人気ブログランキング |
累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
 ※いつも見に来て下さってアリガト キーワード拒否設定しております 悪しからず 
米の小児がん、北東部が発症率最多
  米国における小児がんの発症率を地域別に見ると、北東部が最も高い事が、米疾病対策センター(CDC)の調査で明らかになったと言う。

地域的な差が出る事について、専門家はさまざまな説を打ち出しているが、はっきりした事は不明。調査結果の詳細は、米小児科学会誌6月号に掲載される。

CDCは、01-03年に全米で登録した住民の90%にあたる調査結果を分析。その結果、小児がんと診断されたのは、3万6446例だった。

全米で見ると、小児がんを発症するのは子供100万人に166人と、他のがんに比べて低い割合となっている。

しかし、地域別にみると、北東部が子供100万人あたり179人と最も多く、逆に最も少なかったのは南部の100万人あたり159人だった。

中西部と西部は全米平均とほぼ同じく、100万人あたりそれぞれ166人と165人。

男女別で見ると、男の子は100万人あたり174人と、女の子の同157人を大きく上回った。

人種別に見ると、白人の子供は100万人あたり174人で、ヒスパニック系の同164人、黒人の同118人を超えていた。

地域差が出る理由について、複数の専門家がさまざまな可能性を指摘。小児がんに多い白血病やリンパ腫、脳腫瘍には放射線が関係することが多く、原子力発電所やX線装置、ラドンガスなどの分布と関連があるのではないかと意見もある。

しかし、ボストン小児病院のリンゼイ・フレイジャー博士は、公害などの影響もあるとしながらも、がん関連の施設が北東部に多いためではないかと指摘。検査機関が多ければ、それだけ小児がんとの診断も増えると述べ、北東部においては発症数が多いにもかかわらず、死亡率が最も低いことからも、この点を裏付ける事ができるとしている。
by sportsiroiro | 2008-06-03 23:07 | ニュース
<< 国連決議 海賊対策でソマリア領... EU 食糧価格が過去1年で7.... >>



競馬・ネコ・F1・寺社仏閣巡り・ミリタリードラマ料理等 みのりの動画です      ミーちゃんの動画です
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
カーラブルーニ バッグ
from こんな時代です
信頼されないよ
from Anything Story
ケイアイガーベラ
from 30秒!ニュースで知る今の日本
フォゲッタブル 天皇賞
from ストロベリークォーツ
ブラウン首相
from 30秒で早読みニュース
インテル
from 35秒で1日のニュースを知る。
トリノの聖骸布 画像
from すぐ知りたい!今日気になるニ..
トリノの聖骸布 画像
from ミニスカ宇宙海賊
万哲 桜花賞
from ナチュラルグリーン
かきつばた記念 |複勝買い方
from 馬券予想新聞
ジュリー
from ディズニー 携帯
ジュリーwithザワイル..
from インフルエンザに注意
カーリング 世界ランキング
from すっきりお目覚め
医療機関・健康保険組合へ..
from お買得情報連絡便り
名古屋競馬
from みさきの出来事
不毛地帯
from おぎの日記
不毛地帯
from まりえの出来事
不毛地帯 再放送
from ナチュラルグリーン
ルワンダ虐殺
from 中国 お金
ルワンダ虐殺
from セカンドライフ 儲ける
記事ランキング
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析