人気ブログランキング |
累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
 ※いつも見に来て下さってアリガト キーワード拒否設定しております 悪しからず 
2008年 08月 22日 ( 11 )
33分探偵 4話ゲストに出演みたいです
  男子 陸上 400mリレー 決勝の興奮も冷めあらぬ状態ですが


ちと違う話題に


明日放送のフジ系ドラマ「33分探偵」に高橋かおりさんが出演されますよ。
by sportsiroiro | 2008-08-22 23:41 | 女優
北京オリンピック 男子 陸上 400mリレー 決勝 おめでと~
  やってくれたよ~


銅メダルだよ~~


朝原~~


でもジャマイカ、やっぱ速かったね。


塚原直貴選手、末続慎吾選手、高平慎士選手、朝原宣治選手

の4選手おめでとう。


メチャ感動ですよ。


ホント良くやってくれたよね。
by sportsiroiro | 2008-08-22 23:14 | スポーツ
北京オリンピック 男子 陸上 400mリレー 決勝
  もう少しでと言うのは


23時10からの放送なのですよ


日本の選手、メダル獲得ありですよね。


ライバルはジャマイカといわれてますね。


塚原直貴選手、末続慎吾選手、高平慎士選手、朝原宣治選手


頑張ってもらいたいですよね~
by sportsiroiro | 2008-08-22 22:52 | スポーツ
ヨーロッパGP 金曜フリー走行1回目
  日本時間17時から、F1世界選手権第12戦ヨーロッパGPの金曜フリー走行1回目(90分間)が、スペインのバレンシア市街地サーキットで行われた。

セッション開始時のコンディションは気温28℃、路面温度30℃、湿度64%。天候は晴れと言う。

最初にコースインしたのは、市街地サーキットを得意としているBMWザウバーのクビサ。さらにフェラーリを除く全車がインストレーションラップを早めに終えた。

コースはやはりグリーンな状態のようで、どのマシンも1周のインストレーションを行ってからはピットで待機。セッション開始から15分ほどが経過すると、トロ・ロッソのボーデとベッテルが再度コースインし、タイムアタックに入った。

バレンシア市街地サーキットで最初のタイム計測を行ったのはボーデ。1分49秒926というタイムを刻んでいる。各チームのシミュレーションでは、1分40秒台を切るタイムが出ることが予想されている。

さらにHonda Racing F1のバトンもタイムアタックを実施。まずは1分59秒798というタイムをマークした。ボーデは1分46秒934というタイムをたたき出している。セッション開始から22分ほどが経過したところで、フェラーリのライコネンがコースイン。チームメイトのマッサはガレージから離れていない。

その後多くのマシンがタイム計測に入った。トヨタは好調な滑り出しをみせ、残り時間1時間ほどになるとグロックが1分42秒902をマークして2番手、トゥルーリが1分43秒723を刻んで3番手。この時点でトップタイムをマークしているのは1分42秒755をマークしているライコネンだ。マッサは1分43秒840で4番手につけている。

マクラーレン勢もタイムアタックに入り、コバライネンが2番手となる1分42秒755をマーク。ハミルトンは1分43秒185を刻んでひとまず4番手につけた。クビサは5番手につけている。

残り時間48分となると、グロックが1分42秒698を刻んでトップに! 翌周のターン2をオーバースピードで進入してスピンを喫したが、広いランオフエリアのおかげもあって接触は免れている。

しかし直後にコバライネンが1分42秒298をマーク。だがハミルトンがセクター1、2で全体のベスト、セクター3で自己ベストタイムを刻んでトップタイムをたたき出した。タイムは1分32秒118だ。この時点でマクラーレンが1-2態勢となっている。

残り時間45分を切ると、地元スペインの英雄であるアロンソが3番手に浮上。さらにライコネンがマクラーレン勢の間に割って入った。

最初に1分42秒台の壁を破ったのはクビサで、1分41秒954をたたき出した。その後コバライネン、ハミルトンも1分41秒台を刻み、ライコネンが1分41秒569をたたき出してトップに。しかしハミルトンがセクター1、3で全体のベストをマークして、1分41秒272を刻んでトップに立った。残り時間は30分少々だ。

トヨタ勢はグロックが7番手、トゥルーリが11番手。Honda Racing F1勢はバリチェロが15番手、バトンが17番手。ウィリアムズの中嶋一貴は14番手につけている。

