人気ブログランキング |
累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
 ※いつも見に来て下さってアリガト キーワード拒否設定しております 悪しからず 
2008年 10月 18日 ( 13 )
フォース・インディアの中国GP 予選
  フォース・インディア・フェラーリの中国GP予選は、スーティルが19番手、フィジケラが20番手という結果に。

超現代的な上海インターナショナル・サーキットで、2人はイーブンな予選パフォーマンスを見せ、両者のタイム差はわずか1,000分の9秒だった。

午前中のプラクティスから比べると、2人ともペースの改善が見られたものの、午後になるとグリップレベルが大幅に低下。予選最初の20分間で快適なバランスを見いだせずに終わった。18番手のタイムからはコンマ7秒の遅れをとっている。

スーティル

「予選では、バランスが大きく変わってしまった。通常なら、もっとグリップがあるはずなんだけど、今日はそのレベルが落ちていて、ブレーキング時にオーバーステアがひどく、リアはロックするし、トラクションがまったくかからなかった。完璧なラップにするのはすごく難しかったよ。僕は3ラップを走り、どれもOKだったんだけど、クルマがドライブしにくかったので、本当ならもう少しタイムを出せたんじゃないかという気がしてしまう。でも、レースペースはもう少しマシになるはずだから、スターティングポジションよりは上に行けるだろう」

フィジケラ

「きょうもバランスに苦しんだし、最後のラップでタイムを上げられなかったので、あまり満足できる一日じゃなかった。セクター2がひどいオーバーステアで、コンマ4秒は失ったね。ターン8でもさらにタイムロスしてしまって、2回目のラップを上回ることができなかった。もう少しいい位置からスタートしたかったけど、レースコンディションでなら、他の人たちについて行けるから、あすはいい戦略を練らなければいけない」

マイク・ガスコイン(CTO/最高技術責任者)

「きのうの様子から、難しい予選セッションになることは覚悟していた。タイヤを機能させるのに苦しみ、予選では2人ともグリップ不足に悩まされた。おおむね予想通りの結果ということだ。タイヤを長く使うレースペースでは、いつも良くなることが分かっているので、あすはもう少しコンペティティブな一日になるといいね」
by sportsiroiro | 2008-10-18 20:50 | F1
トロ・ロッソの中国GP 予選
  中国GPのフリー走行全3回でボーデはベッテルよりも優勢に立っていたが、18日(土)に行われた中国GP予選ではベッテルが大きく躍進。

ベッテルは7番手をつかみ、ボーデは9番手に入っている。

ベッテル

「昨日は難しい一日だったし、今朝もそうだった。でも、予選の前に少し変更を施したことが助けになった。この結果にはとっても満足できるよ。これ以上良い走りはできなかったと思うし、期待以上だね。明日のレースでは、前にいるドライバーたちに追いつくのは大変だと思うから、自分のレースを走って、できる限りのベストを尽くすよ。もしゴールできたら、そのときに何を達成したのかを見てみるよ」

ボーデ

「Q3まで進めてとても嬉しかったけれど、オプションタイヤが残ってなかったからセッション最後の部分がとても難しかった。この結果には非常に満足しているよ。レースに向けて賢明な戦略があるから、好調だと思うね」


ジョルジオ・アスカネッリ

「週末通してボーデは堅実なパフォーマンスを見せていたし、非常に良い仕事をしている。だが、ベッテルは(今朝までの)P1、P2、P3で苦戦していたから、予選を前にクルマに変更を試してみた。彼はクルマに全然満足がいってなかったんだ。だから変更を施した結果にはとても満足だ。印象的だったよ」
by sportsiroiro | 2008-10-18 20:44 | F1
イラクで反米指導者派が大規模デモ、米軍の駐留協定に抗議
  今年末に期限切れとなるイラク駐留米軍の継続に向けた地位協定交渉に関連し、米軍の即時撤収を要求するイスラム教シーア派の反米指導者サドル師派の数万人が18日、首都バグダッドで同協定に反対するデモを実施したと言う。

