人気ブログランキング |
累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
 ※いつも見に来て下さってアリガト キーワード拒否設定しております 悪しからず 
バグダッドの野犬処分作戦に愛護団体から批判
  路上で毒入りの肉を食べた子犬はけいれんを起こし、15分もすれば息絶える・・・。

数キロ先では、胴体を銃で撃ち抜かれた別の犬の遠ぼえが、街角に響きわたる。いずれも、バグダッド市が昨年11月から始めた野犬処分作戦の場面だ。

動物愛護団体は「残酷な扱い」と批判するが、市当局は「ほかに選択肢はない」との立場を貫いている。

同市では旧フセイン政権下の03年を最後に野犬の処分が中断し、数千匹が街にあふれて、住民への襲撃や狂犬病感染などの懸念が強まっている。作戦は獣医と警官、当局職員の合同チームが実施。

獣医はネズミ駆除などに使われる猛毒のストリキニーネを、肉に混入させて路上にまく。それでも生き残った野犬は、警官が散弾銃で射殺する。

「私にも動物を哀れむ気持ちはある。だが、すべての野犬にワクチンを打つことも、病院へ収容することも不可能だ」と、担当の獣医は語る。

この作戦に対し、動物虐待防止協会(SPCA)インターナショナルが「非人道的だ」と反対の声を上げた。SPCAの報道担当者は、「イラクには紛争地域ゆえの問題も多い。だが、似たような条件の国で去勢処置やワクチン投与がうまくいった例もある」と説明する。

SPCAはイラク政府に支援を申し出たが、返ってきたのは「野犬問題はバグダッド市当局の責任」との回答。その市当局は、「現状では殺処分が精一杯」と繰り返すばかりだという。

地元住民らによると、宗派抗争で多数の死者が出た地域では、放置された遺体が犬のえさとなった時期もあり、その影響で人間を襲う攻撃的な野犬が増えたともいわれている。

市内のある女子高校では、登校中の生徒が野犬の群れに襲撃されるケースが続発。

「動物好きで、家では犬を飼っている」という生徒も、「野犬の処分はやむを得ない」と言い切った。同校の校長は、「医薬品が不足していて、犬にかまれたり狂犬病に感染したりしても対応できないのが現状。野犬処分を批判する人々は、動物の権利を主張する前に住民の人権に目を向けてほしい」と話している。


こう言う話はほんとに胸が痛いです。

処分はやもえない・・・

散弾銃で打つとか・・・

何か都合いい事だね。

保護にはお金がかかるからと言う理由か。

なんとも悲しい。
by sportsiroiro | 2009-02-22 21:21 | ニュース
<< FDA認可の「まつげが伸びる薬... 豪山火事死者の追悼式 犠牲者の... >>



競馬・ネコ・F1・寺社仏閣巡り・ミリタリードラマ料理等 みのりの動画です      ミーちゃんの動画です
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
カーラブルーニ バッグ
from こんな時代です
信頼されないよ
from Anything Story
ケイアイガーベラ
from 30秒!ニュースで知る今の日本
フォゲッタブル 天皇賞
from ストロベリークォーツ
ブラウン首相
from 30秒で早読みニュース
インテル
from 35秒で1日のニュースを知る。
トリノの聖骸布 画像
from すぐ知りたい!今日気になるニ..
トリノの聖骸布 画像
from ミニスカ宇宙海賊
万哲 桜花賞
from ナチュラルグリーン
かきつばた記念 |複勝買い方
from 馬券予想新聞
ジュリー
from ディズニー 携帯
ジュリーwithザワイル..
from インフルエンザに注意
カーリング 世界ランキング
from すっきりお目覚め
医療機関・健康保険組合へ..
from お買得情報連絡便り
名古屋競馬
from みさきの出来事
不毛地帯
from おぎの日記
不毛地帯
from まりえの出来事
不毛地帯 再放送
from ナチュラルグリーン
ルワンダ虐殺
from 中国 お金
ルワンダ虐殺
from セカンドライフ 儲ける
記事ランキング
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析