残り時間15分ほどになると、ベッテルが1分41秒910というタイムをたたき出して5番手に。これで1分41秒台に入ったのは、ハミルトン、クビサ、ライコネン、マッサ、コバライネンに続く6台目だ。

トップにつけているハミルトンは自らのタイムを0.04秒ほど更新し、1分41秒239をマーク。2番手クビサとのタイム差を0.237秒とした。

その後マッサがタイムを更新し、2番手タイムとなる1分41秒475をマーク。マッサはセクター1で再三最速タイムを刻んでいる。残り時間8分少々となると、13番手のハイドフェルド(BMWザウバー)以外の19台がコース上に出た。

その後コバライネンが1分41秒163をたたき出してハミルトンを上回ったが、ベッテルが1分40秒813をマーク! しかしハミルトンも1分41秒822を刻んでベッテルから0.009秒差につけた。残り時間は2分少々となり、全車がコース上で走行を重ねている。

残り1分を切るとボーデが1分41秒099をたたき出し、3番手に浮上! これでトロ・ロッソが1-3、マクラーレンが2-4態勢となった。さらに中嶋が8番手につけ、9番手につけるチームメイトのロズベルグよりも0.3秒以上速いタイムをマークした。

ベッテルがトップでセッション終了かと思われたが、文字通り最後のアタックでマッサが1分40秒654をたたき出し、トップタイムを奪取! しかしベッテルが最後のアタックで1分40秒496を刻み、再度トップに浮上! ここでセッション終了となった。

ヨーロッパGP金曜フリー走行1回目でトップタイムをたたき出したのは、トロ・ロッソのベッテル。2番手のマッサ、3番手のハミルトンを抑えた。上位3台のみが1分40秒台を刻み、4番手のボーデから13番手のスーティル(フォース・インディア)までが1分41秒台。14番手のグロックから17番手のバトンまでが1分42秒台。18番手のフィジケラ(フォース・インディア)、19番手のクルサード、20番手のウェバー(共にレッドブル)の3台は1分43秒台となった。クルサードはセッション終了直前にコースサイドにマシンを止めている。

バレンシア市街地サーキットで初めてF1マシンが走った90分間となったが、クラッシュを喫したり派手なスピンを喫するマシンはなし。路面状況はだんだんと改善されていったが、やはり常設コースと比べるとスリッピーな状況であることは間違いない。このあとのフリー走行でどこまでタイムが向上していくか注目だ。

フリー走行1回目で最も多くの周回を走行したのは、32周を走ったルノーのピケJr.。また、最も少なかったのはハミルトンだが、こちらも21周を走破しており、どのマシンもコース学習のために積極的にコース上で経験を積むことに集中していた。
by sportsiroiro | 2008-08-22 22:40 | F1
シート喪失を心配した事はないとスーティル
  フォース・インディアのスーティルは最高で15位、ドライバーズ選手権では21位という現状にもかかわらず、08年シーズンこれまでの自身のパフォーマンスに満足していると主張した。

ルーキーだった昨年、素晴らしい活躍で多くの賛辞を浴びたスーティルだが、ジャンカルロ・フィジケラとタッグを組んだ今年は全シーズンほどの輝きを放てていない。

フォース・インディア首脳陣らがスーティルとテストドライバーのリウッツィとの交代を考えていると言われた事もあったと言う。

そんなスーティルは『Formule 1 Race Report(F1レースリポート)』のインタビューで、「チームはいつも僕を支えてくれている。明らかに僕が問題を抱えていれば、解決するための時間を与えてくれるんだ」 と話し、こう続けている。

「報道ではいろいろと書かれているけど、僕はクビになるなんて考えたことはない」

また、シーズン序盤の不振については冬のテスト不足の影響だとしたスーティル。

経験豊富なチームメイトのフィジケラの方がシーズン序盤は明らかにスーティルを上回る成績だったものの、予選結果を6勝5敗としたスーティルはバランスを取り戻している。

「それほど悪くはないでしょ?」と語るスーティルは次のように続けた。

「マシンを限界でドライブすることに関しては僕らの間にそれほど違いはない。0.3秒の差があれば、それはまた別の話さ。でも、コインの裏か表かで物事が決まることだってたまにはある」

