人気ブログランキング |
累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
 ※いつも見に来て下さってアリガト キーワード拒否設定しております 悪しからず 
2010年 06月 30日 ( 7 )
ミーちゃん^^
  ミーちゃんの写真です^^


c0088525_22521671.jpg


c0088525_2252512.jpg
















階段で寝てる所を^^

ちょっと起しちゃったかな・・・
by sportsiroiro | 2010-06-30 22:57 | ネコ
サンフランシスコ 自転車で銀行強盗 連続犯行か
  米カリフォルニア州サンフランシスコ近郊のサンタクルーズで28日午後、自転車便の配送者を装ったとみられる男が銀行を襲い、現金を奪って逃走した。警察によると、サンフランシスコ周辺では最近、同様の事件が続発している。

サンタクルーズ警察の報道官によると、男は自転車で銀行に乗り付け、ヘルメットと黒い肩掛けバッグを着けたまま建物に入った。窓口担当者に金を要求するメモを渡し、武器を持っていると脅したという。男は現金を持って自転車で走り去ったとされるが、金額は公表されていない。

同報道官は米連邦捜査局(FBI)の話として、この男が近隣の強盗事件にも関与している可能性を示唆。自転車は小回りがきいて狭い場所に身を隠すのに便利だと指摘し、犯人が現場近くに止めた車への移動手段として使ったとの見方も示した。

警察によると、男は40代前後の白人で、身長約185センチ、体重約77キロとされる。


自転車で強盗か・・・
逆に車より目立たないのか

まぁいろいろ考えるね~
by sportsiroiro | 2010-06-30 22:55 | ニュース
米国人の9割が塩分とりすぎ 平均は基準量の2倍近く
  米国人の10人に9人は基準量を超える塩分を毎日摂取していることが、米疾病対策センター(CDC)の新たな報告で明らかになった。

CDCの研究チームが米国の成人約5000人を対象に調査した結果、1日の塩分摂取量はナトリウム換算で平均約3500ミリグラムと、適正摂取量の上限とされる2300ミリグラムの2倍近くに達していることが分かった。

CDCによると、塩分の過剰摂取は高血圧の原因となり、脳卒中や心臓病、腎臓病のリスクを高める恐れがある。すでに高リスクと診断されているケースでは1500ミリグラム未満が適正摂取量とされるが、政府の諮問機関は、この基準を一般の米国人にも適用するべきだと提言している。

研究チームによると、米国人が摂取する塩分の3分の2近くがピザやクッキー、パンなど穀物を加工した食品や加工肉に含まれていた。パンやクッキー、クラッカーなどには塩分が含まれるが、必ずしも塩味を感じるとは限らない。また、加工食品と外食による塩分摂取が77%を占めるとの推計も報告された。報告をまとめた研究者は、「ナトリウムは我々が口にする大半の食品に含まれているので、ほとんどの米国人にとって基準量以内に抑えるのは難しいことだ」と指摘している。


塩分の取りすぎ・・・
確かに、そうかも

気をつけないとな
by sportsiroiro | 2010-06-30 22:55 | ニュース
帝王賞 フリオーソ完全復活!強豪相手に2馬身半差で快勝
  今日、大井競馬場で行われた第33回帝王賞(4歳上、交流GI・ダ2000m、1着賞金7000万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の5番人気フリオーソが道中は2番手を追走。

直線入口で先頭に立つと後続を突き放し、4番人気カネヒキリに2.1/2馬身差をつけて快勝した。勝ちタイムは2分03秒4(稍重)。さらにアタマ差の3着には9番人気ボンネビルレコードが入った。

1番人気サクセスブロッケンは先頭でレースを進めたものの直線で失速し8着に、帝王賞連覇の懸かっていた2番人気ヴァーミリアンは直線見せ場なく9着にそれぞれ敗れている。

