累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
 ※いつも見に来て下さってアリガト キーワード拒否設定しております 悪しからず 
タグ:ジャンカルロ・フィジケラ ( 24 ) タグの人気記事
フィジケラ、予選前のフリー走行でクラッシュを喫す
  フェラーリから出走する初めての予選セッションを控えた12日(土)午前、ジャンカルロ・フィジケラはフリー走行でクラッシュを喫してしまった。

ローマ生まれのフィジケラはセッション残り時間30分少々となったところで、最終コーナーであるパラボリカへオーバースピードで進入。ブレーキングによってフロントホイールをロックさせたフィジケラは、ステアリングを切っても曲がらないF60と共にグラベルを突っ切り、タイヤバリアに当たってしまった。

今週末、36歳のフィジケラには多大なるプレッシャーがかかっていることは間違いない。国際映像に映し出される回数も多く、メディアからも注目の的だ。クラッシュ後にマシンを降りパドックに戻ってきたフィジケラには多数のメディアが集まり、クラッシュ後に義務付けられている検査のためにメディカルセンターへ向かう時も国際映像にとらえられていた。

そのフィジケラは金曜フリー走行2回目に続き、予選前最後のフリー走行セッションでも最下位。フェラーリのデビューが“特にタフ”なものであると表現しているが、それには新しいステアリングホイールのボタン位置や、KERS(運動エネルギー回生システム)そして可変フロントウイングフラップの操作に慣れなければいけないことが関係しているようだ。

フィジケラは「上位グリッドを得るためのポテンシャルはあるけど、僕には改善する時間がもう少し必要なんだ。特にブレーキングと縁石の乗り方についてはね」と語っている。


残念な結果に・・・

でも大事に至らなくてよかった
[PR]
by sportsiroiro | 2009-09-12 21:20 | F1
フェラーリ、フィジケラの来季レース参戦を容認
  フェラーリは新たに来年のテスト兼リザーブドライバー契約をかわしたジャンカルロ・フィジケラに対して、他チームでのレース参戦を認めると言う。

フィジケラは今週初め、「フェラーリが合意してくれれば、2010年は別のチームでレースできるかもしれない」と語っていた。フェラーリを率いるステファノ・ドメニカリはフィジケラが療養中のマッサの代役として09年シーズン残り5戦を終えても、230戦以上を誇るF1キャリアを継続できるのであれば、フィジケラの道を阻むつもりはないとコメント。

マラネロにて『La Gazzetta dello Sport(ラ・ガゼッタ・デロ・スポルト)』とのインタビューでドメニカリは「彼が別のチームでレースをしてはならない、という条項は一切ない」と述べた。

事実、ドメニカリはフィジケラが「トレーニングを継続する」ことから、どこかでレースをすることは実際に有益だろうとも話している。

2週間前のスパではフォース・インディアに初のポールポジションと2位表彰台をもたらした実績はあるものの、フィジケラがフォース・インディアに復帰する可能性は低い。

先週、フェラーリ移籍をかなえるためフィジケラの放出を決めた際、ビジェイ・マルヤは「彼の今後の活躍を願っている」と声明で語っている。


本人は今季で引退と言うこと言ってたよね

でもフェラーリで来季も契約なら現役続行??
あるかもね
[PR]
by sportsiroiro | 2009-09-10 23:24 | F1
フィジケラにテスト走行の必要なし
  フェラーリは今週末にモンツァで開催されるイタリアGPに先だって、新たにチームの一員となったフィジケラのコース上でのテストを無理に取り計らう必要はないと考えたようだ。

フィジケラはフェラーリのドライバーシミュレーターで忙しく準備に取り組んでいると報じられており、シーズン中のテスト禁止条例があるものの、ブリヂストンのプロモーション用タイヤを履いての短時間テストや、旧型車をドライブすることも可能だった。

伊の『La Stampa(ラ・スタンパ)』紙によるとフィジケラは例えばKERSなどのように学ぶことは多いものの、F1グリッドに「14年間並び続けたドライバー」であることからコース上で実際に走行する必要はないと報道。

フィジケラより前にマッサの代役を務めたルカ・バドエルでさえ、フィジケラのスムースなフェラーリデビューを予想する。
バドエルは『Gazzetta Sportiva(ガゼッタ・スポーティバ)』にこう話した。