さらに、スーティルはグランプリで3勝を挙げたフィジケラと並んでレースをすることが、昨年とは異なる状況だとコメント。昨年はクリスチャン・アルバースや山本左近をパートナーに、スーティルは彼らの成績を容易に上回ることができていたのだ。

「僕はかなりうまくドライブしなきゃいけない。じゃなきゃ、彼の後方に甘んじることになるからね。昨シーズンは違った」

「(2007年は)どのセッションの前でも、“僕のチームメイトは0.5秒くらい遅いだろう”ってことが分かっていたんだ。今が自分のベストな状態だと思う。もちろん、昨年だって可能な限り速く走っていたけど、別のことだからね」

そう話したスーティルは自らがトップドライバーであると立証するために、モナコのようなチャンスを待っているのだと明かした。

「僕の一番の焦点はチームメイトに打ち勝つこと。でも、もしジャンカルロ(フィジケラ)の前に出られたとしても、それですぐに僕がフェラーリに行けるってことじゃないよ」

「もっといいチームに入るために、僕のキャリアの中で一番難しいステージだ。ジャンカルロを見てみれば、彼はF1で長いこといるけど、そのうち2、3回しか本当の意味でトップのマシンには乗っていない。時には運が必要なこともあるしね」

スーティルは09年もフォース・インディアに残留すると見られている。
by sportsiroiro | 2008-08-22 22:35 | F1
シームレスシフトを実戦投入
  3週間の休みを終えたF1選手権は全18戦中12戦目のヨーロッパGPで活動を再開する。同グランプリは完全に新しいイベントとして開催され、バレンシアの街中の公道が舞台。

昨年のアメリカズ・カップの開催地でもあるバレンシアのマリーナが臨時のストリートサーキットと化す。このレースは今年初めてカレンダーに登場したイベントで、08年に行われる3つの公道サーキットでのレースのうち2戦目にあたる。

ハンガリーの金曜フリー走行で新しいシームレスシフトギアボックスをテストしたフォース・インディアは今週末、その新たなユニットを初めて実戦投入する予定。チームはこれによって1周あたり0.3秒の改善が可能だとしている。

マイク・ガスコイン(CTO/最高技術責任者)

Q: ハンガリーの金曜日にシームレスシフトギアボックスを試し、バレンシアで実戦投入するという論理的根拠は何でしょうか?

マイク・ガスコイン: シルバーストーンで初めてシェイクダウンした際にこのギアボックスをテストした。その後、ヘレスでの3日間(のテスト)でもテストしたが、このような重要なコンポーネントを有効にするには十分ではなかったのだ。ハンガリーの金曜日に使ったのはさらなるテスト機会にするためで、さらに4レースで1基というルールによるギアボックス交換のペナルティを避けたかったのが理由である。ハンガリーでわれわれが使用したギアボックスは3戦目だったので、交換すればグリッドペナルティを受けることになっただろう。そのギアボックスでさらなる距離を走行した上で、この4戦サイクルからスタートすることにした。

Q: では1周あたりの最終的な結果はどうなると思われますか?

ガスコイン: われわれのシミュレーションでは1周あたり0.2秒から0.3秒の利点を示しており、ギアチェンジに手間取ることなくドライバーが早めにパワーを得るようなことがあればそれ以上も可能だろう。ドライバーはよりスムーズに加速できるようになるので、コーナリング時などの混乱が少なくなるはずだ。どのサーキットでもその力を最大限に引き出すためにはギアボックスの比重が常に重要なので、どこであろうとアドバンテージになるだろうから、ラップあたりの効果はどのサーキットでも一貫するだろう。

Q: シーズン中盤にギアボックスを導入することにかかわるプロセスは何だったのでしょうか?

ガスコイン: 限られたリソースでチームは本当にいい仕事をしたと思う。他のチームにはあってもわれわれは一時的なダイノやテストリグを持っておらず、小規模チームにとってシーズン中盤にこれだけ大規模なコンポーネントを導入することはビッグイベントだ。このギアボックスの作業に取り掛かることができたのは、われわれがフォース・インディアとなり、妥当なレベルの予算とリソースが機能してから。エンジニアリングの観点からして、実戦投入できる段階まで持ってきたチームは本当に素晴らしい仕事をしたと思うし、ギアボックス部隊はシームレスボックスの導入に向けてよくやってくれた。

Q: シーズン中盤での導入にリスクはありませんか?

