累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
 ※いつも見に来て下さってアリガト キーワード拒否設定しております 悪しからず 
タグ:フォース・インディア ( 150 ) タグの人気記事
オーストラリアGP 決勝
  去年は見れなかったけど、今年から見れるのです^^


今年から、フォース・インディアに復帰したスーティルが先頭を走りと良かったわ^^

最後の数週は、ハミルトン・ウェバーにかわされ7位完走。

優勝は、ライコネンでしたね^^


他のドライバーがタイヤもたない中、ライコネンはタイヤに優しかったように見えたね
車が良かったのかな^^


11チームの中で、好きなマシンは、ケータハムかな^^
グリンのマシンがいいわ^^

ジャガーを思い出すわ。
[PR]
by sportsiroiro | 2013-03-17 23:18 | F1
2009年スパの再現は無理とスーティル
  2009年にフォース・インディアが驚異のポールポジションと表彰台を獲得してから間もなく1年。だが今年その再現は見られそうにない。

世界的に有名なベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットで、当時フォース・インディアのドライバーだったジャンカルロ・フィジケラがポールポジションを獲得。レースでも2位に入り、これが彼のフェラーリ入りを実現させた。

さらに2週間後のモンツァでも、フィジケラのチームメイトだったエイドリアン・スーティルが予選でフロントローを獲得、レースを4位でフィニッシュして、ファステストラップまで記録した。

2010年、ここまで47ポイントを獲得しているチームはコンストラクターズランキング6番手につけているものの、最近のレースで勢いに乗るウィリアムズやザウバーの射程圏内にとらえられてしまっている。

高速サーキットのスパ、モンツァについて自信を見せる27歳のドイツ人、スーティルだが、2009年の再現は期待していないという。

「去年はそこで最高のクルマがあった。巨大なアドバンテージだったんだ。でも、もうそんなアドバンテージはない」と彼はインドのメディアに語った。

「それでも今後のレースではたくさんポイントを取れるはずだよ。スパとモンツァでは大きなチャンスがある」と言うスーティル。

しかし、他のレースについては懸念も口にし、ブロウンディフューザーの完成、稼働の遅れを指摘した。

「今のうちにアップグレードしてしまわないと。ディフューザーに関してはライバルに少し遅れている」とスーティルは認めた。

ルノーのロバート・クビサも同様のことを述べており、2010年終盤戦に向けてFダクトの実用化が不可欠だと説く。

「モンツァとスパでは絶対に必要だ」とクビサはドイツ誌『Auto Motor und Sport(アウトモートア・ウント・シュポルト)』に語った。


難しいかもしれないけど、良い結果を期待したいな^^
[PR]
by sportsiroiro | 2010-08-10 21:42 | F1
スペインGP - 金曜フリー走行1回目
  7日(金)日本時間17時から2010年F1世界選手権第5戦スペインGP金曜フリー走行1回目が、カタロニア・サーキットで行われた。

前戦中国GPから3週間、序盤のフライアウェイ戦を終えたF1サーカスは各チームが本拠を構えるヨーロッパに戻ってきた。大幅なアップデートが施されるヨーロッパラウンドの初戦となるのはスペインGP。フェラーリのアロンソ、トロ・ロッソのアルグエルスアリ、ザウバーのデ・ラ・ロサといった3人のスペイン人ドライバーを迎え、カタロニア・サーキットは例年以上の華やぎを見せている。

スペインGPで使用されるドライタイヤはソフトコンパウンドとハードコンパウンドの2種類。

カルン・チャンドックとブルーノ・セナの2人の新人ドライバーと共に参戦しているHRTは経験あるドライバーを金曜フリー走行で起用することを以前から希望しており、今回は山本左近と共に同チームでテスト兼リザーブドライバーを務めることが発表されたクリエンがチャンドックに代わってステアリングを握っている。また、フォース・インディアからは同じくチームのサードドライバーであるポール・ディ・レスタがスーティルのマシンでセッションに参加した。

一部雨の予報が出ているこの週末だが、セッションは曇りのドライコンディションでスタートしている。ロータスのコバライネンを先頭に各車がコースに向かう。開始から10分ほどですべてのマシンがインストレーションラップを終えると、ヴァージンのグロックからタイム計測が始まった。

