人気ブログランキング |
累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
 ※いつも見に来て下さってアリガト キーワード拒否設定しております 悪しからず 
2010年 05月 13日 ( 9 )
通信衛星が制御不能で漂流、CATV放送に支障も 米国
  米国のケーブルTV放送に使われている通信衛星が制御不能になり、米国内のほかの通信衛星の軌道を妨害して放送に支障が出る可能性があることがわかった。

問題になっているのは05年に打ち上げられたインテルサットの通信衛星「ギャラクシー15」。同社によると、4月5日に太陽風の影響で制御不能になり、軌道からそれて徐々に漂流を始めた。このままの状態が続けば、5月23日に別の衛星に接近して干渉を起こす恐れがあるという。

しかしインテルサットの広報は12日、「何も手を打たなければ混乱が起きるだろうが、われわれは干渉を抑えるため、あるいは完全に防ぐために積極的な措置を取っている」と弁明した。たとえ干渉が起きたとしても数時間にすぎず、何日も続くことはないとしている。

別の衛星を所有するSESワールドスカイズは「顧客および競合企業であるインテルサットと緊密に連携し、干渉を防ぐために最善を尽くしている」との談話を発表した。

両社とも、衛星同士が衝突したり、地球に突入したりすることはないと強調している。インテルサットは4月に問題が起きた時点で、利用者を別の衛星に切り替える作業に着手したと発表していた。
by sportsiroiro | 2010-05-13 23:31 | ニュース
BPは爆発直前、油井の異常を把握していた 米下院委員長
  米ルイジアナ州のメキシコ湾で起きた石油掘削施設の爆発事故で12日、米下院エネルギー商業委員会・小委員会の公聴会が開かれた。同委員会のワックスマン委員長は、油田の採掘権を持つ石油大手BPが爆発の数時間前に油井の異常を把握していながら、対応を怠ったと証言した。

同委員長は、BPは4月20日、爆発が起きる数時間前に油井の圧力試験を実施し、基準を満たしていないことを認識していたと証言した。この件については、BPから同小委員会に非公式に報告があったという。

同委員長によると、圧力試験では油井内の圧力が高まっていることが確認されていた。これにより原油やガスが浸透し、爆発を引き起こす可能性のあることが示されたという。

同委員長は「それでもBPは作業を中止しなかったようだ。その結果、1人が死亡し、メキシコ湾は大規模な環境災害に直面した」と述べた。

これに対しBPと同施設を所有するトランスオーシャン、設置工事を請け負ったハリバートンの幹部らは、爆発の原因は依然、調査中であると証言した。

公聴会では原油の流れを止めるはずの防噴装置が正常に作動しなかったことについても質問がなされたが、装置を製造したキャメロン・インターナショナルのムーアCEO(最高経営責任者)は、「原因を結論付けるのは時期尚早だ」と答えた。

また、現在、原油の流出を止めるために噴出口を「ごみ」でつまらせる案が検討されているが、これに対する批判の声も上がった。

この爆発事故をめぐっては、海洋掘削を管理する連邦機関、鉱物資源管理部のあり方も問われている。公聴会でも、同機関と石油業界との関係を疑問視する声が上がった。これについて政府は11日、同機関を2つに分割する計画を発表している。



把握してて、対応怠ったって・・・

何か、どこの国でもある事やね
by sportsiroiro | 2010-05-13 23:18 | ニュース
米大統領とアッバス議長が電話会談、イスラエル交渉再開を歓迎
  オバマ米大統領は11日、パレスチナ自治政府のアッバス議長と電話で会談し、イスラエルとの間接交渉再開を歓迎する意向を伝えた。

ホワイトハウスによると、オバマ大統領とアッバス議長は「できるだけ早期」の合意成立に向け、間接交渉から直接交渉に切り替える必要性について話し合った。オバマ大統領は、独立したパレスチナ国家の樹立とイスラエルとの平和で安全な共存を強く支持する姿勢を強調したという。

