人気ブログランキング |
累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
 ※いつも見に来て下さってアリガト キーワード拒否設定しております 悪しからず 
ドイツGP 予選
  日本時間19日(金)の21時から、第10戦ドイツGPの公式予選が、ドイツのホッケンハイムリンクで行われた。

セッション開始時のコンディションは気温23℃、路面温度27℃、湿度48%だ。雨の予報もされており、サーキット上空には雲が立ち込めている。しかし、まだ路面コンディションはドライ。

予選Q1(20分間)

Q1がスタートとなり、まずはウィリアムズのロズベルグからコースイン。さらにフォース・インディアや2台やグロック(トヨタ)らも続いた。雨が降る可能性があることから、フェラーリ勢も序盤からコースインの準備を実施し、まずはライコネンがガレージを離れた。

最初の5分を終えた段階でまだコースインしていないのは、BMWザウバー勢、ルノー勢、そしてトゥルーリ(トヨタ)とハミルトン(マクラーレン)の6台のみ。それ以外のマシンはコースインし、タイム計測も積極的に行っている。

Q1で最初に1分15秒台のタイムをマークしたのはフェリペ・マッサで、1分15秒884を刻んだ。続いてライコネンが1分15秒627をたたき出し、トップに躍り出た。残り時間が12分ほどとなり、ハミルトンがコースイン。チームメイトのコバライネンはタイムアタックに入っている。

残り時間10分を切ると、ハミルトンが1分15秒218をたたき出してトップに立つ。さらにBMWザウバー勢もコースインし、ハイドフェルドが5番手、クビサが7番手につけた。

残り時間5分を切った時点でQ1敗退の危機にいるのは16番手のスーティル(フォース・インディア)以下、トゥルーリ、クルサード(レッドブル)、フィジケラ(フォース・インディア)、ピケJr.(ルノー)。
残り3分となったところでマッサが1分14秒921をマーク! 今週末初めての1分14秒台を刻んだ。ライコネンがセクター1で自己ベスト、セクター2で全体のベストを刻んだが、1分15秒201。これで2番手につけた。

ノックアウト圏内に落ちていた中嶋一貴が最後のアタックで14番手タイムを残したが、バトンとアロンソにかわされ、最終的に16番手。

ここでQ1が終了となり、Q2に進出できない5台が決定。16番手の中嶋以下、ピケJr.、バリチェロ、スーティル、フィジケラという面々だ。中嶋は15番手のバトンから0.1秒差だった。

Q1でトップタイムをたたき出したのはマッサ。2番手にライコネンがつけた。またトヨタの2台はどちらも1分15秒560という同タイムを刻んでいた。しかしこのタイムを先にマークしたのがトゥルーリだったため、トゥルーリが6番手、グロックが7番手となっている。

予選Q2(15分間)

Q2が開始となったが、すぐにコースインするドライバーはなし。雨の予報もあったが、今はまだドライコンディションを保っている状況だ。

Q2開始後4分が経過し、まずはライコネンからコースイン。さらにマッサも続いたが、両者ともにソフトタイヤを装着している。その後、多くのマシンがガレージを離れたが、いつものように、BMWザウバー勢だけはまだ待機している。

ライコネンは1分14秒949をマーク。しかしマッサが1分14秒747をたたき出して上回った。グロックは1分15秒508。しかしハミルトンがセクター1、2で全体のベストをたたき出し、1分14秒603をマークしてトップに立った!

残り時間6分という時点でBMWザウバーの2台がQ2初めてのコースイン。クビサからタイムアタックに入り、1分15秒382をマークして7番手。ハイドフェルドは1分15秒581で10番手だ。

これで全ドライバーが1回目のタイムアタックを終了。この時点でQ2敗退の危機にあるのは11番手のクルサード以下、ロズベルグ、ベッテル、ボーデ、バトンの5人。一方、マクラーレンとフェラーリの4台だけが1分14秒台のタイムを刻んでいる状況だ。

残り時間2分を切ると、5番手以下の11台がコースイン。最後のアタックに向かった。ベッテルはセクター1で自己ベストを刻んでいたものの、セクター2のターン6でブレーキングミスしてオーバーラン。それでも自己ベストタイムをマークし、8番手にポジションを上げた。