AP通信が報じた。混乱などは報告されていない。

同師はイラク議会あてのメッセージを発表し、同協定を破棄するよう要請。承認した場合、イラク国家が将来、汚名を着ることになるとし、「協定が占領者の存在を終えさせると説明されても、占領者による基地の保持は続く」と主張した。サドル師は現在、イランに滞在している。

交渉では、米国防総省のモレル報道官が16日、実務レベルで草案の合意に達したと述べている。今後の焦点は、最終承認を目指す両国政府、議会内の手続きに移っている。

イラクのマリキ首相は17日、草案を大統領と副大統領、連邦議会の主要議員らに提示しともされる。賛否両論があったという。首相は政界指導者の同意を取り付けた後、協定案を連邦議会に諮る予定。

地位協定交渉は、国連安全保障理事会決議に基づく多国籍軍のイラク駐留期限が年末で切れることを受けている。交渉では、犯罪を犯した米兵らの訴追免除特権が対立点となり、イラクが主権侵害を理由に自国の裁判制度の適用を主張した。

米メディアは草案について、軍事作戦に従事中の犯罪行為だけを免責することで妥協が成立したと伝えている。また、駐留米軍の戦闘部隊の撤収時期については、治安状況次第としながらも、2011年末までとの目標時期が盛り込まれたとしている。

ブッシュ政権はこれまで、軍事戦略上、米軍の撤収期限の明示を拒絶してきており、駐留米軍の要である戦闘部隊の撤退の目標時期が盛り込まれれば、米国の譲歩とも受け取れる。イラク政府は撤退期限の明示をこれまで求めてきたとされる。
by sportsiroiro | 2008-10-18 20:29 | ニュース
中国GP 予選
  18日(土)日本時間15時(現地時間14時)から、08年F1世界選手権第17戦中国GP公式予選が、上海インターナショナル・サーキットで行われた。

セッション開始時のコンディションは晴れ、気温28℃、路面温度36℃、湿度45%。

午前に行われたフリー走行よりも路面温度が10℃ほど高くなっており、タイヤのマネジメントが予選パフォーマンスを左右する事になりそうだ。

ブリヂストンは中国GPにハードコンパウンド(ハードタイヤ)とミディアムコンパウンド(ソフトタイヤ)を持ち込んでいるが、ここまでの走りを見るとハードタイヤはタレも少なく、安定したパフォーマンスを発揮している。

予選Q1:20分間

セッション開始となり、ルノーのピケJr.からコースイン。バトン(Honda Racing F1)、ロズベルグ(ウィリアムズ)も続いている。

まずはピケJr.がタイム計測に入った。中嶋一貴(ウィリアムズ)やバリチェロ(Honda Racing F1)、グロック(トヨタ)やベッテル(トロ・ロッソ)もコースに入っている。

ピケJr.は1分37秒511をたたいたが、グロックが1分37秒369を刻んでトップタイム。フェラーリの2台もコースインしたが、BMWザウバーとレッドブル勢、アロンソ(ルノー)、トゥルーリ(トヨタ)らはワンテンポ遅れてのコースインだ。

初めて1分37秒台を破ったのはベッテルで、1分36秒318をマーク。しかしマッサ(フェラーリ)がセクター2、3でファステストを刻み、1分36秒089をマークした。しかしハミルトン(マクラーレン)はセクター1だけでマッサよりも0.4秒速く、セクター2もファステスト。そしてセクター3も最速を刻み、1分35秒566をたたき出した! マッサよりも0.5秒速いタイムとなっている。

セッション残り時間は10分。まだタイム計測を行っていないのはハイドフェルド(BMWザウバー)、アロンソ、そしてクルサード、ウェバー(共にレッドブル)の4台だ。またマッサが1分35秒971を刻んで2番手につけている。