まずはフェラーリのマッサがグロックより10秒早いトップタイムを記録し、以下、新規チームを中心に8台がタイムを出している状態で最初の30分が経過した。

その後、セッション中盤にかけてザウバーの小林可夢偉がタイムシートの頂点へ。チームメイトのデ・ラ・ロサはスピンを喫し、スロー走行でガレージへと戻っている。続いてレッドブルのウェバー、ベッテルが可夢偉のタイムを上回った。さらに、ホイールベースを長くするなどのシャシーの改良によりパフォーマンス向上の期待がかかるメルセデスGPのミハエル・シューマッハがレッドブル勢からトップを奪い取る。

しかし、90分のセッションが折り返し地点を過ぎてしばらくした頃、マクラーレン勢が好タイムを記録してハミルトン、バトンの順で1-2態勢を築く。これにより、3番手シューマッハ、4番手ウェバー、5番手ベッテルの形でセッションはラスト30分に入った。6番手以降にはルノーのクビサ、アロンソ、メルセデスGPのロズベルグと並び、続く9番手に可夢偉がつけている。ここまでで、序盤にタイムを計測しないままピットに戻ったデ・ラ・ロサを除く23名のタイムが出揃った。

セッション終盤のタイムシートには大きな変化はないものの、ロズベルグがじりじりとタイムを更新して6番手に浮上する。残り10分となったところで、ウィリアムズのヒュルケンベルグのマシンが白煙を上げてコース上でストップしたものの、マーシャルの手によってマシンはすぐに運び出され、セッションに大きく影響することはなかった。

ラスト数分はほとんどのマシンがコースに再び登場したものの、マクラーレン勢のタイムが破られることはなく、ハミルトンとバトンが1-2態勢を保ったままセッションは終了。ハミルトンのトップタイムは1分21秒134だった。3番手のシューマッハもそのポジションをキープし、改良型マシンで臨んだ最初のセッションで若きチームメイトを上回っている。

レッドブルのウェバーとベッテルが4、5番手に並び、以降ロズベルグ、クビサ、アロンソ、ペトロフ、可夢偉のトップ10となった。

フェラーリのマッサは12番手。ザウバーのデ・ラ・ロサはタイムを出せないままこのセッションを終えている。

久々のF1公式セッションに参加したクリエンはルーキーのブルーノに0.5秒の差をつけて22番手に入った。

スペインGP金曜フリー走行2回目はこのあと日本時間21時からスタート予定。お楽しみに!


フォース・インディアは、

13番手 スーティル

15番手 P.ディ・レスタ

と言う結果

これからだな
[PR]
by sportsiroiro | 2010-05-07 23:09 | F1
中国GP 決勝
  レース前から、雨がちょっと降ってたよね。


スタートで、アロンソがいいスタートを切ったかのように見えたけど、フライングだったね。

残念な事に、リウッツィは接触でリタイヤ・・・

後方の接触でSCが入り、順位が変わる変わる

ベッテルとか上位のドライバーも後方の位置だったね


6周辺りだったかな、ベッテルとハミルトンが同時にピットに、あれも危なかったけど出る時も当りそうになってたよね。意地の張り合いと言うか、あれでぶつかったらバカだよね


ちょっと悲しいシーンがあったな

ミハエルが、ハミルトンにかわされ、ベッテルに交わされ、ルノーのロシア人ドライバーのペトロフにも買わされたりとね・・・

ちょっと辛かったな

でも今はあれが現状なんだな・・・

ペトロフと言うドライバーはなかなかいいよね、今回もポイントを獲得してるよね

これからも注目です


ハミルトンはミハエルをかわした後かなりプッシュしたのもあったせいか、最後の方かなりタイヤ厳しかったよね。アロンソにタイム縮められてたけど、最後まで頑張ったね。

マクラーレンの1-2だったね

これ久々だったね


ロズベルクが3位

ロズベルク途中でミスがあってバトンにかわされたシーンがあったよね、ちょっと痛かったね
あれがなければって言うんだけどね、これはしょうがないね。


スーティルは予選、10番手からのスタートで結果11位と言う結果

今回は残念だったな。

次だね
[PR]
by sportsiroiro | 2010-04-19 21:21 | F1
「かなりいい感触」を得たスーティル
  シルクイート・デ・ヘレス ヘレステストを締めくくったフォース・インディアのエイドリアン・スーティルは、新車VJM03のパフォーマンスに満足だと語った。