「彼はF1で何年も戦っているし、09年型マシンについてもよく知っているだろうから僕よりうまくやるはずだ。すぐに結果を目指すことができる」
[PR]
by sportsiroiro | 2009-09-08 22:01 | F1
故郷ローマ、フィジケラの“宿命”に沸く
  ジャンカルロ・フィジケラが、長年あこがれ続けてきたフェラーリで終えることになったという3日(木)の発表を受けて、フィジケラの出身地ローマは歓迎ムードに包まれたと言う。

同じローマ出身のオートバイレーサー、マックス・ビアッジと、サッカー選手フランチェスコ・トッティは、地元紙『Corriere dello Sport(コリエレ・デロ・スポルト)』に歓迎のコメントを寄せている。また、ローマ市長のジャンニ・アレマノ氏もコメントを発表した。

「2012年にローマでのグランプリ開催を望むわれわれにとっても、これはうれしい知らせだ」と市長。「すぐにでも、正式な入札のために主催者委員会を設立するつもりだ」

ローマでは、フィジケラの父ロベルト氏が、息子のフェラーリ入りを“夢の実現”と喜び、兄弟のピエール氏も“まるで運命のよう”と語った。

フェラーリのルカ・ディ・モンテゼモーロ社長は、フィジケラの抜擢についてこう理由を説明した。

「フィジケラを選んだのにはいくつか理由がある。まず、彼はこの役割にふさわしい。コンディションが素晴らしいし、熟練したドライバーだ」とイタリアの報道チャンネル『TG1』に述べた。

続けてモンテゼモーロは、チームのホームグランプリでイタリア人ドライバーを走らせたかったのだと説明しているが、どうやらルカ・バドエルもイタリア人であったことをうっかり失念してしまったらしい・・・。

「それに加えて、モンツァではぜひイタリア人ドライバーに乗ってほしかった。最後の理由は、彼をわれわれのサードドライバーとして迎えることで、長期的な取り組みが可能になるためだ」


ほんとうれしいよねぇ

いきなり入賞とかありかも
[PR]
by sportsiroiro | 2009-09-05 22:57 | F1
フィジケラ、09年いっぱいでレースドライバー引退へ・・・
  ステファノ・ドメニカリは3日(木)、ジャンカルロ・フィジケラが2010年からフェラーリのリザーブドライバーになることを認めた。

フェラーリ代表のドメニカリはチームの公式サイトに対し、先日までフォース・インディアに所属していた36歳のフィジケラが自宅のあるローマからフェラーリのファクトリーがあるマラネロに到着し、シーズン残り5戦のために準備を開始したことを明かしている。

さらにドメニカリは、フィジケラがルカ・バドエルの後任として2010年からリザーブドライバーを務めることもほのめかした。

「彼(フィジケラ)は2010年にリザーブドライバーを務めるだろう。われわれは近い将来、彼がチーム内でどんな役割を果たせるか考慮し、今シーズンの経験を生かすことになった」とドメニカリはコメントしている。

そのフィジケラは今シーズン残り5戦でフェリペ・マッサおよびバドエルの代役としてF60を駆ることが決まり、その初戦はイタリア・モンツァで開催される母国レースのイタリアGPとなる。

フィジケラがマラネロで最初に行うべき仕事は、F60のシート合わせだ。念願の紅い跳ね馬のコックピットに収まり、シートだけでなくペダルやコントロールシステムを自らの好みに調整することになる。

「最高の幸せの真っただ中にいる」と語るフィジケラ。

「僕の人生における夢がかなったことを、まだ信じられないんだ。簡単なことじゃないのは知っているけど、できる限り最高の結果を手にするためにすべてを捧げるつもり。ルカには申し訳なく思っているよ。彼がモンツァでフェラーリを駆ることを、どれほど願っていたかわかるからね。イタリア人ドライバーにとってみれば、紅いマシンを母国ファンの前で駆ることは考えうる最高のことなんだから」とバドエルに配慮を見せているものの、やはりうれしさを抑えられないことだろう。


フェラーリに移籍となった事はうれしい事だけど、今季で引退と言う事みたいですねえ・・・

ベルギーGPでは2位と言う成績、まだやれると思ってたんだけどなぁ体力の限界なのでしょうかね
何か寂しいな
[PR]
by sportsiroiro | 2009-09-04 21:17 | F1
フィジケラが、フェラーリテストドライバー?
  ジャンカルロ・フィジケラが今シーズン残り5戦をフェラーリから参戦する契約に調印した場合、来年以降、同チームにテストドライバーとしてとどまることになるかもしれないと言う。