その後グロックはアタックをまとめ、7番手に浮上している。これで中嶋が16番手に落ちた。14番手のクルサードは1分36秒731、15番手のトゥルーリは1分36秒841を刻んでいる状況だ。
残り時間は1分少々となった。Q1敗退圏内にいるのは中嶋、クビサ、バトン、スーティル、フィジケラ。さらに15番手のトゥルーリ、14番手のクルサード、13番手のバリチェロ、12番手のウェバーといったあたりもタイムを更新したいところだ。トップタイムを出しているハミルトンと5番手のピケJr.を除いた18台が、最後のタイムアタックに入っている。

バトンは最後のタイムアタックで更新ならなかったが、クビサが14番手浮上! 中嶋は0.1秒更新したが、17番手にとどまり、Q1敗退となった。

セッションが終了し、Q1敗退となってしまったのは16番手のクルサード以下、中嶋、バトン、スーティル、フィジケラ。Q2進出には、15番手のバリチェロがマークした1分36秒6が必要だった。

一方、トップタイムをたたき出したのはハミルトン(1分35秒5)で2番手にコバライネン(1分35秒6)。3番手にベッテル、4番手にアロンソがつけ、5番手にマッサ、6番手にライコネン。フェラーリ勢はいずれも1分35秒9となっており、対マクラーレンで見ると、0.3秒ほどの遅れだ。

気になる日本勢はトヨタが2台をQ2に送り込み、Honda Racing F1もバリチェロがQ2進出。しかしウィリアムズの中嶋とHonda Racing F1のバトンはQ1敗退となった。

予選Q2:15分間

最初にアタックしたのはライコネン。ソフトタイヤで臨み、1分35秒355をたたき出した。マクラーレン勢はコバライネンがソフトタイヤを履いたが、ハミルトンはハードタイヤを選択した。

コバライネンは1分35秒216をマーク。しかし同じくソフトタイヤのマッサが1分35秒135をマークしてトップに立った。一方ハードタイヤのハミルトンはセクター2で0.2秒ほどミスしたこともあり、1分35秒402で5番手にとどまった。ベッテルが1分35秒386で4番手につけている。

セッション残り時間は7分となり、まだタイム計測を行っていないBMWザウバー勢がアタックに入った。この時点では11番手のピケJr.以下、バリチェロ、ロズベルグ、そしてまだタイムを残していないハイドフェルドとクビサがQ2敗退圏内。9番手のウェバーと10番手のグロックも危険な位置だ。

クビサはセクター1でハイドフェルドから0.2秒遅れ、またセクター3でも修正があって遅れた。ハイドフェルドは6番手につけたが、クビサは11番手。これで全車が1回目のアタックを終えた。

この時点でQ2ノックアウト圏内にいるのは11番手のクビサ以下、グロック、ピケJr.、バリチェロ、ロズベルグ。

残り時間は4分少々。5番手のハミルトン以下、12台がコースイン。トップ4のマッサ、コバライネン、ライコネン、ベッテルは安全圏だ。

最後のアタックでクビサは大きくタイム更新できず、11番手! 同じくピケJr.とグロックも更新できず、ポジションアップはならなかった。一方、ハミルトンはセクター2で全体のベストをたたき出し、1分34秒947をマーク! セクター2のトップタイムを奪うと同時に、この週末の最速タイムをたたき出した。

Q2が終了し、ノックアウトとなったのは以下の5名。11番手ピケJr.、12番手クビサ、13番手グロック、14番手バリチェロ、15番手ロズベルグ。クビサはアウトラップがかなり速いペースだったため、もしかするとアタックラップでタイヤが適切なパフォーマンスを発揮できなかった可能性がある。

Q3に進出した10台はトップのハミルトン以下、マッサ、コバライネン、ライコネン、ベッテル、ハイドフェルド、アロンソ、ボーデ、ウェバー、トゥルーリの10台。クビサが今シーズン初のQ2敗退となったことで、今シーズンQ3進出を達成し続けているのはマッサとコバライネンの2人だけとなった。

