人気ブログランキング |
累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
 ※いつも見に来て下さってアリガト キーワード拒否設定しております 悪しからず 
ペットと一緒に入れる墓、英米で増加の兆し
  家族同然の愛情を注いできたペットと、あの世でも一緒にいたい。飼い主らのそんな願いにこたえて、人間と動物を同じ墓に埋葬するサービスが、英米などで増加の兆しを示している。

英南西部コーンウォール州でペット向けの火葬場と墓地を経営してきたペニー・ラリーさんは4年前、近くに住む高齢の女性から、自分が死んだらペットの猫7匹と同じ墓に入りたい、との依頼を受けた。初めて聞くアイデアに戸惑いながらも、ラリーさんは人間の遺体を埋葬するための認可を取り、女性の「最後の望み」をかなえることができた。

3年前、64歳で病死したラリーさんの夫のかたわらにも、かわいがっていた馬と犬、猫、カナリアが眠っている。ラリーさんの墓地ではその後、30人余りがペットとともに埋葬された。増え続ける希望者に対応するため、さらに100区画余りを用意している。

キャロル・マンディさんは、夫のロバートさんとともにその1区画を予約した。ここにはすでに、2年前に死んだ愛犬が埋葬されている。「ただの犬じゃないか、と言われるのはもうたくさん。動物は無条件に私たちを愛してくれるし、私も精一杯の愛情を注いできた。変人と呼ばれてもかまいません」と、力を込める。

英国内で現在、飼い主とペットが一緒に入れる墓地は数カ所しかないが、つい先月も東部リンカンシャー州で新たな計画が認可されたばかり。ラリーさんによれば「最近、そういうことが可能だと分かって、関心を持ち始めた人も多い」という。

同様の傾向は近年、米国でもみられるようになった。ペンシルベニア州のヒルクレスト・フリン葬儀場では、ペットとの埋葬について、初めて問い合わせがあったのが06年。その後、ペットと飼い主を同じ墓に入れるケースは急増し、昨年は70件近くに上ったという。

専門家らによれば、遺体のかたわらに動物を埋葬する習慣は古代エジプトまでさかのぼるが、「魂を持つのは人間のみ」というキリスト教の教えが定着するにつれ、タブー視されるようになった。しかし最近、故人の希望に沿った多様な葬儀、埋葬を認めるべきだとの風潮にともない、新たな形で復活したと考えられる。


生活を共にし、家族同様に生きてきたんだからねぇ

そう言うのもありだよね
by sportsiroiro | 2010-03-01 21:24 | ニュース
<< スペイン反政府組織の最高幹部、... 交流GIII・名古屋大賞典 ア... >>



競馬・ネコ・F1・寺社仏閣巡り・ミリタリードラマ料理等 みのりの動画です      ミーちゃんの動画です
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
カーラブルーニ バッグ
from こんな時代です
信頼されないよ
from Anything Story
ケイアイガーベラ
from 30秒!ニュースで知る今の日本
フォゲッタブル 天皇賞
from ストロベリークォーツ
ブラウン首相
from 30秒で早読みニュース
インテル
from 35秒で1日のニュースを知る。
トリノの聖骸布 画像
from すぐ知りたい!今日気になるニ..
トリノの聖骸布 画像
from ミニスカ宇宙海賊
万哲 桜花賞
from ナチュラルグリーン
かきつばた記念 |複勝買い方
from 馬券予想新聞
ジュリー
from ディズニー 携帯
ジュリーwithザワイル..
from インフルエンザに注意
カーリング 世界ランキング
from すっきりお目覚め
医療機関・健康保険組合へ..
from お買得情報連絡便り
名古屋競馬
from みさきの出来事
不毛地帯
from おぎの日記
不毛地帯
from まりえの出来事
不毛地帯 再放送
from ナチュラルグリーン
ルワンダ虐殺
from 中国 お金
ルワンダ虐殺
from セカンドライフ 儲ける
記事ランキング
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析