事実だとすれば、療養中マッサに代わってレースドライバーを任されているルカ・バドエルがすぐさまお役御免となるだけでなく、長きにわたって務めてきたテストドライバーの役目すらも失ってしまう可能性があるということ。

フィジケラが所属するフォース・インディアは来年から現テストドライバーのリウッツィをレースシートに座らせると見られており、フィジケラがフェラーリに移籍するとなれば即座に昇格することも考えられる。

2010年の契約はすでにかわされたと報じられているリウッツィは『GPWeek』に「これについてはいろいろうるさく言われているね」とコメント。

「確かに、僕としてはこのうわさが本当であってほしいと思うよ。レースをしていない状態は死んでいるも同然だからできるだけ早くドライブしたい。何か起こるチャンスは高いだろう」

また、イタリアGPに先だってリウッツィがメルセデスエンジンを搭載したVJM02の直線テストに参加する予定であることも判明している。

それでも、モンツァでのドライバーシャッフルはマイアミで検査を受けているマッサの状況次第ということになるはずだ。

年内にもマッサが復帰できる可能性がある場合、フェラーリはバドエルの続投を選択すると思われる。

マッサのレースエンジニアであるロブ・スメドリーに近しい情報筋によると、検査のひとつがすでに完了しており、結果は予想よりもかなり良かったようだ。
[PR]
by sportsiroiro | 2009-09-02 12:29 | F1
フェラーリという“夢”を明かすフィジケラ
  スパ・フランコルシャンで衝撃的なポールポジションを奪取したジャンカルロ・フィジケラは、すぐにでもフェラーリのコックピットに収まるという“夢”があることを告白したと言う。

同じイタリア人ベテランのバドエルはフェラーリを駆って予選最下位に終わり、おまけにスピンアウトしてグラベルにはまった。このこともあって、フェラーリが残りのレースで新しいドライバーを起用するという賭けに出る可能性が指摘されている。

予選を終えたフィジケラは「今日の結果を考えれば、彼ら(フェラーリ)が僕に電話する可能性や、そのこと(フェラーリのシートを手にすること)を考える必要があるだろう」とコメントした。

今のところ自身のマネジャーにはフェラーリからの連絡はないと語る36歳のフィジケラだが、予選が行われた29日(土)の午前から運が自らのほうに向いてきたと考えているようだ。土曜フリー走行で走っていたフィジケラは、コースに飛び出してきたウサギを轢いてしまったという。

「僕のエンジニアは、イギリスではウサギが運を運んできてくれるって言っていたよ」とフィジケラ。「そのとおりだったね。だから次にサーキットを走る時は、もっとウサギがいないか探してみるよ・・・」


フィジケラのフェラーリの姿も見てみたいなぁ

でもやっぱり今はフォース・インディアでの活躍を見ていたいなぁ
[PR]
by sportsiroiro | 2009-08-31 21:44 | F1
フィジケラ、再度2009年は安泰と主張
  ジャンカルロ・フィジケラは再度、来シーズンもフォース・インディアの一員としてグリッドに並ぶ事を確信していると語ったと言う。

08年のシーズン前、フィジケラは2年契約にサインしているが、最近交わされたチームとマクラーレン・メルセデスの契約によって、彼と、エイドリアン・スーティルの契約を危ぶむ声がささやかれ始めた。

バルセロナテストでマクラーレンのテストドライバー、デ・ラ・ロサがVJM01をドライブした事に加え、ポール・ディ・レスタの09年シート獲得をマクラーレン・メルセデスが後押ししていると言う根強いうわさもある。

しかし、35歳のフィジケラはF1オフィシャルサイトに対し、自身のポジションに安心していると語った。「当初、僕は2年間の契約を交わしていて、9月には、マクラーレンとの契約を組み込むためにそれを見直している」

「簡潔な言葉だったけど、チームは僕に、今よりいいクルマと違うパッケージを提供すると言ってくれた。僕はその提示を受け入れ、シンガポールGPと中国GPの間に、お互いが新しい文書にサインしたんだ」と彼は言う。

フィジケラはまた、その頃からデ・ラ・ロサがシーズン後にフォース・インディアのマシンでテストをする可能性があることを知っていたと明らかにした。

「ほかのことに関しては僕はF1界のゴシップにはあんまり興味がないんだ」と彼は語り、ビジェイ・マルヤ率いるチームがまだ2009年のラインアップについて正式な声明を出していないという事実についてもまったく心配していないと語った。