一方、国連、欧州連合(EU)、ロシア、米国で構成する中東4者協議も同日、間接交渉を支持する声明を発表し、「直接的な2者交渉および中東の包括的和平に向けた重要な1歩」になると指摘した。

中東和平交渉はパレスチナ解放機構(PLO)の承認を受け、米国のミッチェル特使の仲介で9日に再開された。交渉はイスラエルによる08年12月のガザ空爆以来、約1年半にわたり中断していた。
by sportsiroiro | 2010-05-13 23:06 | ニュース
ヴィクトリアマイル出走予定馬の調教後馬体重発表
  16日(日)に東京競馬場で行われる第5回ヴィクトリアマイル(4歳上牝、GI・芝1600m)の、調教後における馬体重が13日にJRAより発表された。各馬の馬体重は以下の通り。


※馬名、馬体重(前走比)、計量日(計量場所)

アイアムカミノマゴ 474(+2)、13日(栗東)
アルコセニョーラ 440(+14)、13日(美浦)
ウェディングフジコ 464(+10)、12日(美浦)
コロンバスサークル 460(+16)、12日(美浦)
シセイカグヤ 458(+16)、12日(美浦)
ニシノブルームーン 488(+8)、12日(美浦)
ヒカルアマランサス 470(+14)、13日(栗東)
ブエナビスタ 456(前走海外)、13日(栗東)
ブラボーデイジー 540(0)、13日(栗東)
プロヴィナージュ 520(0)、12日(美浦)
ブロードストリート 460(+6)、12日(栗東)
ベストロケーション 490(+10)、12日(美浦)
ミクロコスモス 496(+14)、13日(栗東)
ムードインディゴ 480(+18)、13日(栗東)
ヤマニンエマイユ 470(+8)、13日(栗東)
ラドラーダ 434(+6)、12日(美浦)
レッドディザイア 480(前走海外)、13日(栗東)
ワンカラット 516(+12)、13日(栗東)

※馬体重は、「調教」・「輸送」・「飼付」・「排糞」等により、常に大きく変動する。
※上記の馬体重は、あくまでも計量時のデータであり、レース当日の馬体重とは異なる。
※レース当日に発表される馬体重は、発走時刻の概ね70分前に計量している。
by sportsiroiro | 2010-05-13 22:55 | 競馬
園田・のじぎく賞 エレーヌ、破竹の重賞4連勝
  今日、園田競馬場で行われた第48回のじぎく賞(3歳牝、ダ1700m、1着賞金350万円)は、筒井勇介騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝1.2倍)エレーヌが、2番人気アートオブビーンに1/2馬身差をつけて優勝した。

勝ちタイムは1分51秒8(良)。さらに1.1/2馬身差の3着には6番人気ホクセツロマンが入った。

勝ったエレーヌは新緑賞(笠松)、留守杯日高賞(水沢)、ル・プランタン賞(佐賀)に続く重賞4連勝を達成。

通算では重賞5勝目となった。


【勝ち馬プロフィール】

◆エレーヌ(牝3)
父:ダイタクリーヴァ
母:トラックマグナ
母父:アラジ
厩舎:笠松・山中輝久
通算成績:17戦8勝(うちJRA3戦0勝、重賞5勝)
主な勝ち鞍:10年ル・プランタン賞、留守杯日高賞、新緑賞、スプリングC(名古屋)


ちょっと休ませてあげて・・・
by sportsiroiro | 2010-05-13 22:40 | 競馬
シンガポール航空国際Cの枠順が確定
  現地時間16日(日)、シンガポール・クランジ競馬場で行われるシンガポール航空国際C(3歳上、星G1・芝2000m、12頭立て)の枠順が13日に確定した。

日本から参戦するシャドウゲイトは1番枠、ヤマニンキングリーは5番枠からの発走となった。また、昨年の優勝馬で、今年のドバイワールドC(首G1)の覇者グロリアデカンペオン Gloria De Campeaoは6番枠、ドバイデューティフリー(首G1)の勝ち馬アルシェマーリ Al Shemaliは7番枠にそれぞれ入った。発走は現地時間20時40分(日本時間21時40分)。枠順は以下の通り。