『Autosport(オートスポーツ)』に対し、「ガレージから出てすぐに本当にいい感触を得られたんだ」と話すスーティルは次のように続けている。

「ドライで1時間走って3回アタックした中で、自分たちの位置がどこなのか、いい考えがある。冬を通して本当に良かったしね。数字はかなり良かったし、サーキットでも同じパフォーマンスを発揮できたことに満足している。だって、実際に走ったら何か起きるのが普通だからね」

「まだ序盤だけど、これまで過ごしたシーズンでこんなにいい感触を得られたことはない」

また、09年はシーズン半ばまで一貫性を見いだせなかった点に言及したスーティルは「しっかり準備できているって本当にいいね」とコメントし、こう付け加えた。

「気持ち的にもっといいし、マシンを発表してそれが機能すれば、かなり違った形でシーズンをスタートさせられる」

「僕たちは最初から最後まで、シーズンを通して一貫したパフォーマンスを維持したいんだ。僕はそれができると思っている」
[PR]
by sportsiroiro | 2010-02-14 21:19 | F1
フォース・インディア、新車を発表!
  ヘレステスト開幕の前日となった9日(火)、フォース・インディアF1チームが2010年型マシンを発表したと言う。09年に引き続きメルセデスエンジンを搭載しマクラーレンから技術支援を受ける新車には、VJM03という名称が与えられている。

カラーリングは09年からほとんど変化ないが、幅広いノーズやトレンドとなったリアウイングまで達するエンジンカバーフィンを採用。フロントウイングはメルセデスGPらと似通ったものを取り入れた。リアエンドコークボトルの絞り込みもマイルドなもので、2009年に高い信頼性を誇ったVJM02を2010年のレギュレーションに対応してモディファイしたマシンと言えるだろう。

チームは先週、ファクトリーのそばにあるシルバーストーン・サーキットで新車VJM03のシェイクダウンを実施したが、新車画像を公開するのは9日が初めてとなった。序盤はグリッド後方が定位置だったものの、徐々に力を発揮してベルギーGPではポールポジションと2位表彰台を手にするという印象的な輝きを放った09年シーズン。チームオーナー兼代表のビジェイ・マルヤは、さらに大きな成績を残すことを期待しているようだ。

「われわれの目標は、2009年終盤に見せたのと同じような改善の道筋を再びたどることだ」と語るマルヤ。さらに「2009年はわれわれにとって特別な年だったと言ったとしても、過度な誇りを抱いているとは思わない。われわれはこれまでの経験から学び、強く、臨機応変で再起を果たしたより良いチームになった。2010年はさらに大きな成果を残せると期待している。これまでに表彰台を1回獲得しているが、新シーズンにはさらなるポイントと表彰台を手にしたい。達成できると自信があるし、高い目標を置かない理由などどこにある?」と力強く話した。

これまでに発表されたライバルチームの2010年型マシンと同様、レース中の給油が禁止される新レギュレーションを見据えてVJM03も大型化された燃料タンクを搭載、リアエンドにはダブルデッカーディフューザーも装着している。レースドライバーのエイドリアン・スーティルは、新車と共に成功を収めることに興奮しているようだ。

「2010年は本当に重要なシーズンになるし、うまくいく自信はすごくある。今シーズンは開幕戦から安定することが大切だろう。バーレーンGPから中団争いをして競争力を発揮したいね。予定どおりに開発が進んでいるのは今年が初めてだから、序盤戦からこのマシンと僕の可能性を示す初めての年になるだろう。もちろんアップデートやパフォーマンスパッケージの投入を予定しているけど、妥協するのではなく、最初のフリー走行から力強い成績を残すことを期待している」

09年のイタリアGPから前任者であるフィジケラに替わってステアリングを握ったリウッツィは、トロ・ロッソに在籍していた07年以来のフルシーズン参戦を心待ちにしている。

「1年半をテストドライバーとして過ごした後だけど、体力的にも精神的にもフルシーズン参戦に向けて本当に準備が整っていると感じる。僕の目的は可能な限り力強く安定感のある走りをすることで、チームの開発を助けるためにいいフィードバックをしたい。できるだけ多くポイント獲得をすることがカギになるだろうし、すべての状況が整えば、それ以上の結果だって手にできるだろう」