予選Q3:10分間

ベッテルからコースイン。まずはライコネンが1分36秒989をたたき出したが、コバライネンが1分36秒989を刻んでトップに立った! 一方マッサは1分37秒504で4番手、ハミルトンは1分37秒514で5番手。チーム無線によれば、どうやらハミルトンは各セクターでミスし、全体で1秒ほどのロスがあった模様だ。

まずは1回目のアタックを終え、コバライネン、ライコネン、ウェバー、マッサ、ハミルトン、アロンソ、ハイドフェルド、ベッテル、トゥルーリ、ボーデ。ウェバーはすでに10グリッド降格が決まっているが、燃料を多く積むのではなく、できるだけ前のグリッドを獲得する作戦のようだ。

各車最後のアタックに入り、まずはライコネンが1分36秒645のトップタイム! しかしハミルトンが1分36秒645をマークしトップに立った! 一方のマッサは1分36秒889で3番手。アロンソを4番手に挟み、コバライネンは1分35秒930で5番手になった。

6番手以下はウェバー、ハイドフェルド、ベッテル、トゥルーリ、ボーデ。

中国GPでポールポジションを獲得したのは、マクラーレンのハミルトンだった。今シーズン自身7回目のポールを手にし、日本GPに続いてライコネンが2番グリッドを獲得。タイトル争いに加わっているマッサは3番手となり、レースでの巻き返しを誓う。

一方、ドライバーズ選手権3位のクビサは12番手。大逆転でのタイトル獲得に向けては、厳しいレースになりそうだ。

日本勢はトヨタのトゥルーリが9番手で最上位。グロックは13番手だ。Honda Racing F1はバリチェロがQ2進出を果たして14番手、バトンは18番手。ウィリアムズの中嶋は今シーズン2回目のQ2進出を狙ったがかなわず、17番手だった。

また予選6番手のウェバーは予定外のエンジン交換を行っているため、決勝レースでは16番グリッドからのスタートとなる。そのため、7番手のハイドフェルドから16番手のクルサードまでが、それぞれ1つずつ上のグリッドからのスタートに変更となる。


エンジン交換のウェバーは痛いね~

トロ・ロッソのベッテルが7番手。ボーデが9番手という位置からのスタート。

ポイント獲得もあるですね。

一方、フォース・インディアのスーティルは19番手。フィジケラが20番手と言う位置から。

こちらはポイントは難しいだろうな。

でも完走して欲しいな。
by sportsiroiro | 2008-10-18 20:28 | F1
パキスタンの原発建設に中国が協力で合意、印に対抗か
  パキスタンのクレシ外相は18日、国内2カ所で計画する原子力発電所建設で中国が協力する協定に調印したと述べた。AP通信が報じた。

2基が完成すれば、総出力680メガワットの能力を持つ。中国は既にパキスタンで2カ所の原発建設を支援している。

同外相によると、追加の原発2基の建設協力は、パキスタンのザルダリ大統領が先に実施した訪中の際に合意された。

パキスタンは中国の協力で、首都イスラマバードの南西から約198キロ離れた地点に原発を建設。2基目も建設中で、2011年に完成する見通し。

中国はパキスタンへの主要投資国であり、兵器輸出も目立つ。ただ、パキスタンは核拡散防止条約(NPT)非加盟国で、中国によるパキスタンへの原発支援には原子力関連資機材の輸出を管理する原子力供給国グループ(NSG)の承認が必要。

米国がNPT非加盟の印に対し核燃料などの輸出を認めた協定を結んだことを受け、中国に協力を求めたともみられる。共に核保有国である印パはここ数年、関係改善を続けているが、カシミール地方の帰属権で対立している。
by sportsiroiro | 2008-10-18 20:19 | ニュース
やんのど~んと行ってみよう予想の結果。アイルランドT、デイリー杯2歳S
アイルランドT(OP) 芝1800m 東京11R 16頭 発走15:40

