人気ブログランキング |
累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
 ※いつも見に来て下さってアリガト キーワード拒否設定しております 悪しからず 
石油施設爆発めぐり責任のなすり合い 米上院公聴会
  米ルイジアナ州のメキシコ湾で起きた石油掘削施設の爆発事故で11日、米上院の公聴会が開かれ、証言に立った石油大手BPや採掘施設所有社などの幹部が事故原因をめぐってそれぞれの主張を展開、責任のなすり合いの様相となった。

上院エネルギー天然資源委員会の公聴会で、油田の採掘権を持つBP米国法人のラマー・マッケイ会長は、爆発を起こした採掘施設の運営責任と非常装置の点検責任は同施設を所有するトランスオーシャンにあると強調した。

これに対しトランスオーシャンのスティーブン・ニューマン最高経営責任者(CEO)は、油田を支えるコンクリート構造に問題があったとの見方を示し、「そうした要因に問題がなければ、爆発は起こらなかったはずだ」と反論した。この構造の設計責任はBPにあり、設置工事は石油サービス会社のハリバートンが請け負っている。

ハリバートンの最高安全環境責任者、ティム・プロバート氏は、ハリバートンはBPの指示に従っただけであり、爆発防止はトランスオーシャンの責任だと証言、責任はトランスオーシャンかBPのいずれかにあるとの認識を示した。

一方、沿岸警備隊と内務省共同の公聴会では同日、爆発現場に居合わせた補給船のアルウィン・ランドリー船長が証言し、爆発の直前、掘削施設から「黒い雨」が降り注ぎ、ガス放出の轟音が響いたと語った。

同船長が無線で連絡を取った掘削施設の施設長は、油田からの原油流出を防ぐための非常用スイッチ作動を試みたと話したという。しかし作業員らが脱出する時点で、このスイッチが機能したかどうかは分からなかったとランドリー船長は証言している。

採掘施設は4月22日に爆発を起こして海に沈んだ。この事故で作業員11人が行方不明になり、日量約5000バレルの原油がメキシコ湾に流出している。


なすり合いってね

何やったんだか・・・

悲しいわ
by sportsiroiro | 2010-05-12 22:45 | ニュース
<< 食料供給ストップで2カ月、南太... 高まる期待に慎重なシューマッハ >>



競馬・ネコ・F1・寺社仏閣巡り・ミリタリードラマ料理等 みのりの動画です      ミーちゃんの動画です
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
カーラブルーニ バッグ
from こんな時代です
信頼されないよ
from Anything Story
ケイアイガーベラ
from 30秒!ニュースで知る今の日本
フォゲッタブル 天皇賞
from ストロベリークォーツ
ブラウン首相
from 30秒で早読みニュース
インテル
from 35秒で1日のニュースを知る。
トリノの聖骸布 画像
from すぐ知りたい!今日気になるニ..
トリノの聖骸布 画像
from ミニスカ宇宙海賊
万哲 桜花賞
from ナチュラルグリーン
かきつばた記念 |複勝買い方
from 馬券予想新聞
ジュリー
from ディズニー 携帯
ジュリーwithザワイル..
from インフルエンザに注意
カーリング 世界ランキング
from すっきりお目覚め
医療機関・健康保険組合へ..
from お買得情報連絡便り
名古屋競馬
from みさきの出来事
不毛地帯
from おぎの日記
不毛地帯
from まりえの出来事
不毛地帯 再放送
from ナチュラルグリーン
ルワンダ虐殺
from 中国 お金
ルワンダ虐殺
from セカンドライフ 儲ける
記事ランキング
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析