勝ったフリオーソは08年にこのレースを制しており、今回で帝王賞2勝目。

09年ダイオライト記念(交流GII)以降勝ち鞍は無かったが、今年の川崎記念(交流GI)、かしわ記念(交流GI)いずれも2着と好走していた。


【勝ち馬プロフィール】

◆フリオーソ(牡6)
父:ブライアンズタイム
母:ファーザ
母父:Mr. Prospector
厩舎:船橋・川島正行
通算成績:29戦8勝(うちJRA4戦0勝、重賞6勝)
主な勝ち鞍:08年帝王賞、07年ジャパンダートダービー(交流GI)、06年全日本2歳優駿(交流GI)など


復活おめでと~
今度は中央のG1取って欲しいな
by sportsiroiro | 2010-06-30 22:47 | 競馬
皐月賞2着馬タケミカヅチが死亡
  JRAは30日、09年ダービー卿CT(GIII)を制したタケミカヅチ(牡5、美浦・大江原哲厩舎)が、30日に放牧先の山元トレーニングセンターにおいて、出血性大腸炎のため死亡したと発表した。

タケミカヅチは07年7月の新馬戦でデビュー勝ちを収めると、翌年には、弥生賞(GII)で3着、皐月賞(GI)で2着に好走するなどクラシック戦線を賑わせた。

新馬戦以来の2勝目となった09年のダービー卿CTで重賞初制覇を達成。

今春、股関節痛による長期休養から復帰を果たしたが、前走のエプソムC(GIII、16着)が最後のレースとなった。通算成績19戦2勝(重賞1勝)。

■大江原哲調教師のコメント
「タケミカヅチは私にとって一番思い出のある馬です。安らかに眠ってほしいと思います」


クラシック時は安定した成績だったのにね
G1取って欲しかった・・・
by sportsiroiro | 2010-06-30 22:43 | 競馬
アロンソ、レース"操作"発言を撤回
  日曜日のヨーロッパGP後、レースがFIAによって"操作"されたとの発言は過剰反応だったとアロンソが認めた。セーフティカールールを守ったのにポジションを失ったと訴えたアロンソは、直前まで目の前にいたハミルトンが規則に反してペースカーをオーバーテイクし、ドライブスルーペナルティを科されてもなお、自分より6つも上位でフィニッシュしたのは不公平だと憤慨していた。

だが29日(火)になると発言はトーンダウンしており、当初の怒りについてはレース後で感情が高ぶっていたのだと弁明している。

「その後の出来事をあれこれ言っても、何の役にも立たない」とフェラーリの公式ブログに彼はつづった。「今はもちろん、レース直後に比べてずいぶん冷静になったよ。その場ではつい感情的になってしまった。あのような状況では誤解や疑いを招きかねない発言をしてしまいがちだ。僕はそんなつもりじゃなかったんだ」

彼は、FIAが問題の対処を検討していることに満足感を示し、彼の不満はハミルトンや他の特定ドライバーに対する個人的な攻撃ではなかったと主張。

「スチュワードの仕事が単純なものではなく、難しい判断を強いられることは理解している」とアロンソ。

「僕が言いたかったのは、僕たちみたいにレギュレーションに従ったドライバーが、不運にも今回のようにルールに反してペナルティを受けた者より不利益を被ってしまうことがあるという事実だ。決して特定のドライバーに対して言っているんじゃない。一般的な問題であって、今後二度とこのようなことが起きないよう、みんなで冷静に話し合う必要がある。FIAがすぐに反応し、スポーティング・ワーキング・グループの臨時総会を呼び掛けたと聞いて安心した。すべての問題点について総合的な解決策が導き出されると確信している」

またアロンソは、バレンシアで失ったポイントによってシーズン後半の戦いがチャレンジングなものになったと述べたが、フェラーリがバレンシアで投入したアップデートが、マクラーレンやレッドブルへの距離を確実に縮めたとの自信を示した。

