。ヨーロッパGPでは週末を通じてペースをつかめなかったバリチェロは、トップから0.4秒遅れの5番手。

先週末は妹分のトロ・ロッソに完ぺきに敗北してしまったレッドブルは、ウェバーがドライブして5番手。トップのマッサからは0.5秒以上の差がついている。7番手にはハイドフェルド、8番手にはフォース・インディアのテスト&リザーブドライバーを務めるリウッツィだ。

9番手にはトゥルーリ。そして10番手はピケJr.となった。この日最も遅かったピケJr.のタイムは、トップのマッサから1.112秒差だった。

テストは28日(木)も継続される。

モンツァテスト初日

1. マッサ - フェラーリF2008 - 1:23.428(+0.000) - 101周
2. コバライネン - マクラーレン・メルセデスMP4-23 - 1:23.439(+0.011) - 78周
3. ロズベルグ - ウィリアムズ・トヨタFW30 - 1:23.461(+0.033) - 60周
4. ベッテル - トロ・ロッソ・フェラーリSTR3 - 1:23.691(+0.263) - 99周
5. バリチェロ - Honda RA108 - 1:23.827(+0.399) - 85周
6. ウェバー - レッドブル・ルノーRB4 - 1:24.005(+0.577) - 96周
7. ハイドフェルド - BMWザウバーF1.08 - 1:24.075(+0.647) - 77周
8. リウッツィ - フォース・インディア・フェラーリVJM01 - 1:24.239(+0.811) - 99周
9. トゥルーリ - トヨタTF108 - 1:24.510(+1.082) - 92周
10. ピケJr. - ルノーR28 - 1:24.540(+1.112) - 117周
by sportsiroiro | 2008-08-29 00:09 | F1
南オセチアが無人偵察機撃墜を発表、グルジアは飛行否定
  露軍が軍事介入、武力衝突が起きたグルジア情勢で、同国南オセチア自治州政府の内務省は28日、自治州内の上空でグルジアの無人偵察機を撃墜したと発表したと言う。

グルジアから自治州南部の空域へ進入したとしている。

無人機の製造国などは否定。露は米がグルジアに兵器を供給していると非難している。AP通信によると、グルジア政府当局者は無人偵察機を自治州内へ飛ばした事実はないとし、自治州政府による虚偽の主張と批判した。

グルジア情勢では、露のメドベージェフ大統領が26日、南オセチア自治州とアブハジア自治共和国の独立を認める大統領令に署名。欧米諸国はグルジアの主権侵害と強く反発している。自治州、共和国とも親露で、グルジアからの分離などを求め、「主権」も宣言していた。

8月8日から本格化したグルジアの軍事衝突では、EU議長国の仏が和平を調停して緊張緩和のための基本原則をまとめ、露、グルジア両国とも支持した。しかし、露は和平維持軍の名目で、自治州、共和国と境界を接するグルジア内に緩衝地帯を設置、グルジア軍などににらみを利かせ欧米が非難している。グルジアのポチ港にも一部部隊が残留しているとされる。


今度は、無人偵察機の事で言い合いになっちゃうんだろうな・・・

あ~でもない、こ~でもないとね。
by sportsiroiro | 2008-08-28 23:58 | ニュース



競馬・ネコ・F1・寺社仏閣巡り・ミリタリードラマ料理等 みのりの動画です      ミーちゃんの動画です
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
カーラブルーニ バッグ
from こんな時代です
信頼されないよ
from Anything Story
ケイアイガーベラ
from 30秒!ニュースで知る今の日本
フォゲッタブル 天皇賞
from ストロベリークォーツ
ブラウン首相
from 30秒で早読みニュース
インテル
from 35秒で1日のニュースを知る。
トリノの聖骸布 画像
from すぐ知りたい!今日気になるニ..
トリノの聖骸布 画像
from ミニスカ宇宙海賊
万哲 桜花賞
from ナチュラルグリーン
かきつばた記念 |複勝買い方
from 馬券予想新聞
ジュリー
from ディズニー 携帯
ジュリーwithザワイル..
from インフルエンザに注意
カーリング 世界ランキング
from すっきりお目覚め
医療機関・健康保険組合へ..
from お買得情報連絡便り
名古屋競馬
from みさきの出来事
不毛地帯
from おぎの日記
不毛地帯
from まりえの出来事
不毛地帯 再放送
from ナチュラルグリーン
ルワンダ虐殺
from 中国 お金
ルワンダ虐殺
from セカンドライフ 儲ける
記事ランキング
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析