ガスコイン: もちろん、制限されたマイレージの中でシーズン中盤にギアボックスを導入するというのにリスクを伴わないことなどないが、これは将来的にチームが必ず踏まなければならないステップだと思う。非常にマイナーな問題によってストップするまで最初のボックスは3レース分の距離を走っていたので、信頼性に関しては本当に、かなり優れた作動力だった。小さな問題があればそれを修正することになるだろうが、うまく対処できるはずだと思っている。

Q: チームはなぜ早い段階で導入しなかったのでしょうか?

ガスコイン: 純粋にリソースと財政的な問題が理由で導入できなかったのだ。導入できるだけのリスクを冒すエンジニアリングのリソースも予算もなく、今ようやくフォース・インディアはすべてがそろったということ。しかしながら、実際のプロジェクトの面ではとてもうまく取り組み、プッシュしてきたので、チーム全体の向上する勢いになっている。

Q: 新たなグランプリに向けてチームはどのような準備に取り組んでこられたのでしょうか?

ガスコイン: 新たなサーキットというのはチームに異なるチャレンジをもたらすが、エンジニアにとってもドライバーにとっても、おもしろいチャレンジになるだろう。それにバレンシア自体が魅惑的でユニークなイベントになるだろうしね。準備に関してはコースレイアウトを見て、それをコンピューターシミュレーションに入れて取り組んだので、サーキット特性については公正なアイデアがある。しかしながら、タールマックの特性やタイヤの反応がどうか、縁石を使うか使わないかなど、実際にコースを走るまではつかめないことも多く、コンピューターでは理解しきれない部分もある。忙しくはなるだろうが、いいチャレンジになるだろうね!

ビジェイ・マルヤ(チェアマン&マネージングディレクター)

Q: シーズン後半戦ですが、チームの目標は何でしょう?

ビジェイ・マルヤ: 2008年に関してはシームレスシフトギアボックスがわれわれの最後の開発だ。この後、われわれは2009年に焦点をあててシーズン後半戦に臨む。しかしながら、チャンスがあればそのチャンスを最大に生かしていくつもりだ。実際にフォース・インディアはレースコンディションでコンペティティブであることを示してきたし、適切な環境下ではチャンスさえあればポイントを獲得できるということも立証してきた。それに公道サーキットでのパフォーマンスも優れていることから、われわれにとって今回はいいチャンスになるかもしれない。こういった機会が訪れた際にはアドバンテージを得られるようにするためにも100%の信頼性が必要になってくる。

Q: 08年もまだチャンスはあるかと思いますが、08年と009年に関してリソースはどのように分割するのでしょうか?

マルヤ: 2009年が大きなチャンスになるが、今年もまだチャンスはある。可能性のあるチャンスが訪れても、われわれがそこから目を離してしまえばいい結果を出せるのに、それを失ってしまうことになる。とはいえ、確実性を持つためにもシーズン終盤に向けて、09年に向けた作業が増すだろう。

Q: 初めてバレンシアに行くことになりますが、この見通しをもってして興奮されていますか?

マルヤ: ああ、もちろんだ。バレンシアはレースの開催地には素晴らしい場所だと思うし、ちょっとモナコのようでもあるね。サーキットのプランを見たが、街の最新地区を通り抜けるようだ。マシンがマリーナやボートをバックに走る様は絶景だと思うよ。チームやファン、スポンサーにとって素晴らしいイベントになると思う。

コリン・コレス(チーム代表)

Q: 3週間の休み中、チームはどのように過ごされたのでしょうか?

コリン・コレス: 3週間の休みは何カ月もテストやレースで大忙しだったレースチームにとっては、束の間の休息となるいい機会だった。今年は18戦あるので、長いシーズンになる。だから、少しでも落ち着いた時間を過ごすのはいいことだ。それでも、ハンガリーでシームレスシフトギアボックスをテストし、試したことを受けて、われわれが完全に作業を休止していたわけではない。データを見てバレンシアでの実戦投入に向けて準備を完ぺきにすべく取り組んできた。また、ロッテルダムのレーシングイベントにも参加し、チームやドライバーたちにとって素晴らしい時間を過ごしている。

Q: バレンシアは新たなグランプリとなりますが、カレンダーにおける新しいイベントについてどうお考えですか?