※左から枠番、馬名、( )内は性齢、調教師・騎手、斤量

01 シャドウゲイト(牡8、加藤征弘・田中勝春、57.0)
02 ジョリーズシンジュ Jolie's Shinju(牝5、高岡秀行・R.ステュワート、55.5)
03 ゴールドシャッツ Goldschatz(セン6、S.グレイ・V.ドゥリッチ、57.0)
04 ラハリーブ Lahaleeb(牝4、F.ナス・J.イーガン、55.5)
05 ヤマニンキングリー(牡5、河内洋・柴山雄一、57.0)
06 グロリアデカンペオン Gloria De Campeao(牡6、P.バリー・B.レイス、57.0)
07 アルシェマーリ Al Shemali(牡6、A.アルライヒ・R.フレンチ、57.0)
08 ワイカト Waikato(セン6、L.ラクソン・J.モレイラ、57.0)
09 リザーズディザイア Lizard's Desire(セン4、M.デコック・K.シーア、57.0)
10 プレスヴィス Presvis(セン6、L.クマーニ・R.ムーア、57.0)
11 エルドラド El Dorado(セン6、高岡秀行・J.サイミー、57.0)
12 ドロヴェッティ Drovetti(セン5、S.バリッジ・J.パウエル、57.0)


日本からの2頭

頑張ってね~
by sportsiroiro | 2010-05-13 22:27 | 競馬
スーティル、モナコの混乱を否定
  スーティルは、トラフィックがモナコGPを混乱に導くという推測を否定している。

今シーズンは24台のマシンがグリッドに並んでいるが、そのうちの6台は圧倒的に遅い状況が続いている。そのため、一部のトップドライバーたちは特に予選Q1で難しい状況が生まれるのではないかと危惧(きぐ)しているのだ。

しかしフォース・インディアのスーティルは『Motorsport-Magazin.com』に対し、「数年前であればマシンの速度差が5、6秒あるのは普通のことだったし、誰かが妨害することはよくあった」と分析。

さらに「その時は誰も不満を言わなかったのに、今では大きなドラマが巻き起こっているかのような状態だ。状況を見極めなきゃダメだよ」とも付け加えた。

その遅い6台のうちの1台を駆るコバライネン(ロータス)は、今週末の予選アタックでも、後方のミラーを注視するのではなく目の前のコースに集中すると主張。

「僕にはやるべき仕事があるからね」と語っている。

一方でチームメイトのトゥルーリは、以前の状況を指摘したスーティルの意見に同調。自らがルーキーだった1997年には22台のマシンが参戦し、先頭のマシンと最後尾のマシンには今年と同じような大きな速度差があったことを思い起こさせた。

「僕に解決策はないよ。気にしないさ。とにかく予選に出て速いラップを刻むだけだ」と『BBC』に語っている。
by sportsiroiro | 2010-05-13 22:13 | F1
モナコGP - 木曜フリー走行1回目
  13日(木)日本時間17時から2010年F1世界選手権第6戦モナコGP木曜フリー走行1回目がモンテカルロ市街地サーキットで行われた。

先週末に開催されたスペインGPから2連戦、しかも他のグランプリより一日早い木曜日に最初のセッションが実施されるモナコGPとあって、各チームは慌しく撤収と移動を進めて港沿いに美しい街並みが広がるモンテカルロへとやって来た。

今回のグランプリではソフト側のタイヤにスーパーソフトコンパウンド、ハード側にミディアムコンパウンドが使用される。激しい雨と変わりやすい天候が予報されていたものの、木曜日のモナコには鮮やかな青空が広がった。普段は公道として使用されているサーキットは一部で舗装が新しくなり、縁石も新しいものが導入されている。

セッションが始まり、最初にモナコの街にマシンの爆音をとどろかせたのはフォース・インディアのリウッツィ。10分ほどの時間をかけて、他のマシンも全車がインストレーションラップを行う。その後、ひと時の穏やかさを取り戻した港町に、しばらくしてトロ・ロッソのアルグエルスアリが再び飛び出していった。アルグエルスアリが一人周回を重ねるところに、一台、また一台とマシンが加わる。

