人気ブログランキング |
累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
 ※いつも見に来て下さってアリガト キーワード拒否設定しております 悪しからず 
ヨーロッパGP 土曜フリー走行
  23日(土)、日本時間18時(現地時間11時)から、08年F1世界選手権第12戦ヨーロッパGPの土曜フリー走行(60分間)が、スペインのバレンシア市街地サーキットで行われた。

セッション開始時のコンディションは気温27℃、路面温度29℃、湿度64%。上空は曇りとなっているが、雨が降る様子はない。ただ日が照っていた昨日と比べ、路面温度は少し低めになっている。

セッション開始後、多くのマシンがインストレーションラップを実施。やはり路面のラバーが落ちている模様で、セッション序盤のコースコンディションレベルは低くなっているようだ。

最初にタイム計測を行ったのはフォース・インディアのスーティル。まずは1分42秒843というタイムを刻んできた。さらにチームメイトのフィジケラもアタックしたが、1分43秒518というタイムになっている。

その後フェラーリのフェリペ・マッサをはじめ、多くのマシンがタイムアタックを実施。セッション最初の15分を終えた頃にはライコネンが1分31秒030をマークしてトップに立った。まだマクラーレン、レッドブルといったチームはタイム計測を行っていない。

セッション最初の30分が終了し、トップタイムを刻んでいるのはベッテル。タイムは1分40秒109だ。2番手にクビサ、3番手にロズベルグ、4番手にボーデ、5番手にクルサードと続いている。10番手のスーティルまでがこの時点で1分40秒台を刻んでいる状況だ。ウィリアムズの中嶋一貴は7番手、グロックは6番手となっている。

気になるのがトヨタのトゥルーリとマクラーレンのハミルトン。セッション前半でタイム計測を行わなかったのはこの2台だけだ。ハミルトンは残り時間25分あたりでタイム計測のためにコースに出てきたが、トゥルーリはヘルメットもかぶらずにガレージにおり、なんらかのトラブルに見舞われている可能性もある。

ハミルトンは1回目のアタックでセクター1の最速タイムをマーク。しかしセクター2のターン10でわずかにオーバーラン。それでもその後のアタックで1分40秒060を刻んだ。

しかし、再びトップタイムを塗り替えたのはベッテルで1分39秒584というタイムを刻んできた。2番手にはボーデがつけ、1分39秒593をたたき出している。3番手には1分39秒999をマークしたクビサだ。

セッション残り時間は15分少々となり、マッサも1分39秒610をマークして3番手。またバトンが全セクターで自己ベストタイムをたたき出し、1分39秒628をマーク。4番手につけた。バトンはハードタイヤ(ソフトコンパウンド)での走行だ。

セッション残り時間は10分ほど。ここまで1周のインストレーションラップしか行っていないトゥルーリがコースに出たが、タイムを計測することなく再びガレージに戻ってしまった。

残り時間5分ほどになると、ここまで下位タイムしか出していなかったピケJr.が1分39秒452というトップタイムをたたき出した。しかしハミルトンがソフトタイヤ(スーパーソフトコンパウンド)を装着し、1分39秒314をマーク。トップに立った。残り時間は3分少々だ。

するとボーデがソフトタイヤで1分49秒009をマークしてトップタイム。さらに中嶋が1分39秒270で2番手に浮上した。その後クビサが1分38秒754を刻み、トップに躍り出た。また、ハミルトンがシケインでスピンするシーンもあったが、ウオールなどには接触することなくコースに復帰している。

残り時間1分を切るとアロンソがセクター1でファステストを刻むが、セクター2のターン10でオーバーランし、タイムをロスした。チェッカー目前にロズベルグがセクター1で全体のベストをたたき出し、1分38秒877を刻んで2番手に。ここでセッション終了となった。

ヨーロッパGP土曜フリー走行でトップタイムを刻んだのは、クビサ。たたき出した1分38秒754は今週末の最速タイムだ。2番手には1分38秒877をマークしたロズベルグ。この2台だけが1分38秒台を刻んだ。

3番手にはボーデがつけ、4番手に中嶋。5番手にマッサ、6番手にベッテル、7番手にハミルトン、8番手にハイドフェルド、9番手にクルサード、10番手にピケJr.となった。3番手ボーデから16番手のグロックまでが1分39秒台、17番手のスーティルから19番手のバリチェロまでが1分40秒台だ。トップから13番手のアロンソまでが1秒以内の差となっている。

気になるのはトゥルーリ。このセッションで唯一タイム計測を行えずにノータイムとなり、わずか2周の走行にとどまった。また14番手のコバライネンや15番手のライコネンが予選でどこまでポジションを上げてくるかにも注目だ。

このセッションでは22周を走ったグロックが最多周回者となった。
by sportsiroiro | 2008-08-23 20:38 | F1
<< 空爆でタリバン多数殺害と米軍 ... やんのど~んと行ってみよう予想... >>



競馬・ネコ・F1・寺社仏閣巡り・ミリタリードラマ料理等 みのりの動画です      ミーちゃんの動画です
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
カーラブルーニ バッグ
from こんな時代です
信頼されないよ
from Anything Story
ケイアイガーベラ
from 30秒!ニュースで知る今の日本
フォゲッタブル 天皇賞
from ストロベリークォーツ
ブラウン首相
from 30秒で早読みニュース
インテル
from 35秒で1日のニュースを知る。
トリノの聖骸布 画像
from すぐ知りたい!今日気になるニ..
トリノの聖骸布 画像
from ミニスカ宇宙海賊
万哲 桜花賞
from ナチュラルグリーン
かきつばた記念 |複勝買い方
from 馬券予想新聞
ジュリー
from ディズニー 携帯
ジュリーwithザワイル..
from インフルエンザに注意
カーリング 世界ランキング
from すっきりお目覚め
医療機関・健康保険組合へ..
from お買得情報連絡便り
名古屋競馬
from みさきの出来事
不毛地帯
from おぎの日記
不毛地帯
from まりえの出来事
不毛地帯 再放送
from ナチュラルグリーン
ルワンダ虐殺
from 中国 お金
ルワンダ虐殺
from セカンドライフ 儲ける
記事ランキング
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析