人気ブログランキング |
累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
 ※いつも見に来て下さってアリガト キーワード拒否設定しております 悪しからず 
ブレア英前首相が独立調査委で証言、イラク開戦経緯などで
  英のブレア前首相は29日、同国が03年3月に踏み切ったイラク戦争参戦の経緯などを調べる同国独立調査委員会に喚問され、証言した。前首相は、イラクの旧フセイン政権の打倒が参戦の唯一の動機ではなかったが、要因にはなったとの見解を示した。

前首相はこの中で、米国と英国は軍事作戦の必要性についての見解が若干異なっていたとし、米国はフセイン元大統領が大量破壊兵器を放棄するとは信じず、軍事手段による体制変更が必要と主張したと指摘。一方、英国は元大統領によるWMD保持の野心阻止を第一義的に考えて参戦したとし、体制の交替は結果として生じたと述べた。また、フセイン元大統領の過去のWMD使用を踏まえ、当時のイラク情勢を見過ごせるわけにはいかなかったとも語った。

その上で、01年9月の米同時多発テロは米国だけでなく、英国への攻撃でもあると受け止め、イラクの脅威に対する考え方が劇的に変わったと表明。アフガニスタン同様、イラクでも米国と協力して事を進めることを決断したとも述べた。

ブレア前首相は、旧イラク軍は生物・化学兵器を45分以内に配備可能と英国民に警告し、参戦の大義名分にもしていた。前首相の報道担当官は独立調査委で最近証言し、この情報が「脚色」されたとの疑いを否定し、参戦を急いだわけではないと主張していた。BBCなど英メディアは03年当時、この「45分以内」情報が作り上げられた可能性があると報じてもいた。

ブレア氏は03年にも大量破壊兵器疑惑関連の独立調査委員会で証言し、世論誘導の情報操作は否定している。29日の証言でも、「45分以内」情報を十分信じていたと述べた。当時、提出されていた各種情報を総合すれば、別の結論にたどり着くことは出来なかったと語った。

前首相は先月、英BBCとの会見で、例えWMDがあるとの証拠がなかったとしても開戦に踏み切り、国際社会に脅威を与えたフセイン元大統領を排除する決定を下しただろうとの考えを示していた。

独立調査委では、02年の段階で英国が軍事行動に加わる考えを米国に伝えていたなどの証言も飛び出している。前首相は証言でこの点に触れ、参戦の是非についてブッシュ前大統領は英国の自主判断に任せていたなどと答えた。

ブレア前政権当事者による独立調査委での証言は昨年11月から始まっている。同委の作業は、参戦に踏み切った責任者を特定することではなく、開戦の経緯を調べ今後の政策決定での教訓にすることなどが主要目的となっている。
by sportsiroiro | 2010-01-29 23:00 | ニュース
<< やんのど~んと行ってみよう予想... 上院軍事委、近く米兵の同性愛容... >>



競馬・ネコ・F1・寺社仏閣巡り・ミリタリードラマ料理等 みのりの動画です      ミーちゃんの動画です
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
カーラブルーニ バッグ
from こんな時代です
信頼されないよ
from Anything Story
ケイアイガーベラ
from 30秒!ニュースで知る今の日本
フォゲッタブル 天皇賞
from ストロベリークォーツ
ブラウン首相
from 30秒で早読みニュース
インテル
from 35秒で1日のニュースを知る。
トリノの聖骸布 画像
from すぐ知りたい!今日気になるニ..
トリノの聖骸布 画像
from ミニスカ宇宙海賊
万哲 桜花賞
from ナチュラルグリーン
かきつばた記念 |複勝買い方
from 馬券予想新聞
ジュリー
from ディズニー 携帯
ジュリーwithザワイル..
from インフルエンザに注意
カーリング 世界ランキング
from すっきりお目覚め
医療機関・健康保険組合へ..
from お買得情報連絡便り
名古屋競馬
from みさきの出来事
不毛地帯
from おぎの日記
不毛地帯
from まりえの出来事
不毛地帯 再放送
from ナチュラルグリーン
ルワンダ虐殺
from 中国 お金
ルワンダ虐殺
from セカンドライフ 儲ける
記事ランキング
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析