人気ブログランキング |
累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
 ※いつも見に来て下さってアリガト キーワード拒否設定しております 悪しからず 
イタリアGP 予選
  13日(土)日本時間21時から、第14戦イタリアGP公式予選が、イタリアのモンツァ・サーキットで行われた。

セッション開始時のコンディションは気温18℃、路面温度19℃、湿度83%。予選開始数分前から雨がパラパラと落ちていることもあり、路面状況はウエットだ。

予選Q1:20分間

路面状況が悪化する可能性もあるため、セッション序盤からほとんどのドライバーがコースイン。ルイス・ハミルトン(マクラーレン)はガレージを離れるタイミングをワンテンポずらしたが、全車がコース上という状況となった。路面上の雨量もかなりのレベルとなっているため、どのマシンもエクストリームウエットタイヤを装着している。

最終コーナーのパラボリカでハイドフェルド(BMWザウバー)がスピンするシーンがあったが、なんとかグラベルにははみ出さずにコース復帰。とにかく前車のウオータースクリーンで視界がさえぎられるため、できる限りスペースをあけてアタックに挑みたいところ。まずはグロック(トヨタ)が1分39秒655をたたき出してトップに立った。

その後ハミルトンがトップに立ったが、1分37秒056をたたき出したグロックが再度トップに。ヘイキ・コバライネン(マクラーレン)が1分37秒571で2番手につけた。またスーティル(フォース・インディア)が1分37秒967で6番手に浮上した。

スーティルは1分37秒314にタイムを更新して3番手。またコバライネンが1分36秒405を刻んでトップに立った。トップタイムはどんどん更新されていっているため、マシンが走ることによってレーシングラインのコンディションが上がっていると考えられる。

残り時間6分の時点でQ1ノックアウト圏内にいるのは、16番手のトゥルーリ(トヨタ)以下、ライコネン(フェラーリ)、ウェバー(レッドブル)、ピケJr.(ルノー)、フィジケラ(フォース・インディア)の5台。しかしライコネンは7番手に浮上し、スーティルがノックアウト圏内に落ちた。この時点でのトップタイムは1分35秒770で、コバライネンがマークしている。

セッション残り時間は3分。中嶋一貴(ウィリアムズ)が16番手に落ち、17番手はピケJr.。18番手にバトン(Honda Racing F1)、19番手がスーティル、20番手がフィジケラとなった。トップのコバライネンは1分35秒214というタイムを刻んでいる。

残り1分でバトンが14番手、フィジケラが13番手に浮上。中嶋は最後のアタックに挑んだがターン1でミスしてしまった。フィジケラはその後18番手に落ちたものの、最後のアタックで12番手!

ここでセッションが終了。Q1敗退となる16番手以下のドライバーは、バリチェロ(Honda Racing F1)、ピケJr.、中嶋、バトン、スーティル。

Q1ではコバライネンが1分35秒214というトップタイムをたたき出し、ハミルトンが0.2秒差の2番手につけた。3番手にはベッテル(トロ・ロッソ)がつけ、金曜日から良いパフォーマンスを残しているロズベルグ(ウィリアムズ)が4番手だ。

コバライネンはセクター1、2で最速タイムを刻んだが、セクター3の最速タイムはヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)がマークしている。

予選Q2:15分間

ボーデ(トロ・ロッソ)からコースインし、フォース・インディア初のQ2進出を達成したフィジケラが続いた。Q1同様、どのマシンも序盤からタイムを刻んでいく。ライコネンがアスカリシケインの出口でコースオフしたが、なんとかランオフエリアを使ってコースに戻った。ベッテルが1分35秒837というトップタイムをマークしている。

ハミルトンはワンテンポ遅れてコースインしたが、雨は強さを増している。そのためハミルトンは1回目のアタックで1分39秒398というタイムを残したが、2周目のアタックでは1分39秒455。結果的に15番手を脱出できず、このままではQ2敗退濃厚だ。ライコネンも14番手、マッサは10番手でセッション残り時間は5分となった。

ハミルトンはアスカリシケインの出口で完全にスピン! 最速タイムを更新することができない。残り時間3分の時点でQ3進出圏内のタイムまでは、約3秒差。ハミルトンのQ3進出がかなり厳しい状況となった。