10日から始まる4日間のヘレステストでは、最初の2日間をリウッツィがドライブする予定。その後の2日間は、スーティルがステアリングを握るだろう。新テストドライバーのポール・ディ・レスタはグランプリの金曜フリー走行セッションに何度か参加することになるだろうが、新車VJM03の初ドライブは今月17日(水)から始まるヘレステストまで待つことになる。


今季も表彰台に上がれればいいなぁ~

がんばれ
[PR]
by sportsiroiro | 2010-02-09 21:28 | F1
フォース・インディアの経営に"問題なし"とマルヤ
  フォース・インディアのビジェイ・マルヤ代表は、チームがイギリスの会社登記所に財政報告書を提出していないために、2010年のレースに出られないかもしれないといううわさを否定した。

『Daily Telegraph(デイリー・テレグラフ)』紙の報道によると、今月25日(木)までに報告書の提出がなかった場合、チームに解散命令が執行されるという。だが、マルヤはフォース・インディアの経営には何の問題もなく、今シーズンのレースに参加できないような事態には決してならないと語っている。

「理由はそれぞれだが、企業が年次報告を遅れて提出することは珍しくない」とマルヤは声明において弁明している。「フォース・インディアF1チームは会社登記所と常に連絡を取り合い、2010年1月27日(水)に提出期限を延長し、2010年2月25日(木)まで猶予期間を設けることが認められた。これは標準的な手続きであり、どんな業界でも決して珍しくない。その期日までに書類を提出することができるよう、われわれは必要な処置をとっている。よって、フォース・インディアの選手権参加は危うい状態でもなければ、今後危機にさらされることもない」

チームのスポークスマンは、フォース・インディアの2010年マシン、メルセデス・エンジンを搭載するVJM03が3日(水)にシルバーストーンでコースデビューしたことを改めて認めている。新車は来週、ヘレスで2010年を戦う多くのライバルたちとともにヘレスでのテストに参加する。


ほんと出られないとかやめてよ
[PR]
by sportsiroiro | 2010-02-07 16:57 | F1
フォース・インディア、ディ・レスタ加入を発表
  フォース・インディアはスコットランド人ドライバーのポール・ディ・レスタとテストドライバー契約を締結した。23歳のディ・レスタは昨年12月に行われたヘレステストでフォース・インディアをドライブし、印象的な走りを見せた。

2010年シーズンは全レースに帯同しながら、DTMにも参戦する予定。レギュレーションではシーズン中のF1テストが基本的に禁止されているものの、ディ・レスタはグランプリの金曜フリー走行でステアリングを握ることもあるという。

ディ・レスタの契約が発表されたのは、フォース・インディアのメインスポンサーである『Whyte & Mackay's Glasgow(ホワイト&マッカイ・グラスゴー)』の本社で2日(火)に行われた記者会見の最中だった。「ついにF1に昇格するチャンスを得られて興奮している。

大きなポテンシャルを秘めたフォース・インディアでF1キャリアを始められることをうれしく思っているよ。F1でレースするという夢に少し近づいたと感じているけど、今はまだマシンとサーキットについていろいろと学習しなければならないことも理解している。しっかりと準備するためには十分なプログラムだし、もしレースシートが手に入った時のために準備はできるだろう。フォース・インディアとの長い関係のスタートになればいいね」とディ・レスタはコメントした。

チーム代表のビジェイ・マルヤは「ヘレステストに参加したポールとJRヒルデブラントの努力に感謝する。双方ともに一生懸命作業し、印象的だった。ポールがチームに加入したことをとても誇りに思っている。彼のポテンシャルはテストでも発揮され、F1に来るために適切な態度を持っていた。われわれのプログラムでは彼にF1マシンをドライブするチャンスを与えることになっており、チームとその環境、そしてF1で戦ううえで必要なさまざまなプレッシャーを学ぶことになるだろう」と語っている。

