人気ブログランキング |
累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
 ※いつも見に来て下さってアリガト キーワード拒否設定しております 悪しからず 
イギリスGP 予選
  日本時間5日(土)の21時から、08年F1世界選手権第9戦イギリスGPの公式予選が、イギリスのシルバーストーン・サーキットで行われた。

午前中に行われた土曜フリー走行はウエットからドライにコンディションに変わる状況だったこともあり、最後にソフトタイヤでアタックをしたアロンソがトップタイム。

一方でフェラーリやBMWザウバーは中団以降に沈んでいたが、予選ではどういった展開になるのであろうか。

予選開始時のコンディションは気温20℃、路面温度30℃。天候は曇りだが、予選中に雨が落ちてくる可能性もあるようだ。そうなればアタックのタイミングによってポジションが左右される場合もあるため、ドライバーとレースエンジニアの決断に注目が集まりそうだ。

ピットレーン出口のシグナルがグリーンに変わり、20分間の予選Q1がスタート。上空には灰色の雲が迫っているため、どのチームも早めのコースインを決断している。セッション開始から2分後には、全車がコース上という状況となった。いつもはワンテンポ遅れてコースインするBMWザウバーやフェラーリもアタックに向かっている。

全ドライバーが1回目のタイムアタックを実施し、まずはアロンソがトップタイムをマーク。
1分20秒998を刻んでいる。しかし多くのドライバーは2周目のアタックでタイム更新ができそうだ。

ハミルトンが2周目のアタックで1分20秒288を刻み、トップに躍り出た。ライコネン、マッサのフェラーリ勢が2、3番手で続き、4番手にウェバー。5番手にアロンソだ。

その後コバライネンが1分19秒957をハードタイヤでマークし、トップに躍り出た。また中嶋一貴がチームメイトのロズベルグを0.2秒上回り、13番手。残り時間は7分少々だ。

残り時間6分となった頃に雨が落ち始めた。スタンドに陣取る観客たちもレインコートを着用したり傘を差している。路面温度が22℃まで下がっており、このセッションではこれ以上のタイムアップが望めなさそうだ。

Q1の残り時間は4分となったが、雨がかなり落ちてきているため、すでに全車がガレージに戻っている。この時点でノックアウト圏内にいるのは16番手のバリチェロ以下、ロズベルグ、バトン)、スーティル、フィジケラ。中嶋は15番手、ボーデが14番手につけている。

残り時間は1分を切り、14番手のボーデ、16番手のバリチェロ、18番手のバトン、19番手のスーティル、20番手のフィジケラが再コースイン。ボーデはセクター2でファステストを刻み、6番手に浮上した。コースコンディションの悪化はあまりないようだ。

またフィジケラはセクター1で自己ベストをマークしていたものの、セクター3でスピン。これでこの区間はイエローフラッグが提示され、Honda Racing F1の2台はタイム更新ならず。これにより、15番手の中嶋はそのポジションを守り、Q2進出を決めた。

これでQ1が終了。トップタイムはコバライネンがマークした1分19秒957となった。トロ・ロッソの2台が好パフォーマンスを見せ、ベッテルが3番手、ボーデが6番手。またピケJr.はアロンソを上回るタイムを刻んでいる。一方日本勢は中嶋やトヨタ勢がQ2進出を決めたものの、Honda Racing F1は2台がQ1敗退と対照的な結果になった。

15分間のQ2が開始となったが、以降は雨の心配がないという予報が出ているため、どのマシンもなかなかコースインしない。3分が経過した頃、アロンソが先陣を切ってコースに入り、タイムアタックに入った。

アロンソのタイムは1分20秒336。しかしマクラーレン勢、フェラーリ勢、ウェバーがそのタイムを上回る。マクラーレン勢はソフトタイヤで1分19秒5を出した。

セッション残り時間が5分ほどになると、BMWザウバーの2台がタイムアタックを実施。両者ともにソフトタイヤを履いてアタックし、クビサが3番手、ハイドフェルドが4番手。どちらも1分19秒台を刻んでいる。

残り2分となり、5番手以降のマシンがコースイン。ベッテルやピケJr.がタイムを更新した。一方のトヨタ勢は奮闘したが、あと一歩及ばず。

これでQ2が終了となり、11番手のクルサード以下、グロック、ボーデ、トゥルーリ、中嶋の5名がQ3進出を逃している。

Q2で最速タイムをたたき出したのはハミルトンで、1分19秒537をマークしている。2番手にもチームメイトのコバライネンがつけた。そして3番手がウェバー、4番手にクビサ、5番手にハイドフェルドとなっている。フェラーリ勢はライコネンが6番手、マッサが8番手だ。トロ・ロッソのベッテルは開幕戦以来のQ3進出を果たした。

Q3がスタートし、まずはライコネンからコースイン。1分22秒519を刻んでトップに立った。一方、ハミルトンはセクター1、2でファステストを刻んだものの、今週末タイムが伸びていないセクター3でコースオフ! 非常にもったいないミスとなった。

クビサはセッション終盤ぎりぎりまでガレージにとどまっていたが、マシンリアエンドにトラブルを抱えたため、Q3でタイムをマークすることができず。

その後ウェバーがフェラーリ勢を上回り、トップタイム! しかし直後にコバライネンが上回り、最速タイムを刻んだ!

セッションはそのまま終了し、コバライネンがF1キャリア2年目にして自身初となるポールポジションを獲得! そして2番手にウェバーがつけ、3番手にライコネン、4番手にハミルトンとなった。一方、マッサは9番手、クビサはタイムアタックができずに10番手となっている。

トヨタのグロックは12番手、トゥルーリは14番手。ウィリアムズの中嶋は15番手となり、天候のタイミングもあったものの、チームメイトのロズベルグを上回ることに成功した。

一方のHonda Racing F1はアタック中にイエローフラッグが提示されるという不運もあり、バリチェロ16番手、バトン17番手となっている。



スーティルが19番手、フィジケラが20番手・・・

でも決勝やってみないとわかんないよね。

トロ・ロッソのベッテルが8番手、ボーデが13番手。

ベッテルは順位上げられるかもしれないね。

こっちもがんばってほしいね。
by sportsiroiro | 2008-07-06 00:05 | F1
<< やんのど~んと行ってみよう予想... ペンギンに環境破壊の影響 絶滅... >>



競馬・ネコ・F1・寺社仏閣巡り・ミリタリードラマ料理等 みのりの動画です      ミーちゃんの動画です
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
カーラブルーニ バッグ
from こんな時代です
信頼されないよ
from Anything Story
ケイアイガーベラ
from 30秒!ニュースで知る今の日本
フォゲッタブル 天皇賞
from ストロベリークォーツ
ブラウン首相
from 30秒で早読みニュース
インテル
from 35秒で1日のニュースを知る。
トリノの聖骸布 画像
from すぐ知りたい!今日気になるニ..
トリノの聖骸布 画像
from ミニスカ宇宙海賊
万哲 桜花賞
from ナチュラルグリーン
かきつばた記念 |複勝買い方
from 馬券予想新聞
ジュリー
from ディズニー 携帯
ジュリーwithザワイル..
from インフルエンザに注意
カーリング 世界ランキング
from すっきりお目覚め
医療機関・健康保険組合へ..
from お買得情報連絡便り
名古屋競馬
from みさきの出来事
不毛地帯
from おぎの日記
不毛地帯
from まりえの出来事
不毛地帯 再放送
from ナチュラルグリーン
ルワンダ虐殺
from 中国 お金
ルワンダ虐殺
from セカンドライフ 儲ける
記事ランキング
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析