セッションはそのまま終了! 11番手のクビサ(BMWザウバー)以下、フィジケラ、クルサード、ライコネン、ハミルトンがQ2敗退となった。雨がだんだんと強くなるコンディションで、わずかにタイム計測を遅らせたドライバーが軒並みタイムを更新できなかった。ランキング1位、3位、4位のドライバーがトップ10に入れなかったことで、決勝レースがエキサイティングなものになると予想される。

Q2のトップタイムはベッテルがたたき出した1分35秒837で、Q1の自身ベストタイムから0.4秒落ち。トヨタの2台もQ3進出を決めた。またロズベルグが3番手タイムを刻み、一貫したパフォーマンスを見せている。

予選Q3:10分間

イタリアGPのポールポジションを決める予選Q3がスタート。先陣を切ってコースに出たのはティモ・グロック(トヨタ)、さらにマッサが続いた。セッション開始とともにコースに出たのは9台で、ワンテンポ遅れてウェバーもガレージを離れた。

序盤から各車タイム計測を行い、まずはコバライネンやボーデが好タイムをマーク。その後ベッテルが1分37秒555をたたき出し、トップに浮上した。セッション残り時間が3分となった時点では、トップのベッテル以下、コバライネン、ウェバー、ロズベルグ、ボーデ、トゥルーリ、マッサ、アロンソ、グロック、ハイドフェルド。

残り時間は1分を切り、各車最後のアタックに入った。マッサは6番手に浮上。一方のコバライネンは2番手。これでベッテルのポールポジションが決定した! ボーデも4番手となり、トロ・ロッソが予選で輝きを放った。

予選結果が確定した。F1参戦22戦目にして初ポールポジションを獲得したのはトロ・ロッソのセバスチャン・ベッテル! F1史上最年少記録(21歳73日)を打ち立てた。2番手がコバライネンとなり、3番手にウェバー、4番手にボーデとなった。5番手はロズベルグで6番手がマッサ、7番手にトゥルーリがつけ、8番手にアロンソ。グロックが9番手でハイドフェルドが10番手となった。

日本勢ではトヨタがトップ10に2台を送り込んだ一方、Honda Racing F1はバリチェロが16番手、バトンが19番手。ウィリアムズの中嶋は18番手だった。

またハミルトン、ライコネン、クビサといったランキング上位勢がQ2敗退となったことも注目に値する。


ベッテルが初PP!

メチャ嬉

ベッテルも嬉しいけど、フォース・インディアのフィジケラが初のQ2進出を達成ですよ

おめでと~

しかもニャント!!12番手からのレース、後ろにはハミルトン、ライコネンがいるし。

スーティルは後方の20番手からのスタート。

雨には強いからな~

決勝は雨が降るんでしょうか?雨降ってほしいな~
by sportsiroiro | 2008-09-14 00:12 | F1
<< やんのど~んと行ってみよう。セ... やんのど~んと行ってみよう予想... >>



競馬・ネコ・F1・寺社仏閣巡り・ミリタリードラマ料理等 みのりの動画です      ミーちゃんの動画です
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
カーラブルーニ バッグ
from こんな時代です
信頼されないよ
from Anything Story
ケイアイガーベラ
from 30秒!ニュースで知る今の日本
フォゲッタブル 天皇賞
from ストロベリークォーツ
ブラウン首相
from 30秒で早読みニュース
インテル
from 35秒で1日のニュースを知る。
トリノの聖骸布 画像
from すぐ知りたい!今日気になるニ..
トリノの聖骸布 画像
from ミニスカ宇宙海賊
万哲 桜花賞
from ナチュラルグリーン
かきつばた記念 |複勝買い方
from 馬券予想新聞
ジュリー
from ディズニー 携帯
ジュリーwithザワイル..
from インフルエンザに注意
カーリング 世界ランキング
from すっきりお目覚め
医療機関・健康保険組合へ..
from お買得情報連絡便り
名古屋競馬
from みさきの出来事
不毛地帯
from おぎの日記
不毛地帯
from まりえの出来事
不毛地帯 再放送
from ナチュラルグリーン
ルワンダ虐殺
from 中国 お金
ルワンダ虐殺
from セカンドライフ 儲ける
記事ランキング
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析