セッションが進むにつれて、路面状況が改善したのかタイムはどんどん縮まっていった。序盤はアルグエルスアリとマクラーレンのバトンがトップタイムを互いに更新しながら進む。その後、今度はマクラーレンのハミルトンとフェラーリのマッサが競うように最速タイムを出し合い、90分のセッションが折り返し地点を迎えたところで上位にはマッサ、ハミルトン、ルノーのクビサ、メルセデスGPのロズベルグ、フェラーリのアロンソといったメンバーが並んだ。このときのトップタイムは1分16秒台で、レッドブルの2台とHRTのカルン・チャンドックはまだタイムを記録していない。

後半に入って間もなく、この3名もプログラムを開始。しかし、チャンドックはやっと6周を走ったところでスピンを喫し、コース上にマシンを止めてしまう。チャンドックはマシンを降り、残り時間が35分ほどとなったところでイエローフラッグが掲示されたが、間もなく解除された。この間にトップはハミルトンに変わっている。

しかし、オーダーが入れ替わり続けるタイムシートはラスト30分に入ったところで再びマッサがトップに。さらにはアロンソ、クビサ、ベッテルがマッサのタイムを上回る。メルセデスGPのミハエル・シューマッハもマッサに次ぐ5番手に浮上。また、今季4強と言われているチーム以外では、クビサの他にフォース・インディアのスーティル、トロ・ロッソのブエミもトップ10に入る健闘を見せる。アロンソは周回を続け、残り20分を切ったところでついに1分15秒台にのせてきた。

セッション終了までにウェバー、ベッテルのレッドブル勢も大きくタイムを縮めるものの、アロンソには届かない。タイム更新が続く中、終了直前にはザウバーの小林可夢偉がガードレールに接触し、フロントウイングを失った。このアクシデントでイエローフラッグが振られるままセッションは終了。アロンソが終盤にマークした1分15秒927がこのセッションのトップタイムとなった。2番手以降にはベッテル、クビサ、ウェバー、マッサと続き、シューマッハが6番手。ハミルトンとバトンのマクラーレン勢が7、8番手に続いた。

9番手にスーティル、10番手にブエミが入り、メルセデスGPのロズベルグは11番手につけている。

可夢偉のタイムは18番手だった。


この2つのチームになるのかな??

ミハ、ガンバ!!
by sportsiroiro | 2010-05-13 21:38 | F1
またね~
  今日も、コメント頂きまして


ありがとうございます


ほんと嬉しいです


お休みなさい


明日もいい日であります様に♪
by sportsiroiro | 2010-05-13 00:34 | 日日



競馬・ネコ・F1・寺社仏閣巡り・ミリタリードラマ料理等 みのりの動画です      ミーちゃんの動画です
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
カーラブルーニ バッグ
from こんな時代です
信頼されないよ
from Anything Story
ケイアイガーベラ
from 30秒!ニュースで知る今の日本
フォゲッタブル 天皇賞
from ストロベリークォーツ
ブラウン首相
from 30秒で早読みニュース
インテル
from 35秒で1日のニュースを知る。
トリノの聖骸布 画像
from すぐ知りたい!今日気になるニ..
トリノの聖骸布 画像
from ミニスカ宇宙海賊
万哲 桜花賞
from ナチュラルグリーン
かきつばた記念 |複勝買い方
from 馬券予想新聞
ジュリー
from ディズニー 携帯
ジュリーwithザワイル..
from インフルエンザに注意
カーリング 世界ランキング
from すっきりお目覚め
医療機関・健康保険組合へ..
from お買得情報連絡便り
名古屋競馬
from みさきの出来事
不毛地帯
from おぎの日記
不毛地帯
from まりえの出来事
不毛地帯 再放送
from ナチュラルグリーン
ルワンダ虐殺
from 中国 お金
ルワンダ虐殺
from セカンドライフ 儲ける
記事ランキング
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析