フィジケラは次のように締めくくっている。「ラインアップは10月の中国でビジェイによって発表されている。僕は、自分を信頼してくれる人たちのことを信じている」


来シーズンもフィジケラ、スーティルで戦って欲しいなと想うね。
[PR]
by sportsiroiro | 2008-11-29 16:51 | F1
フィジケラ レースシート確保に楽観的
  フォース・インディアチームは、09年シーズンのレースドライバーを正式発表していない。

チームオーナーのヴィジャイ・マルヤは現レースドライバーのフィジケラとスーティルの残留を公言したが、マクラーレンとの提携によりドライバー候補にデ・ラ・ロサやポール・ディ・レスタらの名前があがっている。

しかし、フィジケラは来シーズンのシート確保に楽観的に考えている。

「僕は心配していないし、問題が起きるとは思わないよ」と、フィジケラはガゼッタ・デロ・スポルトに語った。「もう一年契約が残っているし、ヴィジャイ・マルヤは09年のドライバーは僕とスーティルだって発表したしね」


マクラーレンと提携してもやっぱフィジケラ、スーティルがいいなと想うね。
[PR]
by sportsiroiro | 2008-11-22 17:28 | F1
フォース・インディアのブラジルGP プレビュー
  フォース・インディアのF1デビュー・シーズンが、今週末のブラジルGPで終わりを迎えようとしている。
挑戦の年ではあったものの、それでもチームはいくつかの見せ場を作った。名誉あるモナコGPでは、4位入賞目前というところまで迫り、パドックに衝撃をもたらした。イタリアGPでは、この2年間で初めての予選Q2進出を果たし、新しいシームレス・シフト・ギアボックスを導入すると、先月のシンガポールGPでは最高で2番手を走行。しかしながら、ポイント獲得への道のりは遠く、サンパウロのインテルラゴス・サーキットで行われるブラジルGPは、チームが08年に残されたゴールを達成するためのラストチャンスとなる。

ビジェイ・マルヤ(チェアマン兼マネジングディレクター)

「フォース・インディアのデビュー・シーズンがブラジルで幕を下ろそうとしている。私はチームに必要とするリソースをすべて与え、大きな進化を期待した。統計が示すようにわれわれは改善しており、中団チームにいっそう近づいている。だが、われわれの進歩はシーズン半ばから横ばい状態となった。他のチームと比較すると、彼らほどの進化を遂げていないが、チームのために述べると、ハンガリー終了後、私は意図的に時間とリソースを2009年に向ける決定を下した」

「多くのメディアに報道されているように、われわれは来シーズンのパッケージについて考えているところであり、もう間もなく何らかの発表ができることを期待している。私はチームが、エンジン、ドライブトレイン、KERSにおいて最善のソリューションを得て、幸先良いスタートを切り、今シーズンここまで取れなかったポイントを確実に取れるようにしたいと考えている。その段階にたどり着く前に、まずはブラジルで力強いパフォーマンスが見たい。われわれはまだ終わっていない。あと1レース、ポイントを取るチャンスが残っている。われわれは現実的だが、ここであきらめるわけにはいかない」

コリン・コレス(チーム代表)

「結果という観点でシーズンを振り返れば、期待外れのシーズンだった。この最終戦ブラジルでは良い形で1年を終わらせたい。1年前と比べれば、かなり力をつけたと思う。昨年の今頃は、フォース・インディアによって買収されたばかりであり、インフラや予算、テクニカルストラクチャーを構築するのに時間がかかった。来年はもう少し大きく前進したい。しかし、今はまだ仕事が残されている」

マイク・ガスコイン(CTO/最高技術責任者)

「チーム全体がブラジルを楽しみにしている。今シーズン、チームはよく働き、われわれは昨年よりかなり良いポジションにいる。だが、絶対的な結果に関しては1度もポイントを獲得できず、心残りとなっている。ブラジルが終わった時、シーズンを良い形で締めくくることができていればうれしい。インテルラゴスは1年の最後として素晴らしい場所だ。コース自体は古いタイプのサーキットで、最もよく知られているのはコース全体に広がるバンプだ。毎年、再舗装が施されているが、一向に改善する様子が見られないのは不思議だね!」