コレス: F1には新鮮さが必要なので、可能性のある新たな市場に打って出ることはいいことだと思うし、商業的な機会を得るのもいいことだと思う。スペインはもう長いことレースを開催してきているが、今回のレースは完全に新しい開催地であり、はっきりとした公道レースは世界の舞台でも人気を博すことになるだろう。こういう機会は新たなブランドやファンをF1に引きつけるチャンスとなる。

Q: バレンシアはカレンダー上に3つある公道レースのひとつですが、F1にはこのようなレースがもっと必要だと思われますか?

コレス: 誰もが公道レースを好んでいると言うのは私だけではないと思う。普段、自分が走っているところをマシンがどれだけの速さで走行するのかを知ることは真の速さと正確さが求められるということを知ることになる。ガードレールも非常に近く、何が起きてもおかしくないので、レースはいつも以上に予測が困難だ。バレンシアのレースは真の伝統になると思う。

フィジケラ

「短い休みが明けてまたマシンに乗れることを本当に楽しみにしている。家族と一緒に時間を過ごして、トレーニングに励んだりもしたから、リフレッシュできているし、シーズン残りのレースに向けて準備万端さ。ホームのモンツァをはじめ、僕の大好きなサーキットでのレースも残っているからね。シーズン後半戦の僕の目標は優れた信頼性を持ち、すべてのレースで完走すること、そしてチャンスがあればポイントを獲得することだ」

「バレンシアは誰にとっても真新しいサーキットだから、いいチャレンジになる。とても速そうだし、何より公道サーキットだからね。(チケットが)完売だって聞いたから、雰囲気もすごいことになりそうだ。それに僕らはシームレスシフトギアボックスを実戦投入できるから、それもうれしい。これまではいい戦いができている。特にHondaとはね。だから、このギアボックスを投入することで1周あたりコンマ数秒を得られれば彼らの前に出られるはずだ。かなり混戦だから、どんな新しい開発パーツでも僕らを彼らに近づけてくれると思っている」

スーティル

「夏休み中は山でトレーニングに励んでいた。終盤にはフライアウェイでのレースが4戦あるから、シーズン後半戦に備えてね。僕らは昨年と同じサーキットでいいレースをしてこられているし、(昨年は)富士で初ポイントを獲得できたから、そういうレースに期待しているのは間違いないよ。バレンシアとシンガポールの新しいグランプリはどちらも公道レース。このタイプのサーキットで僕らはいいレースをしているから、いい位置でフィニッシュするチャンスはあるはずだ」

「次戦のバレンシアについては、初めてレースでシームレスシフトギアボックスを使うことになるから、願わくは予選でもう少しいい位置につけるだけのコンマ数秒につながればと思う。これがシーズン後半の目標になるだろう」


少しでもライバルチームに近づけるのか・・・

そう信じたいね。
by sportsiroiro | 2008-08-22 22:26 | F1
パキスタン大統領選 9月6日に実施、ムシャラフ氏辞任受け 
  パキスタン選挙管理委員会は22日、ムシャラフ大統領が今月18日に辞任した事を受けた大統領選を今年9月6日に実施する、と発表した。上下両院と4州の州議会が選ぶ間接選挙となる。

ムシャラフ氏を辞任に追い込んだパキスタン人民党、パキスタン・イスラム教徒連盟シャリフ派などによる連立政権では擁立候補で合意が成立していない。人民党のザルダリ共同総裁が浮上しているが、シャリフ派との意見調整が必要となっている。

連立政権は議会で多数派を獲得しており、候補者で合意すれば当選はほぼ確実となっている。

陸軍参謀長時代に軍クーデターを起こし9年間、政権を握っていたムシャラフ氏は、在任時代の最高裁長官の更迭などで憲法違反行為があったとして野党の弾劾手続きに直面していた。同氏は辞任を「国政混乱をさけるため」としていたが、この弾劾を避ける意味合いが強かった。米英、サウジアラビアなどへの亡命も考慮しているとされる。
by sportsiroiro | 2008-08-22 22:18 | ニュース
こんな私なのよ・・・
  今日・・・いや昨日だ