◎ 枠3  馬番6 トウショウシロッコ  牡5 55 吉田豊

○  〃8  〃15 マイネルキッツ 牡5 56 松岡正海   

▲ 〃4  〃8 オペラブラーボ 牡4 56 横山典弘

△ 〃5  〃10 アドマイヤメイン 牡5 57 川田将雅

△ 〃7  〃14 ダイレクトキャッチ 牡4 55 内田博幸

複勝 4枠7番 ブラックアルタイル 2枠3番 ドリームスカイ

3連単 軸6 相手8・10・14・15  軸15 相手6・8・10・14  軸8 相手6・10・14・15
軸10 相手6・8・14・15

結果

1着 オペラブラーボ
2着 トウショウシロッコ
3着 ダブルティンパニー

払い戻しはこちら→アイルランドT(OP)

コスモプラチナの大逃げでしたね~

最後の直線では捕まってしまったけど、4着に残ったね。

勝った、オペラブラーボは強いね、これからもっと強くなるかな。


デイリー杯2歳S(G2) 芝1600m 京都11R 12頭 発走15:45

◎ 枠7  馬番10 ホッコータキオン  牡2 55 飯田祐史

○  〃4  〃4 アラシヲヨブオトコ 牡2 55 武豊   

▲ 〃3  〃3 トップオブピーコイ 牡2 55 岩田康誠

△ 〃2  〃2 ワンカラット 牝2 54 藤岡佑介

△ 〃5  〃5 トップカミング 牡2 55 幸英明

3連単 軸10 相手2・3・4・5  軸4 相手2・3・5・10  軸3 相手2・4・5・10
軸2 相手3・4・5・10

結果

1着 シェーンヴァルト
2着 ホッコータキオン
3着 キングスレガリア

払い戻しはこちら→デイリー杯2歳S(G2)

いい感じだったんだけど、最後はさされちゃったね。

でも強い感じ。

アラシヲヨブオトコは一度は沈んだけど、もう一度さしてきたよね。
by sportsiroiro | 2008-10-18 16:17 | 競馬
ウェバー、エンジン交換で10グリッド降格へ
  レッドブルのマーク・ウェバーに10グリッド降格ペナルティが下る事になりそうだ。ウェバーは中国GP土曜フリー走行の後半にエンジンブローに見舞われたが、すでにイタリアGP直前に“エンジンジョーカー”を使用していた。

今回もエンジン交換は必須と見られているため、ウェバーにはペナルティとして予選ポジションから10グリッド降格が命ぜられるだろう。

一方、ドライバーズ選手権リーダーのハミルトンが中国GP土曜フリー走行中にとった行動について、レーススチュワードは罰金を科す可能性があるようだと言う。

予選と決勝に向けた最後の調整の機会となる1時間のフリー走行で、ハミルトンはピットへの進入でミス。ハミルトン、そして中国GPのピットエントリーと言えば、やはりグラベルにはみ出してリタイアとなった昨年の事件が思い起こされるだろう。

しかし今回のハミルトンはグラベルを避ける形で、舗装されたエスケープロードにはみ出した。

その後ハミルトンはバックギアを選択してピットレーンエントリーを逆走、そしてピットに向かった。この件が、基本的ルールに違反している可能性がある。

先月行われたシンガポールGPで、トゥルーリ(トヨタ)が1万ユーロ(当時約155万円)の罰金を取られた例がある。トゥルーリは最終コーナーからホームストレートにかけてスピンをしてしまい、そのままコースを逆走する形でピットに戻ったのだ。

F1のスポーティングレギュレーション第30条2項では、コース逆走が“厳しく禁じられて”おり、“それが許されるのは、マシンが明らかに危険な位置にいた場合のみ”と規定されている。