チームはディ・レスタを金曜フリー走行で走らせることで、これまではどのチームも採用していないレギュレーション基づいて作業を行うことになる。

スポーティングレギュレーション第19条1b項には、レギュラー以外のドライバーがフリー走行セッションに参加することは可能と記されている。ただしチームは、セッション参加前にどのドライバーがマシンをドライブするのか明示しなければならない。また、セッション中に1台のマシンを2人がドライブすることは認められておらず、レギュラードライバーのうちいずれかがテストドライバーと交代しなければならない。さらに仕様基数が制限されているタイヤ、ギアボックス、エンジンは、与えられた範囲内で用いることしかできない。

つまり、レギュラードライバーであるスーティルとリウッツィが走る時間は減ることになるのだが、ディ・レスタがF1開催サーキットでドライブするチャンスを得るためには賢い選択と言えるだろう。もし、ディ・レスタがシーズン中にレースに参戦する場合には、今年から認められるルーキーテストを実施することもできるのだ。
[PR]
by sportsiroiro | 2010-02-03 21:24 | F1
フォース・インディアのラインアップ確定
  フォース・インディアは27日(金)、スーティルとリウッツィが来シーズンもレースドライバーとしてチームに残留すると発表した。

「新たなシーズンに向けてエイドリアン(スーティル)とトニオ(リウッツィの愛称)の2人に残ってもらえて本当にうれしい」と語るのはチーム代表のビジェイ・マルヤ。

「常々言ってきたが、チームの成長過程である今の段階では一貫性が重要であり、今回は初めて、ドライバーだけでなくエンジンと首脳陣も継続することになる」

「これで安定性が得られたので、2009年の強力なパフォーマンスを前進させる素晴らしい基盤ができたと信じている。グリッド上でも最高にダイナミックなラインアップだと思っているし、チームの過渡的な年と考えている来年にこれが生きることを期待する」

スーティルはF1キャリアをフォース・インディアの前身であるミッドランドでスタートさせた。2006年にテスト兼リザーブドライバーを務めた翌年、オーナーシップが変わりスパイカーとなったチームのレースシートを確保。今年、イタリアGPで初めてのフロントロースタートを獲得し、キャリア最高位となる4位入賞を果たしたスーティルはこう語っている。

「2010年はこのチームにきて4年目だ。快適だし、家族のように感じている。居心地がいいと、コースに出た時に100%仕事に集中できる。来シーズンは入賞常連になりたいし、表彰台を狙えるようにもなりたい。チームだって同じ目標を持っている。僕たちはしっかり正しい方向に進んでいるから、自分たちのエネルギーを合わせれば昨シーズン以上のことを成し遂げられるという自信がある」

また、リウッツィは2009年シーズン途中のイタリアGP以降、フィジケラのフェラーリ移籍に伴い、フォース・インディアのレースドライバーを務めている。デビューしたのは2005年で当時はレッドブルのマシンを駆った。その後、2006年と2007年はトロ・ロッソから参戦。2008年にフォース・インディアのサードドライバーに就任し、来季からレースドライバーとしてグリッドに加わることが決まったリウッツィは次のように話した。

「ずっと2010年に前線復帰するというのが僕の目標だったけど、ついにそれをかなえた。2009年に5レースを戦えたのはちょっとしたウオームアップだったと思っている。レースに戻り、マシンを学び、感覚を取り戻すためのね。それが終わった今は来シーズンに向けて本気でプッシュする準備ができたと思っている。2009年シーズンの後半戦はとても強かったと思うから、そこから始められれば素晴らしい1年を過ごせると思う。もちろん、ポイントを獲得することが目標。皆に自分たちがやれるところを見せたい」

フォース・インディアは12月初旬のヘレステストでポール・ディ・レスタ、JRヒルデブラントの2人をテストする予定で、テスト兼リザーブドライバーの発表はヘレステスト終了後になるとのことだ。


来季も決まりましたか

中断のチームとバトルできればなぁ
[PR]
by sportsiroiro | 2009-11-27 23:05 | F1
フォース・インディア、若手2名のテスト起用を発表
  フォース・インディアは来る12月のヘレステストでポール・ディ・レスタおよびJRヒルデブラントがVJM02のドライブを担当すると発表した。両ドライバーとも先月行われたチームのシミュレーターでのパフォーマンスを判断して選ばれたとのこと。