昨日の事、会社でちょいとケガと言うか、ひとさし指を切っちゃって・・・


そんな大した事ないんだけど


血がちと出ちゃって、切った時って出ちゃうよね


で、止血、止血・・・


何だか、気分が・・・


見えてる映像がテレビの砂嵐に・・・


ガックシ


やっぱダメなのよね~


やん、昔っから手を切った時とか気分が悪くなっちゃって・・・


でもね、テレビとかで手術の映像とかは少しは大丈夫なのに。


こんなやんなんですよ、ちょっと弱っち~でしょ、ダメでしょ。
by sportsiroiro | 2008-08-22 00:40 | 日日
パキスタン首都近くの軍需工場 自爆攻撃が2件、死者多数 
  パキスタン警察は21日、首都イスラマバード近くの町にある国営の武器製造工場で自爆テロが2件発生し、50人以上が死亡、70人以上が負傷したと述べた。死傷者が増える恐れもある。

現場はイスラマバードから西へ約35キロ離れたワー町で、自爆犯2人は異なる工場出入り口でそれぞれ起爆していた。ほぼ同時間での爆発だった。多数の工場従業員が仕事を終え、帰宅に向かう勤務シフトの交代時間を狙った犯行だった。

実行犯の背後関係は不明。同町は弾薬、兵器類などパキスタンの軍需産業の中心地とされ、工場も密集している。

パキスタンの北西辺境州では政府軍によるイスラム過激派の掃討作戦が続き、衝突も多発している。武装勢力は政府軍への報復も宣言している。今年2月の総選挙で誕生した人民党などの連立政権はイスラム過激派との対話路線を提唱、交渉していたが、武装勢力側が今年6月、打ち切っていた。同州では19日、病院の緊急出入り口で爆弾が爆発、少なくとも23人が死亡、15人-20人が負傷している。
by sportsiroiro | 2008-08-22 00:37 | ニュース
ノルウェーに通知 露、NATOとの軍事協力を全面凍結か 
  ノルウェー国防省当局者は20日、露が同国に対し、NATOとの軍事協力の全面凍結を予定していると通知してきたと述べた。AP通信が報じた。

NATO外相理事会が19日、グルジア情勢に関連し、露に和平原則に則った速やかな部隊撤収を要求、「NATO露理事会」や合同軍事演習を当面中断する事を決めた事に反発した可能性がある。

モスクワのノルウェー大使館が露国防省の高官からの電話で説明されたという。書簡を送り、通知するとも語ったという。AP通信によると、露大統領府はコメントしていない。ブリュッセルのNATO本部当局者はロシアから通知は受けていないとしている。

露のインタファクス通信はモスクワの軍事外交筋の情報として、露政府が08年に予定していたNATOとの軍事協力を見直していると伝えた。

ただし、ロイター通信によると、露のロゴジン駐NATO大使は、凍結は一時的で、協力全般に及ぶものではないとし、アフガンのテロ対策での協力は続けることを示唆。極東や地中海、バルト海での海軍演習が凍結対象だと説明した。

今のところ、ロシア側は協力凍結について発表していない。

NATO露理事会が設置された02年の合意では、NATOによる地中海での対テロ警戒活動への露軍艦船の参加、アフガンでのヘロイン密輸対策での協力などが盛り込まれていた。
by sportsiroiro | 2008-08-22 00:30 | ニュース



競馬・ネコ・F1・寺社仏閣巡り・ミリタリードラマ料理等 みのりの動画です      ミーちゃんの動画です
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
カーラブルーニ バッグ
from こんな時代です
信頼されないよ
from Anything Story
ケイアイガーベラ
from 30秒!ニュースで知る今の日本
フォゲッタブル 天皇賞
from ストロベリークォーツ
ブラウン首相
from 30秒で早読みニュース
インテル
from 35秒で1日のニュースを知る。
トリノの聖骸布 画像
from すぐ知りたい!今日気になるニ..
トリノの聖骸布 画像
from ミニスカ宇宙海賊
万哲 桜花賞
from ナチュラルグリーン
かきつばた記念 |複勝買い方
from 馬券予想新聞
ジュリー
from ディズニー 携帯
ジュリーwithザワイル..
from インフルエンザに注意
カーリング 世界ランキング
from すっきりお目覚め
医療機関・健康保険組合へ..
from お買得情報連絡便り
名古屋競馬
from みさきの出来事
不毛地帯
from おぎの日記
不毛地帯
from まりえの出来事
不毛地帯 再放送
from ナチュラルグリーン
ルワンダ虐殺
from 中国 お金
ルワンダ虐殺
from セカンドライフ 儲ける
記事ランキング
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析