トゥルーリは罰金だけでなく、スチュワードから訓告処分も受けていた。
by sportsiroiro | 2008-10-18 15:02 | F1
中国GP 土曜フリー走行
  18日(土)日本時間12時(現地時間11時)から、08年F1世界選手権第17戦中国GP土曜フリー走行(60分間)が、上海インターナショナル・サーキットで行われた。

セッション開始時のコンディションは晴れ、気温26℃、路面温度26℃、湿度52%。

ピットレーン出口のシグナルがグリーンになり、各車続々とインストレーションラップに出て行った。いつもどおり、フェラーリの2台以外の18台がまずはコースに出たが、そのうちウィリアムズの2台だけが2周のインストレーションを実施。いったんピットレーンに入ってきたウィリアムズ勢は、再びピットレーン出口でスタート練習を行い、もう1周コースを回ってガレージに帰ってきた。

まずはアロンソ(ルノー)がタイム計測を実施、1分38秒400というタイムを刻んでいる。その後各マシンが続々とコースインし、タイムアタックに入った。

フェラーリ勢もガレージを離れた。トップ勢ではまずコバライネン(マクラーレン)が1分37秒079を刻んだが、その後チームメイトのハミルトンが更新。

さらにマッサ(フェラーリ)が1分36秒961をたたき出したが、ボーデ(トロ・ロッソ)が1分36秒732を刻んでトップに立った。

その後、ハミルトンが1分36秒669をたたき出してトップに立ち、ピットに戻ってきた。しかしピットレーンエントリーの左コーナーで曲がり切れず、ストップ。バックギアを使い、ガレージに戻ってきた。

セッションは半分を過ぎ、残り時間は30分。この時点でトップがハミルトン、2番手ボーデ、そしてバリチェロ(Honda Racing F1)が1分36秒923をたたき出して3番手に浮上している。

チームメイトのバトンは14番手。トヨタはグロックが8番手、トゥルーリが15番手。ウィリアムズの中嶋一貴は16番手だ。
この時点で1分36秒台が上位4人、5番手のロズベルグ(ウィリアムズ)から16番手の中嶋までが1分37秒台。そして17番手のアロンソから20番手のスーティル(フォース・インディア)までが1分38秒台だ。95秒サーキットではあるが、全車が2秒以内に収まっている状況である。

セッション残り時間が20分ほどになり、コバライネンが1分36秒571をたたき出し、チームメイトを上回ってトップに立った。またロズベルグが1分47秒045を刻んで6番手浮上。Honda Racing F1のバトンも11番手に上がってきている。

セッション残り時間15分ほどになったところで、ウェバー(レッドブル)のルノーエンジンがブロー。バックストレートエンドでまずは右バンクから、その後両バンクから白煙を上げ、ウェバーはコースサイドにマシンを止めた。

土曜日ということで、すでに予選&決勝で使用するエンジンを搭載していたウェバーは、イタリアGPでエンジンジョーカーを使ってしまっているため、今回はエンジン交換による10グリッド降格ペナルティが適応されることになるだろう。

セッション残りは数分となり、ハイドフェルド(BMWザウバー)が1分36秒061をマークしてトップに立った。またコバライネンはタイム計測に入ったものの、ターン2でピットから出てきたばかりのフィジケラ(フォース・インディア)に引っ掛かってしまい、アタックを決め切れず。ここでセッション終了となった。

中国GP土曜フリー走行でトップタイムを刻んだのは、BMWザウバーのハイドフェルドだった。しかしタイムは1分36秒061となっており、金曜フリー走行よりも0.3秒ほどペースが落ちている。2番手にハミルトン、3番手にクビサ、4番手にコバライネンと、マクラーレンとBMWザウバー勢がトップ4を占めた。