チームを率いるビジェイ・マルヤは「ポール(ディ・レスタ)とJR(ヒルデブラント)が若手ドライバーのテストに加わることをうれしく思う」と語り、こう続けている。

「どちらもシミュレーターでは素晴らしい活躍で、彼らに貴重なテストを依頼するのに何らためらいはなかった。すぐにコース上での彼らのパフォーマンスを見ることになるだろう。また、きっと活躍してくれるはずだし、われわれは彼らがそうできると自信を持っている。2010年を通してテスト兼リザーブドライバーの役目を担うための可能性を見るつもりだ」

「若いチームゆえに、われわれは共に成長できるドライバーを探している。常々言っているように、国籍は主な選択基準になく、才能と献身さが重要だ。この2人がそれらを持ち合わせていることは十分分かっている」

ディ・レスタはメルセデスのワークスドライバーでDTMに参戦、2009年は1勝を挙げてランキング3位で終えた。ヒルデブラントはアメリカのレース界で成長著しいドライバーであり、今年のインディ・ライツを制するというジュニアフォーミュラでの印象的な結果が今回のチャンスにつながっている。

「今回のテストでフォース・インディアに加わることに興奮している」と話すディ・レスタ。

「最後にF1マシンをテストしてからだいぶ時間がたったけど、シミュレーターで一生懸命がんばってきたし、DTMでのすべてを出してきたから、すぐに速さを出せると自信がある。F1はずっと僕の夢だったから、僕にとっては興奮するチャンスだし、夢をかなえるためにひとつのステップを踏めたと思っている」

「シートを手に入れるためにはF1マシンでもう少し経験を積んで環境にも慣れる必要があるけど、僕は自分が多くのことを証明できると現実的に思っているし、今回はとにかく僕が望むフォース・インディアとの輝かしい未来の始まりだ。今回のチャンスを与えてくれたメルセデスに感謝するとともに、フォース・インディアのサポートに感謝する」

さらにヒルデブラントは次のようにコメントした。

「マシンのパフォーマンスについてはいろんなことを聞いているし、僕にとってはこれまでに座ったどんなシートよりも速く敏感だってことも分かっている。ものすごい挑戦だけど、僕の準備は整っていると思う。目標はコースとマシンを学ぶこと。それから自分のポテンシャルを示せるといいなと考えている」

「アメリカ人として僕たちには必ずしもF1文化があるわけじゃないけど、とても印象的だし、最先端が求められていることには敬意をはらう。しっかりマシンをドライブして自分の正当性を示したい」


こう言うテストからF1デビューできる人もいるんだよねぇ

秘蔵っ子みたいじゃなくて、頑張ってくる人も

そう言う人応援したいなぁ
[PR]
by sportsiroiro | 2009-11-25 20:47 | F1



競馬・ネコ・F1・寺社仏閣巡り・ミリタリードラマ料理等 みのりの動画です      ミーちゃんの動画です
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
レストラン岡崎 蒲生郡日野町 
at 2017-03-25 21:59
お手入れ
at 2016-02-11 20:07
今年も・・
at 2015-12-31 23:42
裏切りの二重奏
at 2015-06-15 20:27
家のにゃんこ達
at 2015-02-18 22:35
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
カーラブルーニ バッグ
from こんな時代です
信頼されないよ
from Anything Story
ケイアイガーベラ
from 30秒!ニュースで知る今の日本
フォゲッタブル 天皇賞
from ストロベリークォーツ
ブラウン首相
from 30秒で早読みニュース
インテル
from 35秒で1日のニュースを知る。
トリノの聖骸布 画像
from すぐ知りたい!今日気になるニ..
トリノの聖骸布 画像
from ミニスカ宇宙海賊
万哲 桜花賞
from ナチュラルグリーン
かきつばた記念 |複勝買い方
from 馬券予想新聞
ジュリー
from ディズニー 携帯
ジュリーwithザワイル..
from インフルエンザに注意
カーリング 世界ランキング
from すっきりお目覚め
医療機関・健康保険組合へ..
from お買得情報連絡便り
名古屋競馬
from みさきの出来事
不毛地帯
from おぎの日記
不毛地帯
from まりえの出来事
不毛地帯 再放送
from ナチュラルグリーン
ルワンダ虐殺
from 中国 お金
ルワンダ虐殺
from セカンドライフ 儲ける
記事ランキング
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析