「たとえバレンシアの結果が僕らの望んだものじゃなかったとしても、挽回不可能なダメージを負ったじゃない」とアロンソは言う。「確かに、リーダー(ハミルトン)との差は29ポイントに開いてしまったけど、シーズンはまだ半分も終わっちゃいない。1勝で取り戻せる差なんだから、まだオープンな戦いだ。スペインでのアップグレードは僕らを前進させてくれたし、前を行くチームたちに近づくことができた。その点には満足しているが、F10開発の手を緩めるわけにはいかないのもまた事実。僕たちにはポールの取れるマシンが必要だし、できるだけ早くライバルたちに勝てるマシンを手に入れる必要がある。チャンピオンシップリーダーから29ポイント差ということは、今後それが誰に変わろうとも、これからの10レースで少なくともリーダーより30点以上稼がなければならないということだ」
by sportsiroiro | 2010-06-30 22:40 | F1
クビサはルノーと長期契約か
  『AUTOSPORT(オートスポーツ)』によると、クビサはルノーと長期的な契約を結ぶことになりそうだという。クビサはこの先数年以内にチャンピオンシップを争うべく、ルノーに対して財政面での保証を求めていると見られている。

また、情報筋の話を信じるとすれば、チームのタイトルスポンサーとしてクレジットカード会社『MasterCard(マスターカード)』と契約する可能性もあるとのこと。

実際、オートスポーツ誌はルノーF1チームの現オーナーであるジェラルド・ロペスがチーム上層部に対し、先の数カ月間でライコネンにルノーからのF1復帰を打診する可能性を通達したとし、チームが財政的な見通しに関して強気であると理解しているようだ。

ルノーF1チームの株式の大半を購入したロペスは2010年に先立ち、セカンドドライバーの選定に際してスポンサーシップの問題を考慮しなければならず、ロシア関連の商業利益を見越してヴィタリー・ペトロフの起用を決めた。しかし、これまでのところペトロフはコース上であまり結果を残せておらず、ペトロフを通じない他のところから資金の調達が可能となればビッグネームとの交代が早まる可能性もある。

しかしながら、ルノーを率いるエリック・ブーリエはタイトル獲得を目標にできるだけの資金がルノーにあることをクビサに証明することがチームの最優先事項だと認めている。

「われわれは確実に彼を求めており、交渉もしている。自分たちに野心があり、ひいては大きな野望を抱いていることを証明するのはわれわれ次第だ。もしわれわれにそれができれば、彼が残留すると確信している。彼がとどまりたくないというのなら去るだろう。いたってシンプルな話だ」

また、ライバルチームがルノーのスタードライバーであるクビサの獲得を模索していたものの、それについてはさほど心配していなかったと語るブーリエは「ロバート(クビサ)はとても高評価を受けるドライバーの1人であり、彼の契約が今年末で切れるのだから彼が魅力的だったのだろう。それは当然のことだ」とコメントした
by sportsiroiro | 2010-06-30 22:34 | F1



競馬・ネコ・F1・寺社仏閣巡り・ミリタリードラマ料理等 みのりの動画です      ミーちゃんの動画です
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
カーラブルーニ バッグ
from こんな時代です
信頼されないよ
from Anything Story
ケイアイガーベラ
from 30秒!ニュースで知る今の日本
フォゲッタブル 天皇賞
from ストロベリークォーツ
ブラウン首相
from 30秒で早読みニュース
インテル
from 35秒で1日のニュースを知る。
トリノの聖骸布 画像
from すぐ知りたい!今日気になるニ..
トリノの聖骸布 画像
from ミニスカ宇宙海賊
万哲 桜花賞
from ナチュラルグリーン
かきつばた記念 |複勝買い方
from 馬券予想新聞
ジュリー
from ディズニー 携帯
ジュリーwithザワイル..
from インフルエンザに注意
カーリング 世界ランキング
from すっきりお目覚め
医療機関・健康保険組合へ..
from お買得情報連絡便り
名古屋競馬
from みさきの出来事
不毛地帯
from おぎの日記
不毛地帯
from まりえの出来事
不毛地帯 再放送
from ナチュラルグリーン
ルワンダ虐殺
from 中国 お金
ルワンダ虐殺
from セカンドライフ 儲ける
記事ランキング
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析