ハイドフェルドも同じターン6でオーバーラン。これで大きくタイムロスしてしまい、タイムアタックをやめてしまった。

ここでセッション終了! Q2敗退となったのは11番手のグロック以下、ハイドフェルド、ロズベルグ、バトン、ボーデの5名。グロックは10番手のウェバーから0.03秒差だった。

Q2でトップタイムをたたき出したのはハミルトンで、1分14秒603をマーク。また驚くべきことに、アロンソが1分14秒943というスーパーラップを披露して4番手に食い込んだ。5番手のライコネンよりも0.006秒上回っている。またクビサは6番手に入り、チームメイトのハイドフェルドよりも0.5秒以上速いタイムをたたき出している。

予選Q3(10分間)

ポールポジションを懸けて10台が激突する予選Q3がスタート。まずはハードタイヤ(ハードコンパウンド)を履いたトゥルーリからコースイン。タイムは1分17秒126だ。

さらに全10台がコースイン。フェラーリ勢やマクラーレン勢はソフトタイヤを装着している。残り4分の時点でトップタイムをマークしたのは1分16秒323のマッサ。アロンソが1分16秒6で2番手、ハミルトンが1分16秒7で3番手だ。クビサが1分16秒965を刻み4番手。ここまでが1分16秒台を刻んでいる面々だ。

ライコネンはタイムを伸ばすことができず、1分17秒1で5番手。コバライネンはセクター3でミスをし、1分19秒台だ。

残り時間は2分を切り、各車最後のタイムアタックに出て行った。上位勢ではライコネンが最初にタイム計測に入り2番手。しかしマッサがさらに速いタイムをマークした!

それでもコバライネンがライコネンを上回り2番手。しかし最後にハミルトンが最速タイムをマークした!

ここで予選が終了! ドイツGPのポールポジションを獲得したのは、マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトン。1分15秒666というタイムを刻み、2番手のマッサに0.2秒差をつけた。そして3番手にはコバライネン。

4番手にはトヨタのトゥルーリ! さらに5番手にアロンソがつけ、6番手のライコネンを抑えて2強に割って入った。7番手にはクビサ、8番手にウェバー、9番手にベッテル、10番手にクルサードとなっている。

ハミルトンはカナダGP以来、今シーズン3回目のポールポジションを獲得した。


フォースインディアのスーティルは、19番手

フィジケラは20番手からのスタート・・・

トロ・ロッソのベッテルは9番手

ボーデが15番手。

ベッテルはポイント獲得できるかな。

フォースインディアは何とか完走をして欲しいね。
by sportsiroiro | 2008-07-19 22:44 | F1
<< やんのど~んと行ってみよう予想... 会社のお食事会 >>



競馬・ネコ・F1・寺社仏閣巡り・ミリタリードラマ料理等 みのりの動画です      ミーちゃんの動画です
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
カーラブルーニ バッグ
from こんな時代です
信頼されないよ
from Anything Story
ケイアイガーベラ
from 30秒!ニュースで知る今の日本
フォゲッタブル 天皇賞
from ストロベリークォーツ
ブラウン首相
from 30秒で早読みニュース
インテル
from 35秒で1日のニュースを知る。
トリノの聖骸布 画像
from すぐ知りたい!今日気になるニ..
トリノの聖骸布 画像
from ミニスカ宇宙海賊
万哲 桜花賞
from ナチュラルグリーン
かきつばた記念 |複勝買い方
from 馬券予想新聞
ジュリー
from ディズニー 携帯
ジュリーwithザワイル..
from インフルエンザに注意
カーリング 世界ランキング
from すっきりお目覚め
医療機関・健康保険組合へ..
from お買得情報連絡便り
名古屋競馬
from みさきの出来事
不毛地帯
from おぎの日記
不毛地帯
from まりえの出来事
不毛地帯 再放送
from ナチュラルグリーン
ルワンダ虐殺
from 中国 お金
ルワンダ虐殺
from セカンドライフ 儲ける
記事ランキング
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析