人気ブログランキング |
累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
 ※いつも見に来て下さってアリガト キーワード拒否設定しております 悪しからず 
2010年マシンの開発を続けるフェラーリ
  先週行われたトルコGPで著しいペースの遅れを見せたフェラーリだが、まだ2010年型マシンの開発をやめる気配はない。

イスタンブール・パーク・サーキットにてフェルナンド・アロンソはQ3進出を逃し、アロンソより決勝順位が上だったフェリペ・マッサもレッドブル、マクラーレン、メルセデスGPの各2台とルノーのロバート・クビサより後方でレースを終えた。

フェラーリF10は来週のモントリオールに向けて特別なローダウンフォース仕様のパッケージを用意し、今月後半のバレンシアには大きなアップデートを予定している。バレンシアのアップグレードにはレッドブルが革新的なRB6で功績を挙げた分野であるリアエンドとエクゾーストシステムの大幅な変更が含まれているようだ。

チーム代表のステファノ・ドメニカリは、もしこれらの新しいパーツがフェラーリをグリッドの前方に押し出すのに失敗したとしても2011年に焦点を切り替えることはないとしている。イタリアのマスコミが公然とフェラーリの"災難"と"危機"を非難しているとはいえ、アロンソはドライバーズチャンピオンシップでトップからまだ14ポイントしか離されていない。

「このマシンの開発をやめることはない。われわれはここまでのレースを捨ててはいないのだ」と語るドメニカリはさらに続けた。

「シーズンの終わりまでF10の作業を続けるつもりだ。チャンピオンシップにはまだ可能性があり、レースでは何でも起りうることをわれわれは見てきた。ギブアップはしない」

アロンソもフェラーリがまだタイトル争いのできる位置にいることに同意しているが、どんなにバレンシアでのアップグレードが良くても前方とのギャップを縮めるには十分ではないだろうという懸念を示している。

「マクラーレンとレッドブルにすごく離されていることは承知しているし、(アップデートが)十分かどうかは分からないね。懸命に取り組まなくては。どれくらいかかるかは分からないけれど、実際問題としてレッドブルからほぼ0.8秒、マクラーレンから0.6、7秒遅れている。(バレンシアに向けた)開発はそこまでの効果はないだろう」
by sportsiroiro | 2010-06-01 22:18 | F1
<< 前進を願うレッドブル、好機を狙... コスモセンサー、ダート初挑戦も... >>



競馬・ネコ・F1・寺社仏閣巡り・ミリタリードラマ料理等 みのりの動画です      ミーちゃんの動画です
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
カーラブルーニ バッグ
from こんな時代です
信頼されないよ
from Anything Story
ケイアイガーベラ
from 30秒!ニュースで知る今の日本
フォゲッタブル 天皇賞
from ストロベリークォーツ
ブラウン首相
from 30秒で早読みニュース
インテル
from 35秒で1日のニュースを知る。
トリノの聖骸布 画像
from すぐ知りたい!今日気になるニ..
トリノの聖骸布 画像
from ミニスカ宇宙海賊
万哲 桜花賞
from ナチュラルグリーン
かきつばた記念 |複勝買い方
from 馬券予想新聞
ジュリー
from ディズニー 携帯
ジュリーwithザワイル..
from インフルエンザに注意
カーリング 世界ランキング
from すっきりお目覚め
医療機関・健康保険組合へ..
from お買得情報連絡便り
名古屋競馬
from みさきの出来事
不毛地帯
from おぎの日記
不毛地帯
from まりえの出来事
不毛地帯 再放送
from ナチュラルグリーン
ルワンダ虐殺
from 中国 お金
ルワンダ虐殺
from セカンドライフ 儲ける
記事ランキング
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析