一方、フェラーリ勢はマッサが12番手、ライコネンが13番手。前日から好パフォーマンスを発揮できていない感があるが、このあとの予選に注目だ。

気になる日本勢は、ウィリアムズの中嶋が9番手につけ、チームメイトからは0.3秒遅れ。トヨタのトゥルーリは5番手につけたが、グロックは17番手。またHonda Racing F1はバリチェロが11番手、バトンが15番手だ。このセッションでもタイムは接近しており、トップから17番手のグロックまでが1秒以内にひしめきあっている。

このセッションではトヨタの2人がそれぞれ22周を走破し、最多周回数を記録した。


クビサの方が結果がいい中でのトップタイム。

いい結果を期待したいね。
by sportsiroiro | 2008-10-18 14:55 | F1
カスタマーカー問題進展でトロ・ロッソに光
  今年初め、ゲルハルト・ベルガーが共同オーナーを務めるトロ・ロッソは深刻な問題に直面していた。カスタマーカー時代の終えんを前に、レッドブルが支援をためらっていたのだ。

しかし、その両方の問題が好転の兆しを見せている。レッドブルのディートリッヒ・マテシッツの支援はより強固なものになっているように見受けられ、カスタマーカー問題にも動きがあった。

一方、ベルガーはベッテルのイタリアGP優勝が“いい意味で自分たちのポジション”の確立に役立ったと述べている。

「また、私のパートナーであるレッドブルは今も多くの後方支援をしてくれている」と語ったベルガー。

また、カスタマーカーについては最近、バーニー・エクレストンがマシンの売買を含め、すでにF1に携わるチームは技術を共有できるようにすべきだと提案したことが明らかとなっている。

「レギュレーションが現在、われわれが使用しているシステムの上で変更になるのなら、コストを分担し、双方にとって相乗効果をもたらすだろうし、その状況がわれわれを変え、われわれを助けることになるかもしれないと考えている」

そして、この可能性によってフォース・インディアとメルセデス・ベンツとの提携交渉につながったのだと見られている。

さらにフォース・インディアが09年に向けたフェラーリのKERSシステムの進歩の遅れを懸念していることも明らかだが、フォース・インディアとマクラーレンの組み合わせになる場合はエンジン、コンポーネント、さらには空力を共有することになるかもしれない。

「もしバーニー(エクレストン)の提案が実現するなら、ほぼ間違いなく、すべての独立系チームにとって素晴らしいものになるだろうし、実質的にコスト削減にもつながるはずだ」とマルヤは語っている。
by sportsiroiro | 2008-10-18 14:48 | F1
フジ系ドラマ Room of king
  今日のフジ系のドラマ 「Room of king」


にドラマ・映画等に出演されていた 宮下ともみさん出演されるみたいですよ。


公式サイトはこちら→Room of king
by sportsiroiro | 2008-10-18 14:38 | 女優



競馬・ネコ・F1・寺社仏閣巡り・ミリタリードラマ料理等 みのりの動画です      ミーちゃんの動画です
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
カーラブルーニ バッグ
from こんな時代です
信頼されないよ
from Anything Story
ケイアイガーベラ
from 30秒!ニュースで知る今の日本
フォゲッタブル 天皇賞
from ストロベリークォーツ
ブラウン首相
from 30秒で早読みニュース
インテル
from 35秒で1日のニュースを知る。
トリノの聖骸布 画像
from すぐ知りたい!今日気になるニ..
トリノの聖骸布 画像
from ミニスカ宇宙海賊
万哲 桜花賞
from ナチュラルグリーン
かきつばた記念 |複勝買い方
from 馬券予想新聞
ジュリー
from ディズニー 携帯
ジュリーwithザワイル..
from インフルエンザに注意
カーリング 世界ランキング
from すっきりお目覚め
医療機関・健康保険組合へ..
from お買得情報連絡便り
名古屋競馬
from みさきの出来事
不毛地帯
from おぎの日記
不毛地帯
from まりえの出来事
不毛地帯 再放送
from ナチュラルグリーン
ルワンダ虐殺
from 中国 お金
ルワンダ虐殺
from セカンドライフ 儲ける
記事ランキング
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析