「また、非常に長いカーブしたストレートも特徴的で、1コーナーではパッシングのチャンスがある。残りは低速パートが多く、インフィールドではスピードとダウンフォースの駆け引きとなる。昨年、ブラジルはわれわれが強さを見せられたコースの一つだった。ハイ・ダウンフォースのセッティングで、ハード・タイヤを使う中国では苦しんだが、インテルラゴスはダウンフォースが低めで、タイヤも柔らかいレンジのものを使用するため、マシンの競争力が増すようだ。最近のレースでは何度かギアボックスにトラブルがあったが、今シーズンは中盤にこうした問題を解決するためのテストをあまり行わなかったことが原因だろう。しかしながら、今は問題を乗り越えたと考えており、ブラジルでの信頼性には問題ない」

ジャンカルロ・フィジケラ

「ブラジルは、2003年にジョーダンで初勝利を挙げてから、いつも好きな場所だ。その当時のスタッフがまだフォース・インディアには残っているけど、チームはあれから大きく変わった。でも、精神は今も変わらず、人々は高いモチベーションで、最善の結果を残そうと意気込んでいる。それが優勝でも、たった1ポイントの獲得でも変わらずね」

「僕自身もモチベーションは十分だ。走るのが大好きだし、力の限りプッシュして、いい結果を出したい。確かに、これほどベストを尽くしているのに、19位や20位というのは悔しいけど、それが現状なんだ。現実を受け入れ、できることをやらなきゃいけない。ブラジルでは、厳しいのは分かっている。でも、前に食らいついていって、できる限りコンペティティブなレースをするだけさ」

エイドリアン・スーティル

「僕は半分南アメリカの血が入っているから、ブラジルは特別なイベントだし、すごく楽しみだ。体力的に厳しいコースだけど、とても楽しい。気温が高く、湿気が多いこともあるんだけど、一番タフなのはバンプなんだ。レース中、コースを走っていると、そこら中のバンプを体に感じるんだ! それと反時計回りだから、普段は使わない首の筋肉を使うことになる」

「ブラジルでの目標は一つ。レースをフィニッシュすることだけ。もう3戦も未完走が続いているから、どうしてもそれが必要だ。ここまでの完走率には不満が残る。今年はメカニカル・トラブルが起きたり、アクシデントに遭ったりして、チェッカーを受けられないことが多すぎた。理由が何であれ、とにかく十分ではなかった。ジャンカルロと僕でコンペティティブなフィニッシュを飾ることができたら、厳しいシーズンを過ごしてきたみんなにとって、ポジティブな終わり方になるだろう」


今季最後のGP、ポイントはどうでしょうか?最後まで2人とも走りきって欲しいね
[PR]
by sportsiroiro | 2008-10-30 22:46 | F1



競馬・ネコ・F1・寺社仏閣巡り・ミリタリードラマ料理等 みのりの動画です      ミーちゃんの動画です
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
レストラン岡崎 蒲生郡日野町 
at 2017-03-25 21:59
お手入れ
at 2016-02-11 20:07
今年も・・
at 2015-12-31 23:42
裏切りの二重奏
at 2015-06-15 20:27
家のにゃんこ達
at 2015-02-18 22:35
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
カーラブルーニ バッグ
from こんな時代です
信頼されないよ
from Anything Story
ケイアイガーベラ
from 30秒!ニュースで知る今の日本
フォゲッタブル 天皇賞
from ストロベリークォーツ
ブラウン首相
from 30秒で早読みニュース
インテル
from 35秒で1日のニュースを知る。
トリノの聖骸布 画像
from すぐ知りたい!今日気になるニ..
トリノの聖骸布 画像
from ミニスカ宇宙海賊
万哲 桜花賞
from ナチュラルグリーン
かきつばた記念 |複勝買い方
from 馬券予想新聞
ジュリー
from ディズニー 携帯
ジュリーwithザワイル..
from インフルエンザに注意
カーリング 世界ランキング
from すっきりお目覚め
医療機関・健康保険組合へ..
from お買得情報連絡便り
名古屋競馬
from みさきの出来事
不毛地帯
from おぎの日記
不毛地帯
from まりえの出来事
不毛地帯 再放送
from ナチュラルグリーン
ルワンダ虐殺
from 中国 お金
ルワンダ虐殺
from セカンドライフ 儲ける
記事ランキング
ブログパーツ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
アクセス解析